FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



自転車復活計画…諦めきれない…その6
自転車復活計画…諦めきれない…その5からのつづきです。

いよいよ仕上げのワイヤリングとチェーンの取り付けです。
バーテープは試乗の後、ハンドルのポジションやブラケットの位置に問題が無ければ巻こうと思っています。

2015030701.jpg
先ずはブレーキのワイヤリングです。
ブレーキはフルアウターに加えて、シマノのレバーとキャリパーなのでエンドキャップが不要です。
アウターを配線するのに、インナーを通した方が都合が良い(ブレーキレバー側の配線はアウターがついているとインナーが通せない)ので、作業はそう言う感じになっています。

2015030702.jpg
ハンドル側から見た配線状況。
ハンドルを切った際にアウターが不必要に引っ張られない程度に余裕を持たせて。

2015030703.jpg
リアブレーキ側はほとんど余裕を見なくても大丈夫。

続いてシフト側のワイヤリングです。
シフト側はエンドキャップが必要なのですが、エンドキャップに僅かな違いが。

2015030704.jpg
シフターへの接続部はこんな二本線のエンドキャップ。

2015030705.jpg
アウターストッパー部も二本線のエンドキャップ。
このエンドキャップは防塵をあまり考えていない仕様だそうです。

2015030706.jpg
シフター~アウターストッパーへの配線状況。

2015030707.jpg
リアディレーラーへはこの四本線のエンドキャップを。

2015030708.jpg
リアディレーラーへ取り付け部分も四本線のエンドキャップ。
このエンドキャップはある程度防塵性を備えた物だそうです。
地面と近く、ドロや砂埃が多い環境にはこのエンドキャップを使う方が良いそうです。

と言う事で、自転車屋『自転車処どてるし』さんに揃えて頂いていました。

2015030709.jpg
リアディレーラーへの配線状況。
この時は良さそうに思えたのですが、もう少し余裕のある配線にすれば良かった。

2015030710.jpg
インナーワイヤーを配線して行きますが、ボトムブラケット部のケーブルガイドにはワイヤーライナーを使用しました。
ケーブルガイドが有れば無くても良いそうですが、バラした時に付いてあったんで付ける事にしました。
フロントディレーラーへの角度がきついので、あった方が良さそうです。

2015030711.jpg
フロントディレーラーへの配線状況。
この後、クランクを回すとエンドキャップが当たるので、余裕をほとんど見ない配線に変えました。
予備のエンドキャップがあって良かった。

2015030712.jpg
リアディレーラーへの配線状況。
フロントと共に初期伸びは取ってあります。
初期伸びの取り方は、インナーがむき出しの箇所を、弓を引くような感じで数回引っ張ればOKです。

2015030713.jpg
最後にチェーンを張ります。
何気にアルテグラグレード。
シマノの10速用チェーンは、現在アルテグラで統一されているようです。
あ!でも5600用は在庫してあるみたいでした。
アレグロよりも良いパーツをそこそこ使っているのが気になりますが、良しとしておきましょう。

2015030714.jpg
チェーンの表裏(刻印のある方が表)を確認して、チェーンを通していきます。
チェーンの接続箇所は、インナーリンクがチェーンの進行方向側に来る様にするのが強度の出る接続の仕方です。
なので、アウター側をフロントディレーラーに通し、インナー側をリアディレーラーに通していきます。
そしてチェーンの長さの確認。

2015030715.jpg
チェーンをアウタートップに掛けて、ガイドプーリーとテンションプーリーの中心を結ぶ線が垂直になるようにすれば良いらしいです。
これ以上コマを詰めても足しても、垂直から離れていくのでこの辺が適正リンク数?

2015030716.jpg
付属のアンプルピンで接続しました。
ミッシングリンクを使う人が多いようですが、チェーンメンテの時もチェーンを外す事がないので、これで十分です。
あのリンクに数100円?は払えない。

さて、これで自転車の組み立てはほぼ完了ですが、難関の各部の調整が待っています。
調整の仕方はネットに転がっているのでそれを参考にしました。
ブレーキの調整に異常に時間を取られましたが、納得の行くタッチが出たので満足しています。
ちなみに、トーインは付けていません。
自転車屋さんも付けない方が良いと言っていたので。
どうしてもブレーキの鳴きが出てしまう場合に一考すれば良いとの事。

そしてディレーラーの調整ですが、リア側が当初、9速状態になって、ローにシフトしてくれませんでした。
これは初期伸びを取った後、インナーをかなり引っ張って取り付けた為で、少し緩めにすればローまで変速しました。
そしてテンションボルトで2速の適正状態を取ります。
フロント側は無調整で大丈夫な感じです。
少し勢い良くアウターにすると、クランク側にチェーン落ちしそうでしたが、その後数回チェンジしてみても大丈夫だったのでそのまま。

さて、後は試走して、ポジションチェックの後バーテープを巻くだけ。
あ!試走はもう済んでいますし、完成もしているんですよね。
ただ、走行状態が全く分からないので、サイコンが欲しかったり…

その勢いでポチってしまった!
ガーミンが色々と良かったけれど、そこまでお金が無いので、取り敢えずSTRAVAに参加できるサイコンを…
またホイールが遠のいていくなぁ。
ホイールを使いまわすと、この自転車を貸し出す事が出来ないし、早めに欲しいんだけれど。

その7へつづく
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2632-f04b2c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking