FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



信楽プチ?ツーリング・後編
前編からのつづきです。

妙な期待とプレッシャーの中、ヒルクライムに挑んでいく訳ですが、当初はTTさながらの走りをしようとは思っていませんでした。
しかし走り始めると…

----------・----------・----------
自信の無い方から順次出発して行き、私はガルマさんと新しい参加者さんの3人で最後尾から出発。
登り初めにコース内できつめの斜度があり、少し緩んでからその後はまたきつくなり、その斜度を維持して後半に至る。
最後の最後に斜度が緩んでそのままピークと言う、距離約3.4km、標高差約207m、平均斜度約6.1%のコース。

最初の2~300mはガルマさんに付き添って上り始めたが、同時スタートの方が勢い良く登っていくのを眺めていると追い掛けたくなってきた。
ガルマさんには失礼して、追いかけ始めた。
ペースが一旦上がってしまうと、そのペースを維持したくなるので追いついたらそのままパスする事にした。
にしても、ペースがちょっと速い感じ。
どうしても前方に人影が見えると、それに追いつきたくなるのは悲しい習性か?

自分自身にもひとつの課題を課していた。
フロント50/34T、リア12-28Tと言うかなり登りやすいギア構成なので、リアの28Tは封印する。
出来れば25Tも封印。
中盤まではリア3枚残し(目視確認)で登れていたが、ペースを上げ過ぎたのか苦しくなってつい落としてしまった。

何とかダンシングで重いギアに上げてはみるものの、呼吸が乱れてまたもや落とす。
人影が見えると追いかけたくなるし、そこで踏みやすい軽いギアにしてしまう。
どうにもまとまらないままきつい勾配区間を過ぎ、緩くなった所でギアを2つ上げ、最後のスパート。
取り敢えず28Tは封印出来たので課題はクリア。
25Tも一瞬だけ使ったような気がするが、大目に見てこれもクリアした事にしよう。

にしても、緩いツーリングのはずが、しっかりと追い込んだトレーニングになってしまった。

みんながピークに集まるのを待って、全員が揃うと次の休憩地点のコンビニまでダウンヒル。
金勝山の栗東側は、路面に加工が施されている所があり、恐怖を感じる。
そんな路面の中でもガルマさんは勢い良く下って行って、見えなくなってしまった。

急な下りを終え、斜度が緩んでくるとブレーキレバーから手を離し、ペダルを踏みしめて行く。
それでも後方から一気にパスされて、一瞬のスピードの無さを痛感する。

2015021103.jpg
最近のコンビニスイーツは侮れない。

コンビニでの休憩中に昼食の話が出た。
向かう先はいつものカフェ。
時間を見ると10:00を過ぎたばかり。
まだ時間に余裕があると、そこまでご一緒する事に決めた。
この調子だと、11:00過ぎくらいに到着するだろう?
それは最短ルートで向かった場合だが…

琵琶湖岸へと出るルートは最短ではなかった。
代わりに交通量が少なく、とても走りやすいルート。

2015021104.jpg
ちょっとしたサイクリングロードのような河川の堤防を走るルートが多め。

信号停止の間に余裕があったので、ガルマさんが最終確認。
「このままロヴィニに向かっても良いですか?」
みんな、異議は無いようだ。
私は少しだけ時間が押しているなと焦ってはいたものの、それを周囲に悟られると気を使わせてしまうし、頷くだけだった。
「じゃあ、8人で予約します」

琵琶湖岸に出ると、琵琶湖からの横風がきつかったが、どちらかと言うと追い風基調。
と言う事は、私一人の帰り道は向かい風基調か、それも急ぎ足になるだろうし、気が滅入りそう。
琵琶湖大橋は比叡山からの比叡颪のごとく強烈な向かい風。
みんなの足取りが重くなる。

そうこうしている内に目的のカフェに到着。

2015021105.jpg
いつものカフェ、ロヴィニさんです。
サイクルラックに余裕がなくなる…

2015021106.jpg
マスターの粋な計らい?
信楽プチツーリングだと?プチって…

メニューを注文し終わると「このご飯を食べたら、用事があるので失礼します」と告げた。
「用事って何?」となにやら良からぬ事を勘ぐられたので「普通に仕事です」と答えた。
しかし、食後のコーヒーまで注文してしまったのは失敗だったな、みんなに釣られてつい注文してしまった。

2015021107.jpg
注文したのはロヴィニピラフのレギュラーサイズ。
ロヴィニサイズなるものもありますんで、腹ペコサイクリストには嬉しいメニュー。

ご飯を食べ終わると、みんなに挨拶をして帰り道を急ぐ。
あの風が止んでくれていたらと淡い期待をしたが、そうは問屋が卸さない。
琵琶湖大橋こそ軽く越えられたが、そこからは気合の入る走りだった。

5kmTT区間は向かい風の中を30km/hを割る事無く、概ね35km/hで走れたのは火事場の馬鹿力か?
しかしペースを考えていなかった為、後半に大失速。
ツーリングペースにすらならなかった。
これはヒルクライムにも言える大事な事だ。

仕事には遅れ気味だったが、任された事はこなしたので、それ以降に小言は言われなくなった。
出発前の「ゆっくりいきますよ」とプチツーリングとは思えないほど疲れはあったが、逆に充実感も高いツーリングになった。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
>ガルマさん
お疲れ様でした。
また楽しい企画をお願いします。

「ゆっくり走る」は挨拶みたいなもので、「今日も頑張りましょう!」位に受け取っております(笑)
いやぁ…登りが速いと言われるのは悪い気分じゃないのですが、初顔合わせの方が居られると、ゆっくり登ると皆が嘘吐き扱いされないか心配で(笑)
これからは程々に登れる程度でお願いします。
しかし、ヒルクライベントを目指しているので、ヒルクライムでは頑張って行こうかなと思っていますんで、どんどんプレッシャーを掛けて下さいね!
【2015/02/12 22:35】 URL | ドギー #- [ 編集]

お疲れ様でした
お疲れ様です
ゆっくり詐欺師ガルマです♪

後半は風が強くて参りましたが
楽しいツーりんになりました、、、

登りのプレッシャーは申し訳ないですね
でも、僕ら感心しているんですよ
ドギーさんの登り!!

ヒルクライムイベントで走るドギーさんが
見てみたいですね

またお願いします♪
【2015/02/12 21:44】 URL | ガルマ #NqNw5XB. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2617-c83443f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking