FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



サドル(611 active)のインプレ
レイダックに取り付けたサドル(SQlab.の611 active Japan)ですが、6日間(ライドは4日)で400km弱乗ったので、インプレをしてみようと思います。

比較的短期間で400km弱(1日平均100km弱)と言う事は、お尻に合わないサドルだと厳しい状況だと思いますが、乗り越えたと言う事は私に合ったサドルだったのかも知れません。

2015032301.jpg
色々と特徴のある『611 active Japan』。
基本設計は『611 active』と一緒ですが、日本限定として日の丸をモチーフにしたデザインになっています。

取り付け後、サドルの高さを調整する為に跨った時は違和感しかありませんでした。
これは9000円ほどドブに捨てたと思ったくらいでした。
サドルの高さ、傾きなど調整をした後も、その違和感は続きました。
違和感の原因は座面がかまぼこ型のサドルからフラットな物に乗り換えた為、坐骨の座面がピンポイントで座面に当たる、と言う物でした。

2015032302.jpg
座面はフラットと言うより、緩く前後にラウンドしているのも一因だと思われました。
今まで当たっていた場所は、坐骨の座面より少し内側が多く、それに慣れ親しんでいたようです。
痛みが出るのも坐骨の内側と言いましょうか、会陰部の外側と言いましょうか、そんな感じの場所でした。
それが違う場所が当たるようになって違和感として私に伝えてきました。

初ライドは手持ちの中でパッドが一番分厚いパールイズミのメガタイツを選択。
するとどうだろう、全く違和感がなくなってしまった。
パッドが坐骨周辺を主にカバーしてくれているので、このサドルに合わせると具合がとても良い。
今までのサドルだと、パッドのカバーしてくれている範囲より内側に乗る感じで、パッド付きのパンツの性能を生かしきれていないように感じる事もありました。
このサドルはレーパンの性能を生かすタイプのサドルかも?

2015032303.jpg
座面よりノーズ部分は一段下げてあります。
これで尿道付近の圧迫を和らげるそうです。
こんな所にも、多くのサドルとは違った設計がされています。
その効果は謳い文句通り。

80kmを走った翌日は125kmを同じタイツで走りましたが、痛みは皆無。
これは最初座った時とは大きく印象が変わってきました。
100km越えを走っても快適に過ごせるのが分かり、満足度も高くなってきました。

そして、そのまた翌々日は手持ちのレーパンの中でもパッドの薄いパールイズミの『コンフォートパンツ』でヒルクライム中心で90km強を走ってみました。
薄手のパッドでも痛みを感じる事無く走り終えたので、これは私にあったサドルだと実感しました。

2015032304.jpg
サドルの中央部も窪んでいて、会陰部への圧迫を防いでくれます。
だた、4日間の走行で汚れが目立つようになって来ました。
これは白いサドルの宿命なのかも?
洗剤などを使って洗ってみなければ何とも言えませんが、綺麗になる気はしません。

そしてこのサドルの売りのひとつ、activeシステム。
サドルレールの後側にエラストマーをつけて、ペダリングの度に傾くと言うシステムがあるのですが、動いている感じは全くしなく、ごく自然な感じでした。
このシステムも痛みに繋がるような事を排除してくれていたのかも知れません。

ロングライド等にはオススメのサドルですね。
次に購入するのもこのサドルを選ぶでしょうね。
アレグロに付属のサドルも時々痛くなる事があるし。
activeシステムがどれくらい有効かは分かりませんが、無くても快適な感じがするサドルなので、activeシステム無しの普通の611にするかも知れません。
結構な差額なので。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2647-27a0e5dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking