FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



クロモリとカーボンの差
今日はレイダックRDR(オールクロモリ)でタイムトライアル(以後TT)した2つの峠をアレグロ(フルカーボン)でTTしてきました。
古いクロモリと新しいカーボンバイクの差はどれくらいあるのか、出来るだけ条件を揃えて走った結果は?
そして、結果次第で狙えるKOMも検討してみようかと。

ロードバイクを始めて半年、しかも厄年を終えてからと言う条件でも、若い人たちと競えるロードバイクは良い趣味です。

先ず脚がフレッシュな内に向かったのは、表金勝山と呼ばれるルート。

前回レイダックで登った時もフレッシュな内だったので、条件的には近い。
そしてその時のタイムが14分04秒。

今回もその時と同じ様に、前半の難所を余裕を残してクリアし、後半の難所に備える感じで向かう。
前回と少し違うのは、後半の難所の後の緩斜面にも備えて脚を残しておこうと言う作戦。
前半の難所と後半の難所を繋ぐ所で心拍を回復させようと思ったが、これが上手く行かず、比較的高いまま後半の難所へ。
あまり頑張りすぎず難所を越え、最後の緩斜面でスパート。
とは言え、結構疲れていたのでどれくらいスパートが出来たか分からないけれど、感触は悪くない。
1分くらい縮まった?
と思ったが、結果は25秒の短縮。
前半の緩斜面で向かい風だったのが響いたか?

結果を知らないままアセボ峠へと向かうが、その前に昼食休憩。

昼食の後は、アセボ峠へと向かうが、先ずTTするのは三雲側から。
その為には信楽側からアセボ峠を越えなくてはならない。
前回レイダックでTTした時は、ツーリングの終盤で疲れもあった。
今回は信楽側から登って脚を削って、条件的に近くしようという魂胆。

信楽側からアセボ峠を越え、下りで脚を休めつつスタート地点近くに来たらそのままTTを開始。

レイダックでのタイムは16分15秒。

取り敢えず走るのが二度目で、少々長丁場なのでイーブンペースを心がける。
前半は緩斜面、ゴルフ場を越えると程好い斜面がピークまで続く、とてもペースを維持しやすい峠。
淡々と進むしかない。
前回は距離より長い峠に感じたが、今回は少し短く感じた。
少し脚を余してゴール。
またもや感触的には悪くなかった。
ここでも1分は短縮しただろう?
結果的には1分10秒の短縮。

またもや結果を知らないまま、信楽方面へと下る。
少々走り足りなかったので、小休止を挟んでちょっとした峠へと向かう。
すっかり登りが楽しめるようになった。

1.6km程のリピートヒルクライムするには程好い峠を越え、下り基調の道を進んでいると、ビワサイの朝練メンバーと擦れ違う。
お互い声を掛け合って、下り基調だった私が折り返す事にした。
登りを頑張っているからね。

メンバーの方は立ち止まって私を待ってくれていた。
「何処まで行かれるんですか?」
と尋ねると、畑のシダレザクラまでと言う返事だったので、時間の余っている私は同行する事にした。
緩い登り基調に変わった道を進み、畑のシダレザクラまで。

2015041601.jpg
散り始めているシダレザクラだが、ギリギリ間に合った感じ?

少々のんびりして帰り道へ。
緩い下り基調をツーリングペースで下って行く。
途中、三筋の滝があったので立ち寄ってみる。

2015041602.jpg
三本の流れで滝壺へ。
三筋の滝と言う名が体をあらわしている。

道を下りきった所でメンバーと別れ、それぞれの帰り道へ。
少し進んで振り返ると、メンバーは家路じゃなく、峠方面へ漕ぎ出そうとしていた。
私と会った事でトレーニングの邪魔になったかな?
等と思いつつ、帰り道を急いだ。

今日のルート

クロモリとカーボンの差を見ると、練習次第でどうにかなるような差だ。
とは言え、カーボンの方が明らかに疲労少なく登れる。
軽く1分くらい短縮できれば、KOMも狙えそうな所もあったが、完全に早とちりだな。
まだまだ精進が必要、偉そうな事は今後言わないようにしておこう…
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2668-b5e8e462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking