FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



10数秒の為に1分以上失ったとしても
前回からの続き

ヒルクライムタイムトライアル(以降ヒルクラTT)で大事なのは、イーブンペースで登る事。
しかし今回はヒルクラTTでは無く、純粋に順位を争うレース。
その為には結果遅くなってしまっても、レース展開に応じた走りが必要。

伊勢志摩スカイラインヒルクライムレースは、山頂駐車場で受付して、一旦下ってからスタートする珍しいケースのレース。
その為に車で山頂駐車場に向かう必要があり、自転車を車載出来ない人は出場が困難。
ただ、そこに向かうまでにコースの下見を車で出来るのが良い所でもあったり。
そして私はコースを走りながらレース展開の青写真を描いていた。

序盤からきつめの登りが続くが、5kmを過ぎた辺りで斜度が緩み、終盤辺りで看板表記10%の下りがあり、最後の駐車場に向けて数百mのコース最大勾配の登りが待っている。
序盤は先頭集団にくっついて走り、展開によっては前に出ても良い。
斜度の緩む所ではアウターにシフトするだろう。
その場面で競り合いが続いている様ならば、スパートする振りをして、競り合っている選手を前に出して風除けに使って脚を溜め、最後のきつい登りで勝負をかける。
うん、我ながら悪くは無い作戦だ。

そんな夢の様な展開なら、思いっきりレースを楽しめる。
と一人ほくそ笑んでいた所に、レースと関係の無い所で怪我。
しかもチューブのバルブを破損させて、チューブ交換をしなければならないと言うおまけ付き。
テンションが下がって、闘志の炎も消えかける。

下山のアナウンスがあり、アップも何も出来ない状態だったので、下山中になるべく脚を回しておいた。
が、集団で下山なので、出来る事は限られていた。
下山中は追い越し禁止なのに、それでも前に出ようと言う選手も居る。
なんだかな…とは思いつつ、そこまで勝ちたいのかと、自分を棚に上げておとなしく下って行く。
チームジャージを着用しているし、そのジャージの価値を貶めたくないのもある。

下山中はブレーキレバーから手が離せないので、怪我をしている左手のテーピングは血が滲んできた。
それよりもブレーキを掛け続けているので、手首に疲労を感じてくる。

2015060801.jpg
簡単に止血出来るとは思っていなかったので、まあこれくらいは想定内。
ただ、エリートのスタート時刻が7:00からで、1分おきにスポーツ、レディース、ビギナーのスタートになる訳だが、30分以上寒い中で待たされる。
アップしていた人も体が冷えた事だろう。
これで条件はほとんど同じ…

な、訳は無かった!

2015060802.jpg
DNSを含めるとビギナーは160人あまりの参加者。
(リザルトが発表されているので、完走者は130人あまりの模様)
スタート地点までの道が狭いので、先頭からの距離は70m程度。
列の中盤やや後方(最後尾まで50m位)と行った辺りか?

最初の並びの時点で同じ条件でスタートとは行かない。
出走前の青写真は脆くも崩れ去った。
並んでいる最中も人を押し退けて前に出る人が居たけれど、私はそれをしなかった。
ジャージの事もあるけれど、後方から出発して表彰台って格好良くね?

取り敢えず心を落ち着けてスタートを待つが、ここで先導スタッフから「ローリングスタートになります」と。
スタートの合図の後、先頭から出発して最後尾の出発が確認できるとバイクのホーンでリアルスタートになると説明。
その間の追い越しは禁止。
は?
確かにビギナーは数が多く、一斉スタートになると落車の危険性がはらむ。
致し方ない措置とは言え、またこれで先頭との差が広がってしまう。

そしていよいよスタートの瞬間。
号砲が鳴り、良く見えない先頭から出発して行った。
クリートを嵌め、ゲートを潜るといよいよ初レースの開始だ!

ローリングスタートと言う事だったので、しばらくバイクのホーンが鳴るのを待ったが、周りのみんながそれぞれペースを上げて行くので、私もレースモードに気持ちを切り替えた。
少ししてバイクのホーンがなり、列の右手に出て追い上げを開始。

原則左側通行と言う事だったが、道幅一杯に人が溢れていたので、時折右の車線に出て追い越して行くと「左を走ってくださいと」注意されてしまった。
うん…これでかなり抜き難くなったぞ?

人を追い越している時は気持ちがハイになって疲れを忘れる。
心拍が上昇しているかと思ったけれど、サイコンを眺めると意外に低い。
まだ踏んで行っても良いという事か?
それとも後半に向けて脚を残す?
いやいや、そんなにのんびりと構えていたら前は離れて行くばかり。
ここは最後に垂れようとも追い上げて行くのが正しい。

兎に角目の前に居る人を目標に次々と追い越していく。
こんなペースで最後まで持つのか分からなかったけれど、大丈夫だと自分に言い聞かせる。

やがて隊列はまばらになり、追い越すのにも時間が掛かるようになる。
前方の人はやはり速い。

スタート待ちをしている時、私の横に並んでいた人に話しかけてくる人が居た。
その人は「なんで前に並ばないの?順位を競うレースだよ?」
どうやら知り合いの様で、「○○さんは何処に並んでいるの?」と質問を質問で返された。
聞き耳を立てて聞いていると「先頭」と答えられていた。

その人が今まさに私の前を走っている。
と言う事は先頭付近までやって来た?
その人を追い越して、視線を先にやるとまだ数人。
と言うか、先に出発していたレディースクラスの人もこぼれてきているので、どういう状況か飲み込めない。

差を縮めるのも苦労しだしてきたが、ここまで追い越されては居ない。
そしてようやく追いついて、追い越した人に追いすがられるようになった。
この辺りから、私自身の脚色も鈍ってきているのを実感する。
心拍はそんなに高くは無かったが、脚に張りを感じるようになっていた。

そしてまた一人追い越すと、すぐさま追い越された。
私もダンシングを交えながら離されない様にくっついたが、ダンシングをする度に離されるので、シッティングを中心に追いすがる。
そうしている内に追いすがってきた人、追い越して追い越し返してきた人、追いついたが追い越せなかった人の4人集団になった。

表彰台に立つには最低でもこの集団から離されてはいけない。
しかし厳しいのは私自身が良く分かっていた。
付いて行くので精一杯。
早く斜度が緩んで、誰かの後ろに入って脚を溜める事が出来ないだろうかと、考え始めた。
こう言う後ろ向きな思考の場合、そろそろ限界が近い。

斜度が緩む前に千切れ始めた。
厳しいが気持ちを切らさず視界に集団を捕らえていたが、斜度が緩んでスピードアップしてしまうと、風除けのない私は離される一方だった。
集団はやがて視界から消えた。
そして私の気持ちも切れかけた。

唯一残された希望は、最後の急斜面。
私も厳しいが、みんなも同じ様に厳しい筈だ。
コースが真っ直ぐになるとなんとか視界に捕らえる事が出来る。
なんとか最後の希望を捨てず、急斜面に取り掛かるが10数mの距離がなかなか縮まらない。

スポーツクラスからこぼれた選手をパスするがそれでは意味がない。
やがてゴールまでの距離がはっきりすると希望の灯火は消えてしまった。
これで4位以下は確定。
悔しさはあるが、何処か気持ちは晴れ晴れしていた。
やれる事はやった。

足を冷やさないようにゴール地点の駐車場をぐるぐる回っていると、4人で競り合っていた選手がいたので話しかけた。
「良い結果になりました?」
「平坦で風除けに使われて…基本クライマーだし、前に出て欲しいって合図したんですが…」
どうやら最後に出し抜かれてしまったようだ。
こう言う事をする予定だったんで、少しだけ罪悪感があった。
「あの集団って先頭だったんですかね?後ろから追い上げたんで状況が良く分からなくって」
「前に2人走っているって聞きましたよ」
と言う事は、6位か?
(リザルトでは8位でした)

もうしばらく立ち話をして、時間を取らせましたと別れを告げると、目の前にちょうど駐車場の隣の滋賀ナンバーの人が歩いてきた。
その方にも話しかけた。
「滋賀ナンバーの人ですよね?隣の者ですが、朝はお見苦しい所を見せました」
私が手を怪我した事も、チューブを交換していた事も気付かれなかった様子でしたが、stravaでお互いが近い記録でアカウントを見た事があると、話が弾んだ。
それで私の気持ちも落ち着いて、今度は次第に悔しさが湧いてきた。
まあ、貪欲に勝利を目指して、先頭からスタートすると違った展開になったと思うけれど、たらればは無い世界。
良い勉強になったと次回以降のレースに生かすと誓った。

かずさん(仮名)とは駐車場に戻っても話しが弾み、いつか一緒に練習しましょうと相成った。
ロードバイクを始めた時期や、練習場所も凄く近かったので、良いライバルになりそうだ。
ただし、お金の掛け方は私以上。
私はレースに臨むに当たり、タイヤとチューブを交換するくらいだったけれど、かずさんは新しいホイールに購入時点ではおそらく違ったであろう電動コンポ。
それにローラー台まで購入する熱さ。
取り組み方は私以上にストイックだろう。
ただ、私の周りで上級パーツにすると成績が落ちるという呪いを掛けてある(笑)
くっ!羨ましくないんだからね!

そして表彰式に出席すると、一度追い越してすぐさま追い越し返して行った人が2位になっていた。
それを見ていると余計に悔しくなったが、1位の人と3位の人(はひょっとして追いついたが追い越せなかった人かも?)に見覚えが無かったので、前に2人走っていたという情報は正しかったようだ(結果的にはまだ2人いたようですが)。
なので、おそらく6位と言う報告をしてしまった。

かずさんは折角伊勢まで来たんだからもっと走りたいと言われたので、私が走る予定だったルートを教示してみた。
天気も思ったほど良くないし、手も怪我したし、早く帰りたかったので一緒に走る事は無く、山頂駐車場からそれぞれ別の方向へ向かって走り出した。

さて、これで一区切りついた。
燃え尽き症候群ではないが、少しゆっくりしてみたい気分にもなった。
次の目標が出来るとまた頑張れるだろう…

2015060803.jpg
伊勢志摩スカイラインの中腹辺りの駐車場にて。
植樹が文字に刈り取られている。

2015060804.jpg
赤福のデザインにもなった五十鈴川が良く見える。
天気が良いともっと見晴らしは良いだろう。
見える橋は普通に国道の橋だと思う。
宇治橋なら素晴らしい風景なのだが?

さて、短い距離とは言え、気が張った状態で走ったから少し甘いものが欲しいな?
と言う事で、著名な赤福ではなく、地元の人に愛されていると言われる餅を購入に向かう。

2015060805.jpg
へんば餅本店。
馬を返してまで食べたいと言うのが由来だとか?

2015060806.jpg
へんば餅とさわ餅を購入。
帰り道で美味しく頂きました。
体重の増加が止まらないのは、甘党になったのが原因だな。
今までは厳しいトレーニングと釣り合っていたので問題視しなかったけれど、これからは…

伊勢志摩スカイラインヒルクライムビギナークラス
リンクをクリックして、再生速度を最遅(シークバーの右のバーを下に)、表示を詳細に(地図中の±のボタンの+を出来るだけクリック)すると、レース展開がより詳しく見れます。
stravaにアップした人だけのレース展開ですが、上位陣(1~3位の人)がアップしていますので楽しめますよ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>おかちゃん
ありがとうございます。
去年の夏から自転車を始めて、これほど知り合いが増えるなんて想像もしていませんでした。
レースに出る事を薦めてくれた知人にも感謝しています。
知人には真っ先に報告して、意外にも驚かれていますから、頑張った甲斐もありましたし。
応援してくれる人が多いと、力になりますよ!
これからも良い出会いがあれば良いのですが、私のキャパシティーをオーバーしそうです(笑い。
【2015/06/11 17:26】 URL | ドギー #- [ 編集]

レースお疲れ様でした。
初レースで8位入賞はほんとにスゴイですね!ステキな出会いもあったようでd=(^o^)=b
私も以前にスズカや岡山サーキットなどでレースに出ていろいろと仲間や知り合いが全国的にできました。
なかなか会えない方々ですが同じ趣味を持つもの同士の交流も楽しいものですね(*^^*)

ドギーさんもこれからの自転車ライフにますます張りが出そうですね\(^_^)/
【2015/06/10 19:42】 URL | おかちゃん #ju1ubDps [ 編集]

>ガルマさん
お気遣いありがとうございます。
指の怪我はかなり良くなっているので、自転車に乗るのには差し支えないですよ。

8位…最初から上手く行くと、後々大きく躓きそうなので、良い順位だったと思います。
末広がりって言いますもんね!
次の目標も決まりそうだし、これからも頑張って行けそうです。

お互いが刺激しあって行けば、レベルアップしていけそうなので、これからもよろしくお願いします!
【2015/06/09 19:30】 URL | ドギー #- [ 編集]

お疲れ様です
お疲れ様、、無事に完走、、ですが
ちょっと指の怪我が痛々しいです。

ここ数ヶ月の取り組みをまじかで見てましたし
8位は立派です。
初めてのレースイベントでしたのでわからない
こともあった中ですから、、、

とにかく、、早く怪我を治しましょうね~

おつかれさまでした!
【2015/06/09 10:49】 URL | ガルマ #NqNw5XB. [ 編集]

>サイさん
初めてのレースで色々舞い上がってしまっていましたが、落ち着いていけばもう少し良い結果が出せたのかなと思うと、良い勉強になりましたよ。
なかなかよさ気なレースがありませんが、次はオーソドックスにTT形式の大会になると思います。
なかなか順位を競うレースって、チャンピオンクラスとか、招待選手にならないと前に陣取らせてくれませんからね。
いつか立てる日が来ると嬉しいですよ!
【2015/06/08 22:13】 URL | ドギー #- [ 編集]

う~~ん残念。でも次は・・・
ドギー様

色々な要素がレースなので、確かにたらればといいますが
感じとしては、いい感触だったのでは?!
タイム計測型のレースで、最後を競いにくい戦略が難しい展開ですが
もう一歩で というのは、さすが我らがKOM。
これは、表彰台も近いか?!
【2015/06/08 20:39】 URL | サイ #Pe0og0Jg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2718-c875a8f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking