FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



金勝山3ルートヒルクライム
今日は金勝山を登る3つのルートをヒルクライムしてきました。
目的は目標タイムを作る事。
と、レイダックとアレグロの差も知りたかったので。

平坦路ではそれほど差が出ない2台ですが、登りとなるとちょっと勝手が違ってきます。
特にダンシングするような急斜面の時は、レイダックだと後ろに引っ張られる感覚があります。
勿論、重さの差もありますが、設計的にも古く、今時のカーボンバイクとは違って反応が悪い時があったり。
普通に乗っていればあまり感じない物が、ヒルクライムとなると顕著に現れたりするので面白かったりします。

トレーニングの為には不利な条件でも走る事が肝心。
と思っていますので、アレグロに乗り換えた時にはそれらの記録を上回らなければならない使命感もあるので、プレッシャーにもなったり。

それでも以前に記録した記録に迫れればと思ったのですが、結果的には微妙。
と言うのも、今回全て後半に失速してしまうと言う場面が多かったのです。
特に後半の2本は疲れもあって。

先ずは表金勝山と呼ばれるルートから。
このルートはつい最近、献血の翌日に走ったルートで、ヒルクライム前から心拍が上昇して後半のグダグダさは記憶に新しい所。
その反省も生かして、入りは慎重に。

最初の難関のコンクリート舗装を越えて心拍は上がったけれど、体力的には余裕がある。
ギアも残っているし感触は良い。
次の難関のレコード盤舗装に向けて息を整えて向かう。

次の難関も問題なく越えて行けそうだったけれど、ここで大部分の体力を使ってしまう。
この難関を越えればゴールまでは緩斜面。
そう言う事を熟知していたけれど、この緩斜面が思ったよりもきつく、そして距離もあった。
ピークに辿り着く頃には、ぴったりと体力を使い果たした。

下りながら体力を回復させ、裏金勝山ルートに備える。
休憩は信号待ちのみで、少し勢いをつけてヒルクライムに取り掛かる。

前半は意外なくらい体が動いた。
これはかなり快調に登れている。
これ以上無理をしなければ、最後まで持つんじゃないかと思っていたけれど、最後のきつめの登りを向かえて足が一杯になった。
ここで頑張れれば最後のスパートに備えられるのだが、それ所ではなくなっていた。
あんなに快調だったのに何故?
ちょっと欲が出てしまったのかも知れない。

最後のルモンタウンルートに備え、表金勝山のスタート地点付近にあるコンビニで小休止。
なんだか足取りが重い。
補給を多目にして、体が冷えない内にルモンタウンルートへと向かう。

前半から足が一杯になりそうだったけれど、心拍を眺めながらオーバーペースに気をつける。
最初のきつい登りを終え、下り区間で呼吸を整える。
ここであまり無理をしないのが、後半に繋がる。

小さな橋を渡り、丁字路を右に入る。
ここは浮き砂があったりして、突っ込まない方が良い。
そしてここからきついつづら折れが、第1ピーク(と勝手に呼んでいる所)まで続く。
ギアを余しながら登って行くと、第1ピークに辿り着く頃にはまだ10分になっていなかった。
これは良いペースだ。
体力的にも余裕がある。

そして僅かに下ってから、今までよりは緩い斜面に取り掛かる。
焦りはしていなかった。
淡々と進んで行くうちに、良い記録が出そうだった。
何故そう思ったのかは、ゴールまでの道のりをある程度把握していたからだ。
しかし、現実は間違っていた。

欲を出してギアを上げて行くと、なかなか終わりが見えてこない。
と言うか、まだこんな斜面が残されていたのかと思うほど。
緩斜面になって、これがゴールまで続く物だと思ったので、最後の力を振り絞る。

が、早かった。
仕掛けるのが。

あれ?まだこんなに残っているの?
緩斜面なのにどんどんとギアを軽くして行く。
そして現れるきつめの斜面。
と言うかかなりの急角度に見えるということは、苦しんでいると言う事だ。

なんとかきつめの斜面をやり過ごして、最後の緩斜面に向かうが全くスパート出来ない。
気持ちは前に進んでいるのだが、レイダックが私の足と心を削っていた。
ゴールを迎える頃には何とか登れたと言う気持ちで一杯。
タイム的にも大した事は無い。

何故こんなに急失速したのだ?
第1ピークまでは思い通りの展開だったのに。
2本のTTをこなした所為だろうか?

失意のまま展望台へ。
しかし、ここに来ると癒される。

2015040901.jpg
今日は少し霞んでいるけれど、本当に眺めが良い。

2015040902.jpg
眼下には栗東のトレーニングセンターも見える。

2015040903.jpg
見通しが良ければ、滋賀の代表的な名所の数々が見られる展望台。

2015040904.jpg
展望台周辺には桜の木が植わっているが…

2015040905.jpg
下界では既に散り始めている桜だけれど、ここではまだつぼみの状態。
標高があるから見頃はこれからと言う事か。
見逃した方はここに来れば素晴らしい風景と共に桜が楽しめるはず。

展望台で少し休憩して、再び走り出すと足がとてつもなく重い。
今日は使い切ってしまった。
裏金勝山方面に下り、残りは下り基調の道へと入る。

何度か小さな丘を越えるのだが、思うように体が動かない。
びわ湖岸に出ると、小休止の補給が効いてきたのか、少しだけ元気を取り戻したが、ペースを維持しながら帰った。

今日のルート

これは必ず破らなければならない記録。
それも大幅に。
すこしプレッシャーがあった方が良い結果に繋がるだろう?
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2661-4fe28796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking