FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



たなか家ツーリング・その3
あれほど疲労困憊、満身創痍に見えたサイさんから出てきた言葉は、大正池に登っても良いと言う予想だにしなかった言葉でした。
登ってしまえば、残りは平坦…と言う訳にも行かないんですが、その事はもう少し黙っていよう。

----------・----------・----------
長めの昼食休憩の後、もう一度サイさんに確認をして、大正池方面に向かう。
緩い登りをしばらく走っていると、サイさんがポツリとつぶやく。

「もう少し緩い登りに感じたんだけれど」

下って来る時と登っている時とでは印象が違う事は良くある。
「そうですか?」
と、すっとぼけて登り続ける。
「これくらいのペースなら、私にとってLSDですね」
「えっ?これがLSD?心拍180なんだけれど」

いやいや、会話が出来る強度ならLSDの範囲だと思うんですが?
なんやかんや言ってサイさんは会話を続けているし、180にもなっていたら会話しようとする気さえ失せると思うんですが。
私は心拍計を付けていないので、イマイチイメージしがたいのですが、180って40代の男性にとっては最大に近いんじゃないの?
出発当初からサイさんの言葉には何処か引っかかる。
(本心は何処にあるんだ?)

走り続けて行くと大正池の周辺の案内看板が見えてくる。
そこでサイさんが周辺の案内看板を見てみたいと言う事で立ち止まる。
そして案内を見て大正池に向かってみようと言う事になった。
こっから見ているだけでも結構登っているように見えるが、そこは元気なんだ。

きつ目の登りが2~300m続き、レストハウスの前までやって来ると自転車ラックがあるのに気が付く。
そしてちょっとした食事も出来る場所だと確認する。
私一人だと多分立ち寄らない場所。
こう言う機会も必要だと感じた。

2015012506.jpg
大正池のセンターハウス。
簡単な食事ならここで済ませられる、良さ気な休憩ポイント。

2015012507.jpg
大正池には浮御堂があり、当初はそれが目的だったけれど、クリートの付いたシューズでは向かえそうに無い場所にあった。

2015012508.jpg
登ってくる時に既に気が付いていたが、印象的な水道橋があったので、記念撮影。

大正池を後にすると、登ってきた道に戻り和束を目指す。
道は和束に入ってからが本番だけれど、余裕があると斜度が緩く感じる。
けれど、サイさんは違う感じなのか?

「左に大きく曲がれば、ピークは近いですよ」

これは正しい情報。
少し登って右に曲がればピークが見える。

2015012509.jpg
表大正池はピークに登る事は困難ではない。
タイムトライアルをしていると、最後の登りで心折られそうになるが。
なので、サイさんの表情にも余裕を感じる?

「もうこれで今日の大きな峠は越えましたよ」
当初の予定なら、この後犬打峠に向かう予定だったが、流石にそれはきつそうだ。

きつい下りを下って行くと、少しだけ和束の茶畑を眺める余裕があった。
最後の休憩として和束のコンビニを目指す。
交差点に辿り着くと、斜め向かいの斜面に挑戦しているグループがいた。
が、その挑戦は見る事が出来なかった。

コンビニに辿り着くと、そのグループは犬打峠か大正池を目指して行った。
あのグループに付いて行きたい。
と言う気持ちを抑え、シュークリームを補給に選んだ。

さて、ここからは平坦に見えるが微妙に登っている。
しかも後半はしっかりと登らなければならない。
その事はまだ伝えていない。


その4へ続く
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2608-d6e8d4ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking