FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



帳尻ライドで鈴鹿スカイライン
先週末の土曜日は、翌日の祭りの準備をして、その晩に打ち上げがありました。
そこでしこたま食べて、多分?大幅に体重を増やしたと思っていました。
翌日は祭りに強制参加かと思っていましたが、放免されるのが分かったので、上記の結果に。

となれば、増やした分は減らせば良いと言う事で、帳尻ライドに向かう事になったのですが、帳尻ライドじゃなければ(午前中に)向かう予定だった金勝山のルモンタウンルートはパスして、チャレンジしてみたかった鈴鹿スカイラインへと向かう事にしました。
前日がとても調子良く走れたので、その調子を維持出来ていれば、良い結果に繋がるだろう?

BiwakoCyclingの通常の朝連は、いつもより軽め。
ガルマさんが野暮用?で折り返し地点で待っていたので、琵琶湖大橋を渡らずじまい。
今日は鈴鹿スカイラインを目標としていたから、ここで体力を温存出来た事は喜ばしい。

朝練メンバーのDaichiさんがビワイチをすると言うので、体重を減らすには持って来いのサイクリングになりそうだったけれど、三日後には一緒にアワイチをする予定だったので、初志貫徹を決めて諦める。

復路を終え集合場所で会話を楽しんでいたが、このままでは時間がどんどん無くなるので、挨拶をして鈴鹿スカイラインへと向かう。
そこまではなるべく平坦で、そして最短距離で向かって脚を温存しておきたい。
とは言え、トレーニングがもうひとつの目的だから、強度は落とさない。

金勝山の麓を回りこんで、ちょっとした丘を越えて行くのだが、お腹が減ってきた。
昨晩あれだけ食べて、朝食も抜いていないのに、どう言う事だ?
エネルギーを切らすのはいけないと思い、丘を越えた所にあるコンビニで二度目の朝食。

私は朝が早いので、自転車の練習をする時は二度朝食を食べる事が多いのだが、この日は前日の分も勘案して必要ないと思っていたのに。
コンビニに立ち寄ると、しっかりめの菓子パンを二つ食べる。

補給も済ませたし、予定のルートへと漕ぎ出す。
道がR1に出てくると、それを東へ。
朝練では非常に穏やかで、風の影響など無いと思っていたのだが、ここから強烈な東風が吹いていて向かい風に悩まされる。

スピードが乗らない所為か、昨日ほど調子の良さを感じない。
疲れも溜まってきているのだろうか?

体重を絞り始めてから、緩い登り勾配よりも向かい風が堪える様になって来た。
この風はいつまで吹くのだろう?
心拍は上昇し、温存しておこうと思った脚が削られ始めた。
しかもここから鈴鹿スカイラインの入口まで、緩い登り勾配。
感覚的には4~5%くらいの登りが続く感じだ。

青土ダムへ向かう前にコンビニで休憩。
ここまで風が緩む事無く吹き続けたので、流石に疲れてきていた。
ここでの補給はモンスターエナジー(緑)とみたらし団子三串。
この先は比較的緩い勾配とは言え、25km近く登り続けなくてはならない。

コンビニを出発してすぐに青土ダムへと向かう道が現れ、早速登り始めるが、きつめの登りはこの取っ掛かりだけで、後は登り基調とは言え、下りも含まれる区間を走る。
ロードバイクを初めて間もない頃に走った道。
あの時はもっと登っていた様に感じたが、今はごく緩い登りにしか思えない。
これは錯覚でもなんでもなく、登りに対する姿勢がそう見せてくれているのだった。

青土ダムの提体を通るとしばらく平坦。
ダム湖の周りではバーベキューの良い匂いが漂ってくる。
匂いを嗅ぐだけで腹が減ってきた。

道が突き当たるとそこを左に折れ、鈴鹿スカイラインへと登り始める。
この区間もしっかりとした登りなのだが、その勾配は緩く感じる。
かもしか荘の近くでR477に上がる為に少し登って、いよいよ武平峠までのヒルクライムが始まる。
とは言え、ここから数kmはほぼ平坦で、旧料金所跡からが本番なのだが。

STRAVAではこの合流からスタートするみたいだが、途中で片側通行の信号があり、TTするには運も必要となってくる。
今日はレイダックなので目標タイムだけ出せればと、気には留めていない。

旧料金所を過ぎるとバイクが行ったり来たりしているので、少々気を使う。
この辺りからダンシングも交えながら武平峠を目指す。
呼吸は早くなっているが、乱れは無い。
ただし、ここに来るまでの向かい風でしっかりと削られた脚は重くなってきている。

ペースも微妙に落ち始めて来たが、何とか踏ん張りながら路傍の残り表示を確認しながら先へと進む。
辛くなってくると、残り表示のカウントダウンが進んでいない気がする。
それでも残り2kmを切ってくると、最後の力を振り絞ろうと頑張る。

峠のトンネルが見えると、その入り口がゴール。
そのまま三重県側へと抜けて、トンネル出口側から見た景色を堪能する。

2015050401.jpg
武平峠のトンネルを三重県側に抜けた所。

トンネルを越えて少し下った所にある展望台に立ち寄って、トイレ休憩。
流れ出る汗を拭きながら、このまま折り返そうかな?
向かい風で脚は削られたし、ここまで頑張ってきた。
天気もなんだか下ってきているし、引き返しても誰も文句は言わないよな?

等々、色々な理由をつけて引き返す口実にしてみたが、それでは弱いままの自分なので、意を決して三重県側へ下り始める。
下りながら感じた事は、もっと勾配がきついと思っていたものが、そうでもないと言う物。
ただ、路面が減速帯と荒れで気持ち良く下れないのが難点だった。

2015050402.jpg
下っている最中に見つけた見晴らしの良い場所。
三重県側は車両の駐停車禁止の表示が沢山掲げてあったけれど、駐車車両の多さは辟易するほど。

菰野ヒルクライムの出発地点を確認すると、これ以上下りたくは無かったが、兎に角コンビニで補給をしない事には、途中で足付きの憂き目に遭いそうだった。
新しく出来た温泉施設を通り越し、しばらくして見つけたコンビニで休憩。
ここではチョコパンケーキが二つ入ったのと、日向夏フレーバーの紅茶を。
ボトルのお茶がなくなっていたので、そいつをボトルに入れて小休止。

疲れてはいたが、三重県側も片側通行の信号があり、自転車だと確実に捕まるだろうから、TTの必要は無かった。
と言うか、信号が無くてもする気力は残っていなかったが。
休憩を終えると、意を決して登り始める。
平均勾配が8%を越える、8kmで獲得標高660mのヒルクライム。
スペックだけ見ると尻込みしてしまうけれど、下ってきた印象は少し違った。
そして登り始めてもその印象は変わらなかった。

ギアを1枚か2枚余しながら登って行ける。
斜度の変化が少なくて、思った以上に登りやすい。
そして案の定捕まる片側通行の信号。
二度目は2分以上待たされる事になり、青に変わってから登って行くと、反対側で信号待ちしていた車が今にも動き出そうとしていた。
自転車ではギリギリにしか通行出来ない。
ダンシングでスピードを速めて通過して行くが、青になってしばらくのタイミングだったら、対向車が来ていたかも知れない。
こう言う事も考えられるから、片側通行の信号は青になってすぐのタイミングでしか通行出来ない。
これは運次第だ。

2015050403.jpg
片側通行は自転車だとかなり急がないと対向車に出くわすかも?

結果的に足付きした感じだけれど、本来はその必要性は無く、むしろ再出発時に力を使う感じなので、これは止まった方が疲労が大きい。
行き交うローディーに挨拶する余裕はある。
下ってくるローディーからは励ましの言葉にお礼を言ったり、追い抜くローディーを激励したり。

そして気が付けばトンネル直下の展望台に。
展望台には立ち寄らず、そのままトンネルを越えて滋賀県側に。
ここからは下り基調の道しかない。
そう思うと気が楽になった。
そして最初は尻込みしていた三重県側からの登頂。
達成感も当然ながら襲ってきて、気分はとても良かった。

そしてひとつ気がかりな事も…

鈴鹿スカイラインをぐんぐんと下って行き、ヒルクライム中には立ち寄れない野洲川ダムに立ち寄ってみる。
管理事務所が見当たらないので、ここでダムカードをもらうことは出来ないのかな?
青土ダムみたいに別の所でもらえたりするのかも?

2015050404.jpg
普段は立ち寄らないので立ち寄ってみた。
バイクが沢山休憩していたので、自転車だと少し肩身が狭い?

野洲川ダムを後にして、更に来た道を引き返して行く。
青土ダムを過ぎた辺りから、気がかりだった物が頭をもたげて来た。
「あれ?風向きが変わってね?」

帰りは当然の様に追い風を期待していた。
登りは登れば帰りは下りと相場は決まっているのに、風向きだけは気まぐれ。
「なんか向かい風に感じるんだけど、こんな短時間で変わるもんなのか?くそっ…」

まだ完全に風向きが変わったと判明した訳ではなかったが、方角的にそう感じる。
まだ蓋を開けてみるまでは分からないが…
そう願いを込めて、R1に出て来ると…

「おお!追い風やんか!変わってはいなかった!」

三重県側からのヒルクライムから碌に休憩をしていなかったので、すぐにあったコンビニで小休止。
ここではチョコアイスバーのみの補給。
風向きが変わらない内に走り出したかった。

緩い下り基調も手伝って、普段では出せないスピードが出る。
ペダルを回す脚も軽やかで、ついつい踏み込んでしまう。
信号停止が煩わしく感じるくらい順調なペース。
対向してくる自転車が可哀想に感じる。

「俺も前半はあんな感じだったんだな…」

STRAVAのセグメントに設定されているだろうと言う場所で、頑張ってみる。
が、その場所は空白だったので、新しくセグメントを作ってみた。
あまり期待していなかったが、作成したセグメントでKOMを獲得できた(2015/05/04時点)。
よく見ると、私を含めた上位4人は同じ日に走っていて、私に続く3名の方はかなりの強者で、トレインを組んでいた様だ。
条件的に同じ追い風だったと思うけれど、この3名を上回れた事は素直に喜べる。
ヒルクライムではない区間のKOMは何気に嬉しいし。

追い風に乗れたR1から外れ、勝手知ったる地元の道を進んで行くと、藤で有名な神社の脇を通る。
そう言えば、今日走った鈴鹿スカイラインでは、藤が沢山咲いていたな…と言う事を思い出し、立ち寄ってみる事に。

2015050405.jpg
藤の三大神社…

2015050406.jpg
と思って立ち寄ってみた訳だが、帰ってから違う神社だったという事が判明。
こんなすぐそばに同じ様に藤棚を作っている神社があるなんて!
って言うか、近くの臨時駐車場は「三大神社参拝用」とか書いてあった様な?
間違って参拝する人が居るぞ、俺みたいに…

今日(5/3)のコース

「R1水口バイパス下り」ってのが作成した区間。

あなたのクリックが私の登坂力に貢献します!応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>サイさん
えっ?
体脂肪率14%程度なんですか?
ならばここから削ることは相当な努力が必要ですね…
失礼ながら、見た感じでそう思えなかったんで…ごめんなさい…
薬に手を出すってのは、プロくらい成績を求められる人なら考えない事も分からないですが、一般人には無縁でしょう(笑い。
登りのテクニックになるかどうか分かりませんが、ペダリングを効率良くすれば、スピードが向上し、疲れ難くなると思いますよ。
平地でも活きますし、いつでも意識しておけば良いんじゃないでしょうか?
【2015/05/06 04:28】 URL | ドギー #- [ 編集]

体重は・・・
ドギー様

体重管理は難しいですよ。これでも体脂肪率14%前後まで来てる
(まだまだですな)ですよ。

ストイックな、管理ができればいいのですがなかなかそうもいかなくて・・・

薬に頼るのもいいのですが、ちがうところが壊れるのが
ちと怖いです。

のぼりのテクニックも全然なので、この夏の宿題といたします。
【2015/05/05 20:43】 URL | サイ #Pe0og0Jg [ 編集]

>サイさん
今日は偶然でしたね!
あのまま通り過ぎていっても私だとは分からなかったでしょうし、こんな姿もお見せしとかないと(笑い。

ヒルクライムは体重も物を言う競技なので、出来るだけ体重を落とす事が機材を変えるよりも効果はありますよ!
サイさんにはまだまだ絞れる部分がありますし、そちらでも頑張ってみては?
【2015/05/05 19:01】 URL | ドギー #- [ 編集]

無言2
ドギー様

コメントは入れますが、追いつけないレベルなので
無言と言うより、遠吠えにしか聞こえないかも。

でも革ジャンもさまになってますね。
【2015/05/05 14:19】 URL | サイ #Pe0og0Jg [ 編集]

>サイさん
一人で走ってしまうと、どうしても追い込んでしまうので、色んな人を誘って強度を落としてみたいとも思ってみたり?
誘う人によっては、更に強度を上げなくてはならないですが、そういう環境にも身を置いてみたくなったりと、考え方は調子によって様々です。
今は強度を自分でコントロールしているので、更に上を目指したいと思うのですが、なかなか見つかりませんね…
初レースではそう言う物が手に入れられる可能性もあるんで、それも期待しているんですが(笑)
余計に無言が続きますかね?
【2015/05/05 06:02】 URL | ドギー #- [ 編集]

無言
ドギー様

すごすぎて、コメントなし。
誘うのが恐ろしいレベルになってますね。
【2015/05/05 01:46】 URL | サイ #Pe0og0Jg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2686-a6b56036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking