FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



たなか家ツーリング・その4
このツーリングのハイライトが過ぎて少々安心しましたが、まだ微妙に登りが残されている事を知っている。
サイさんはこの辺りまで走って来る事もあるそうだし、敢えて言う程の事でもないのかな?
明るい内に帰りたいと言うリクエストがあったけれど、それは十分に果たせそうです。
がしかし、トラブルは油断をした頃にやってくる。

----------・----------・----------
最後の休憩を終えると、平坦に見える、微妙な登り基調の道へと漕ぎ出した。
平坦基調になると、サイさんの勢いが活気付くのを覚悟しながら、牽制を入れつつ先行する。
時折、追い越されてしまうが、その先が登りになっていたりして勢いを削いでくれる。

登りですっかり足を削られたサイさんの勢いは長続きすることは無く、府道5号からR307へと抜ける道に入ると前に出られる事は無くなった。
はっきりと登りが続くこの道を、会話しながら先へと急ぐ。
それにしても、会話する元気は残っているんだなと、不思議な気持ちになる。

ようやく登りも終わり、R307へと抜けてくると、再びサイさんから耳を疑う言葉が。

「ドギーさんは明日も休みですか?」
「いえ、明日は仕事があります」
「じゃあ一人で明日も同じルートで走ろうかな?」
「それは今日走ったルートのまんまって事ですか?」

これだけ叩きのめされた感じがあるのに、間髪いれず同じルートを走ろうと言う気持ちになるなんて、ちょっと想像がつかなかった。
物凄い負けず嫌い?
感心しながらこの先は登りはありませんよと、R422に向かって下って行くとなんだか後輪に違和感を覚えた。
覗き込んでみると、タイヤがひしゃげている様に見える。
立ち止まってタイヤを指で押さえてみると、空気が明らかに抜けている事を確認した。

「パンクしました」

そうサイさんに伝えて、歩道に自転車を寄せて、修理に取り掛かる。

2015012510.jpg
今度は私にトラブルが襲ってきた。

チューブを取り出し、新しいチューブに交換する。
その前に、異物がタイヤに残っていないか確認すると、その異物はタイヤに穴を開けた後、どこかに転がって行った様だ。
それを確認すると、タイヤをセットし空気を入れる。
タイヤを嵌める最後の作業だとか、手馴れている?サイさんにお任せした場面も。
無事に修理が終わると、はっきりと下り基調のR422を大津方面へと向かう。

少し元気が出てきたサイさんにも引っ張ってもらいながら、順調に関津峠の入口付近まで戻ってきた。
流石にこの峠を越える元気は無いだろうと、鹿跳橋を越えて、瀬田川の西岸を北上しようと考えていた所、またしてもサイさんから驚きの言葉が。

「関津峠を越えましょう」
マジですか?
疲労困憊に見えてはいたが、妙に饒舌で、それだけの体力を残していたとか?
ちょっと考えられないが、確かにそう聞こえた。
「今までの峠を越えられて来られたんですから、この峠は楽に越えられるはずですよ」
そう言い残すと、関津峠を登り始めた。

ピークに辿り着くと、私自身も疲れてきている事を感じた。

2015012511.jpg
関津峠付近にある何かの記念碑。

ピークで写真撮影をしながらサイさんを待っているけれど、一向に姿が見えない。
短い峠だから、こんなに遅れるはずがないと、下の方を見てみると、サイさんが立ち止まっているのが見えた。
あんな所で立ち止まるなんて、何かトラブルでもあったのかな?
自転車に戻り、サイさんの所まで下って行くと…

「サドルを留めているボルトが緩んでしまって、どんどんサドルが後ろになっていって…」

なんか、最後までトラブルに付き纏われているな。
私の方が素早く工具を取り出せたので、工具をサイさんに貸してボルトを締め終わると、関津峠を越えて瀬田川の東岸へ出てくる。
夕日が良い感じで、ゆっくりとしたペースも心地よい。
瀬田川からやがて琵琶湖湖岸に道が変わっても、良い感じの夕日は続いた。
私の家の付近まで走ってくると、サイさんに別れを告げて、流れ解散とした。
琵琶湖を照らす夕日の風景が良かったので、湖畔に自転車を向ける。

2015012512.jpg
水鳥が群れを成して歩いていた。

2015012513.jpg
コンデジだと思うような画が撮れないのは、腕の所為だな。

程好い疲れのまま、残りの家路へと漕ぎ出した。


今回走った詳細なルートはこちら。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
>サイさん
坂道は充分に走りましたよ。
平坦だった方が少ないくらいのルートでしたし、よく付き合って下さいました。
大正池は自転車乗りの人気のルートなので、色々な話題もあったのでしょう。
是非、コースのひとつに付け加えて、上りもこなせる脚質になりましょう。
【2015/01/31 10:17】 URL | ドギー #- [ 編集]

>ガルマさん
讃岐うどんのようなコシのあるうどんが好きならばオススメのお店です。
ちょっと変わった場所にありますので、どんな行き方をしても登り坂とは切り離せない場所だったりします。
がっつり走るのにも良い場所です(笑い。
【2015/01/31 10:13】 URL | ドギー #- [ 編集]


ドギー様

4回にわたるレポご苦労様です。
いろんなおはなしをしながらのポタリングは楽しかったです。でも
ふと見ると、大して急いでいないのに、心拍計が180オーバー(正確には189)
だった時は、楽しいと苦しくないもんだなと気づきました。
坂は、ほとんど走っていないのでドギーさんの期待にはこたえられずにすみません。
その後、大正池で検索すると色々な話題が出ており、自分の新ルートにしたいと思います。
 あと何か疑ってる心境がありましたが、特に裏は無いですよ。ドギーさんの周りは自分と違うのかな?今週は用事でNGなので、また来週ご一緒にどうですか。

【2015/01/30 22:44】 URL | サイ #Pe0og0Jg [ 編集]

これはこれは
ツーリングお疲れ様です
和束町の先にそんなうどんやさんが
あったのですね~

僕もそろそろガッツリ走りたくなって
きましたね~
【2015/01/30 21:04】 URL | ガルマ #NqNw5XB. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2609-f9062841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking