FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



クライマー返上!?
いつも一緒に練習させてもらっているBiwakoCyclingですが、そこでは私はクライマー扱いになっています。
今日はこのクライマーと言う冠を返上したい気分になりました。
来々週(次の次)の日曜日はヒルクライムイベントが控えていると言うのに…

BiwakoCyclingの朝練の後、今週前半の暴飲暴食で増えた体重を減らすべく花背峠へと向かいました。
無理が出来る今の内に少しでも落としておきたい所ですし。

先ずは皇子山カントリークラブを越えて比叡平へと向かうヒルクライム。
一度連れて行って貰ったきりだったので、もう一度走ってみたくなっていた。
補給を済ませてから…と思ったけれど、今回のライドは体重を減らすと言うのが大きな目的。
必要最小限の補給で済ませようと、ここは補給はせずに向かってみる。

今日はかなり暑くなると言う事だったが、路傍の温度表示は既に30℃を越えて31℃と表示している。
コースも良く覚えていなかったけれど、ゴルフコースを突っ切る場面で斜度が強まる事だけは覚えていた。
やや荒れた路面に気を使いながら、件のゴルフコースを突っ切る坂へ。

最初はかなりきつい坂の印象だったけれど、今回は少し緩く感じる。
これは調子が良い兆候?

しかし朝練から続いた疲労と暑さで、比叡平を抜けた所にあるコンビニで補給。
目的地の花背峠の麓までボトルの水だけで済まそうと思ったけれど、ここは安全策で。
走り続けるには大切ですから。

そして京都側に下り、鞍馬を目指す。
煩雑で走り辛い京都の市街地を走り、暑さで度々ボトルを手に取ると水がなくなった。
鞍馬を目の前にしたコンビニで補給&休憩。
前回の休憩からかなり早いけれど、ここからきつめのヒルクライムが待っているし、ボトルに水分は入れておきたかった。

スナックパンと紙パックで1000mlのパイナップル味の付いた水を購入すると、パンを食べ終えるまでその水を飲んだ。
食べ終えてボトルに水を移して行くと、縁一杯まで入って尚少し残っていた。
残りの水を飲み干して、花背峠へと向かうべく気合を入れる。

コンビニのすぐ左手にある交差点を眺めていると、右に行けば鞍馬、貴船。
左に行けば前ヶ畑と道路案内の看板に出ていたので、特に疑問も抱かず右の道へ。
バイパスと書かれているのだけが少し引っ掛かっていた。

路傍の看板に「二ノ瀬トンネルは歩行者、自転車は通行出来ません」と書いてあったが、それにも疑問は抱かず。
どうせ、少し遠回りして合流出来るんだろうと。
そしてトンネル手前で強制的に右へと曲がらされ、二度と同じ道(府道38号)へは復帰出来なかった。
花背峠にはどうやって行くんだろう?
(後に前ヶ畑と言う場所が分かったので、あの交差点は左に行くべきだったと理解)

道は小さな峠を越え、大原へと抜ける。
R367に出るとその道を北上し、先週の水曜日に走ろうとした百井峠を目指す。
コースのプロフィールが伊勢志摩スカイラインと似ていて、前哨戦としては悪くない。
(伊勢志摩スカイライン:距離7.6km・標高差463m 百井峠:距離7.4km・標高差429m)

暑さと疲労、それに花背峠に向かえなかった心理的ショックはあったが、ここをクリアしてこそレースに臨めると言うもの。
迷わず向かった。

2015053001.jpg
百井峠へと向かう交差点にて。

しかしこれがプロフィールだけ似た紛い物のコースだった。
最初のピーク前ヶ畑峠は、実は初心者が登ってはいけない難易度の高いコース。
後で調べた所、コースプロフィールは距離5.2km、標高差344m、平均斜度6.6%、最大斜度20%のコース。
このコースに続く次のピークまでが百井峠のコースとなっている。
特筆するのは最大斜度だけのような気がするが、実はこのコース、前半部分がかなり緩い。

良く調べもせず前半部分を快調に飛ばし、心拍は上昇。
ゆっくりと斜度が強まってきて、道が一車線に変わると牙を剥き始めた。
斜度がきつくなる所はダンシングで越えて行くが、このダンシングがなかなか終わらない。

そして次第に太腿に疲労が蓄積してくるのが分かった。
つづら折れはそんなにきつく感じなかったけれど、壁の様な斜面が真っ直ぐ続く所で気持ちが折れかけた。
そしてそれに続く道が右手に見えてきた所で「まさかあの道を登るのか?」
その道の様子が次第にはっきりとしだした所で、気持ちは折れた。

壁の様な斜面を越えて尚続く斜面で、太腿の状態から言って厳しく感じた。
壁は何とか越えられる。
その先はどうだ?
パンパンに張った太腿が、徐行状態の自転車を支えきれないと思い、クリートを開放する事に決めた。
「何がクライマーだ!こんな所で降車してしまうなんて、とても名乗れない!」

2015053002.jpg
右手奥から登ってくる場所が壁に感じ、左手へと進んで行く道が絶望的な道に見えたが、疲れの所為でそう感じただけだったのかも?

結局、壁の部分さえ我慢できれば斜度が少し緩んだが、先を知らないので無理は出来なかった。
その後、百井峠まで走ったが、ここも意外なくらい斜度を感じる。

2015053003.jpg
百井峠のピークを越えて。

多分、疲れがピークに達した所為だろうと登っている最中は思っていたが、折り返して下ってみると、思い過ごしではない事がはっきりと。
その後、前ヶ畑峠を越え、きつい部分を下って行くと、良くこんな所を登ってきたなと改めて思い知らされる。
登っている時はこれほどきつく感じなかった。
むしろ壁の方が緩い?とまで感じるくらい。
先週の水曜日にこっちを走らなくて正解だった。

すっかり疲労困憊、ハンガーノック手前?
なんとか気持ちで途中越えを越え、下り基調の道は息絶え絶えに、いつものびわ湖岸沿いで帰路に就いた。

今回の目的の体重を減らす事には成功し、カーボローディングに最適な状態に持ってこれた。
リバウンドを利用して、筋肉にグリコーゲンを溜めよう…
そして体重増加を繰り返す?

今日のコース

このままでは済まされないのでいつかリベンジを!
今回はレイダックだったので負担が大きかったし、アレグロで先ずはリベンジするかな?

このへぼクライマーが!
と思われた方は遠慮なくクリックしてね!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2710-27dcaf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking