FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



たなか家ツーリング・その1
無鉄砲ツーリングと題したツーリングは無鉄砲と言うお店に行くのではなく、行程が無鉄砲だったのか?
当初は『無鉄砲』と言うラーメン屋さんを目指すつもりだったけれど、待ち時間が多そうだったので本来の目的地(と言うのも、計画段階では日曜日で店がお休み)であった『たなか家』に向かいました。

その前に、いつも参加している朝練をアップ代わりに?
最初の集合場所として指定したのは、朝練の集合場所でもありました。
40kmほどアップをして、参加表明をしていただいたサイさんと共に、次の集合場所に指定していたコンビニへと向かいました。
当然の様に誰も居ませんでしたが。

----------・----------・----------
サイさんとの顔合わせはこれで二度目。
しかし、自転車の走力に関しては良く知らず、自転車シーズンには毎週の様にビワイチをしていると言う事だけは知っていた。
それである程度は力量は掴める訳だが、やはり未知数な部分が多すぎた。

次の集合場所に指定していたコンビニに向かう道中で、私を追い越してスピードを上げていく。
ちょっと遅かったのかな?
それでも30km/hちょっとは出ていたんだけれど…

サイコンが40km/hを表示して、少し焦った。
こんなペースでは私が潰される。
付いて行くのに一苦労。
サイさんの自転車はエアロロード呼ばれるカテゴリーの自転車で、DHバーまで装備している。

集合場所に指定していたコンビニに辿り着き、誰も居ない事を確認すると、折角なので(と言うか不安を感じて補給せねば!)少し休憩。
これからの道のりを軽く説明してジャブを打っておいた。

休憩を終え出発。
すぐに軽めの丘があったのだが、そこでも勢い良く加速されて行くので、いよいよ不安は募るばかり。
これはしんどいツーリングになりそうだ。
ポタリングに誘ってくれとは何だったのか?

前を走るサイさんに行き先を指示しながら走る。
一時停止の交差点のタイミングで再び前を走るが、しばらくしてサイさんが付いて来ていないのを確認する。
体ごと後ろを振り返ると数10m遅れた所を走っておられた。
ペダリングを緩めて追いついてくるのを待つ。

「どうかしはったんですか?」
「うん?心拍計が動いていない」

胸を押さえる仕草をされて、しきりにサイコンを覗き込んでいる。

「じゃあ、もう少し走って止まりましょう」

関津峠の上り口まで進んで、自転車を止める。
原因はセンサーが十分に湿っていなかった事のようだった。
無事にサイコンが心拍を刻むようになると、いよいよサイさんの登坂力をはかるには持って来いの関津峠へ。

距離こそ短いけれど、10%近い斜度がピークまで続く。
心拍関係無しに一気に登れてしまえそうな峠だけれど、ここでサイさんに前に出られる事があるようならば、このツーリングは修行にしかならないなと覚悟を決める。
サイさんはしきりに登りには自信がないと言われるけれど、三味線弾くのは何処までなんだろうか?

登り始めてしばらく、あの言葉が本当だったと安心する。
これでこのツーリングはツーリングらしくなりそうだ。

峠を越え、R422を瀬田川に向かって少し走るところで、サイさんが…
「イタッ、イタタッ」
と不調を訴えかけてくる。
「どうかしはったんですか?」
(また同じ質問か)
「右のふくらはぎが攣った」
(えっ?もうこんな所で?)
「大丈夫ですか?」
(まだツーリングは始まったばかり、引き返すのなら今の内)
「…」

取り敢えずペースを緩めつつ、先へと進む。
道は県道782号線に変わり、緩い登りを進んで行く。
再びサイさんが不調を訴えかけてくる。
足攣りの原因は良く分からないけれど、ミネラル不足でもなるって聞いた事があるし、何か良い補給は無いものかと聞いてみると『塩ラムネ』みたいな物を取り出して、私にも下さった。
その後、足攣りの不調を訴えかけてくる事は無かったし、あのタブレットが効いたのかな?

サイさんのボトルの水が無くなったので、R307に出てすぐにあったコンビニで休憩。
大き目のミネラルウォーターを購入されると、先ずはサイさんのボトルへ補給。
余った分は私のダブルボトルの、錘代わりにしているボトルの美味しくない水を捨ててそれを満杯にし、もう一方の補給用ボトルの薄めたスポーツドリンクをさらに薄めた。

「こっちには口を付けませんので、無くなったら何時でも言って下さい」
と、錘代わりのボトルの方をサイさんに向けた。

そしてコンビニを出て、少しR307を走って旧の府道62号線に入ると、これからまた登りが始まります、とサイさんに告げた。
でも、登りがきついのはピーク付近だけですから。
とも付け加えた。

緩い登りを会話出来るペースで進んで行く。
これこそ今日私が望んでいたペース。
ロングスローディスタンス。
最近、体を絞って行こうと思っていたので、脂肪燃焼を促進するこのペースが良いのだ。

道が和束に入ると、
「こっから登りがきつくなりますよ、ちょっとの間だけですが…」
と気持ちを引き締めるのか、安堵させるのか迷わせる言葉を発する。
「ダンシングも取り入れながらゆっくり登りましょう」
と声をかけ、少し先行して道の状況を伝えながら登る事にした。
この先はちょっと緩みますよ、この先は斜度がありますがすぐに終わりますよ、ピークはもうすぐです…
少しでも希望を持ってもらおうと声を掛けながらだったが、その情報が間違っていた時の失望感も半端無いだろうから、なるべく正確に伝える様にはした。

ガ、ガ、ガチャン!
何度と無く忙しなくギアチェンジしはるな…等と思っていたが、それは意図したギアチェンジではなく…一際長く続いたその音に振り返ると、サイさんの自転車は速度をなくし、ゆっくりと倒れていく様が目に映った。

「大丈夫ですか!」

引き返してサイさんに駆け寄ると、
「インナーでダンシングすると、何故かギアが上がってしまう」
「それよりも体は大丈夫ですか?倒れる瞬間に手を着かれた様に見えましたが?」
「うん、ちょっと手が痛い」
左手を振って見せられた。
軽い打ち身の様で、しばらくは痛みが残っていた様だが、徐々に痛みが引いてきたのか、自転車の調子を見てみる事にした。

後輪を浮かせ、クランクを回しギアチェンジしてみると変速自体はスムーズに行っている様だ。
何が悪いんだろう?
サイさんはリアディレーラーのテンションボルトを2~3回転は回していて、
「そんなに回して大丈夫ですか?」
と逆に不安になる。
その後、症状は治まったかに見えたが、サイさんがインナーでのダンシングを封印されただけだった。

2015012501.jpg
満身創痍で犬打峠を越えられるサイさん。
言葉数が減るのが普通だけれど、何故か饒舌なのは続く。


その2へ続く
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>サイさん
まだレポートの続きなので、詳細な事のコメントは控えますが、最後の締めはサイさんでしたよ(笑い。
楽しんだと言うより、ペースに苦労しました。
登りに挑戦する姿勢は凄いですね、その心意気だけでも見習わなくてはなりません。
【2015/01/26 18:31】 URL | ドギー #- [ 編集]


ドギー様

サイです。なかなかの詳細報告、結構楽しんでいただいたようですね。
自分も久しぶりのしんどさに、饒舌でした。
やはり、もう10Kgは絞らないと坂はきついですね。
ほぼシッティング固定というのもありましたが、いつも痛くならない内腿の部分だけが痛いのは結構つらかったです。
準備不足が災いして身体&メカトラが多かったな~。
最後の締めはドギーさんが締めてましたが。
平地で流れる景色もいいですが、山の上から眺める景色もいいですね。
また、坂に行くときは声かけてください。


【2015/01/25 21:29】 URL | サイ #Pe0og0Jg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2606-0904c74f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking