FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



うどんツーリング?いや無鉄砲ツーリング!
昨日の土曜日、BiwakoCyclingの朝練の後、峠越えをしながら『たなか家』まで向かおうと朧気ながら考えていました。
朝練終了後、皆さんの動向を探っていると、参加メンバーの一人、KAMIYAさんがもう少し走りたそうにしていた。
一度『たなか家』のうどんを賞味して欲しかったし、峠越えをキャンセルして「平坦基調で向かいますんでご一緒しますか?」
と尋ねてみると「それなら行きます」と言う事でうどんツーリングが始まりました。

平坦基調でルートを構築すると、遠回りのルートが走り甲斐があるので、最初はそのルートを考えたのですが…

いつも朝食は早い時間に食べるので、朝練終了後くらいにはお腹が減ってくる。
KAMIYAさんと『たなか家』を目指し始めたが、あまりの空腹感に耐え切れず、早々にコンビニに立ち寄って小腹を満たす事にした。
補給に選んだのはカロリー高めのドーナツ。
まあ、これから2時間ほど掛かるだろう(何故かこの時、開店まで2時間あると勘違い)し、これくらいは大丈夫だろう。

補給を終えて走り出すと、時刻は10時前。
「あれ?開店まであと1時間か?勘違いしていた…」
そこでKAMIYAさんに「少しルート変更します。平坦基調なんですが遠回りしてだらだら登るルートか、少し登りますが近道なルート、どちらが良いですか?」
お任せしますと言う事なので、近道のルートを選ぶ。

お昼時に辿り着いても問題は無いけれど、午後遅くから天気が崩れるという予報だったので、早め早めの行動をしたかった。
「平坦は強めで、登りは緩めで走ります」と告げて、大石から猿丸神社を越えて宇治田原に抜ける県(府)道を走る事にした。
ゆっくりと道は登りに変わり、県境を越えるあたりで斜度は強まるが、距離も斜度も恐れるほどではない。

無事に越えて行くと「これくらいなら問題ないですよね?」
と尋ねると「楽勝です!」と心強いお言葉。
大正池くらいなら大丈夫と言われていたので、大きな心配はしていなかった。

宇治田原の町を抜け、宇治川ラインへと繋がる府道との交差点に出てくると「もうひとつのルートは宇治川ラインからこの道を上がってくる予定だったんです」と伝えた。
そしてR307に入って丘を越え、路面が土や砂埃で汚れていて走り難い道を下って行く。

あまりにもの汚れ具合だったので府道70号に逃げようかと思ったけれど、少しわかり辛いと言うか、府道321号に出るのに回り込んで登らなければならないのが引っかかった。
府道に逃げる事はせずに、R24に出るとそれを南下。
そして府道321号へと入る。

『たなか家』までは登り基調。
それもそんなに斜度も無く距離も短い。
時間も開店直後と言った感じで実にスムーズに事が運んでいる様の思えたが、店には準備中の札が掛かっている。
「あれ?開店時間を間違えたかな?」と、店舗の前までやってくると営業カレンダーが掛かっていたので、それを良く見ると休みになっていた。

KAMIYAさんに「すみません、今日は臨時休業だったみたいです」と告げたが、カレンダーにしっかりと記載されている限り予定通りの定休日だっただろう。
大正池へと向かって行くローディー達を眺めつつ、大正池を諦めてちょっと作戦会議。
と言いつつ、府道70号に出て南下を始めた。

「(レストラン)itoにしますか?」
と自分自身も何処まで本気だったのか分からない問い掛けをすると「えっ!?」と驚かれたので「流石にそれは無いですよね」と考えを引っ込めた。
しばらく走りつつ考えをめぐらせて「KAMIYAさん、とんこつラーメンは大丈夫ですか?」
大丈夫と言う返事だったので「ちょっと評判のお店が近くにありますんで、そこにしましょう」と自転車を漕ぐ脚に力が入った。

そんなに飛ばしている訳じゃないのに所々で千切れ始める。
KAMIYAさんの力量的にちょっと有り得なかったので、道の心配をしているのかな?等と考えていた。
少し緩めて道を確認しつつ、また進む。
その繰り返し。

そして道をロストしつつ、KAMIYAさんの心配を的中させてしまった?
と自分自身にも焦りが…
路傍の町内案内の様な看板を眺めつつ、こっちだろうと見当をつけて走り出す。
道はとても先に抜けられる様な感じではなかったが、続く限り先に進んで行く。

このままでは責任問題になるので「先に行って確認してきます」と言い残して細い路地を進んで行くと、道端に人がいたので尋ねてみる。
「この道で(府道)44号に抜けることは出来ますか?」
抜けられると言う事だったので、引き返してKAMIYAさんの元へ。
「抜けられるそうですよ」と意気洋々に先導して、案内されたとおりのゴルフ場に出てくると、またもやどう進んで良いか分からなくなった。

勘と昔の経験(以前、バイクで迷い込んだ事あり)で府道44号に出て、その先を見通すと『無鉄砲』のオレンジ色の建物が見えた。
「多分、あのオレンジ色の建物がそうです」とKAMIYAさんを安心させる。
が、どうにもKAMIYAさんの走りには精彩を欠いていた。

無事に『無鉄砲』まで辿り着くと、既に10人足らずの行列が出来ていた。
これくらいは待たないとしゃあないかなぁ?なんて思っていると「相席なら2名様をご案内出来ます」と店員さん。
前に並んでいた全ての人が断ったので私達の番まで回ってきた。
「大丈夫です」と答えて席に案内されたら、何と偶然にも相席の相手はローディーさん達。
折角なので「今日はどちらから?」と話しかけると、同じ趣味の者同士、色々と話が盛り上がってしまった!
こんな出会いもいいね!

2015062101.jpg
濃厚なとんこつスープが評判のラーメン。
KAMIYAさんも満足気だったので、連れて来て良かった。

ラーメンに満足して店を後にすると、再び平坦基調の道を選びつつ帰路へ。
滋賀に戻るまではどうしても登り基調になってしまうので、なるべくと言う断りを入れなければならないが。
出発してすぐにKAMIYAさんが遅れ始める。

コンビニに立ち寄って欲しいという事だったので、加茂の駅前でコンビニを見つけて立ち寄ると、どうも膝に痛みが走るらしい。
それであんな精彩を欠いた走りだったのか!これは無理をさせられない。
少し長めの休憩の後、ペースを落として和束のコンビニを目指す。

和束のコンビニまではまだ大した登り基調ではなかったので、KAMIYAさんは「膝は余裕があります」と言われたが、余裕がなくなった時が恐いので、ここでも少し長めの休憩を取る。
休憩を終え、ほんの少しだけペースを速めつつ先を急いでみたが、しばらくするとやはり膝が辛いのだろうか、千切れ始めたりくっついたり。
ペースを落として無理をさせないようにしてみたが、道がはっきりと登り基調になると、それも難しくなってきた。

無言のまま淡々と進んで、ようやく県境。
しかしKAMIYAさんは限界を迎えていた。
「ここから下りか平坦しかありませんので、コンビニまでは何とか辿り着きましょう」
と檄を飛ばすが返事は弱々しい。

なんとか信楽のコンビニまで辿り着いて、KAMIYAさんはご家族にHELPコール。
ご家族の方がやってくるまでおしゃべりして過ごす。
小一時間ほど待っていて、ようやくご家族の方がやって来られると、KAMIYAさんには別れを告げる。
その前に、目敏くKAMIYAさんのボトルの水を見つけると、「峠を越えて行くんで水を貰っていいですか?」とお願いした。

「全部貰って良いですよ、余れば捨てて下さい」
と言う事でありがたく頂戴する事にした。

ボトル満杯の水を貰うと、峠を越える最短のルートで帰る事にする。
2つ目の峠越えをしている時に、おそらくKAMIYAさんを乗せた車に追い越される。
どんな風に写ったのだろう?
「こんなに早くここまで?」と思わせたならば、思惑通り。

峠を2つ越えた所で、まだ脚が余っている様に感じたので、激坂で折れたクライマーとしての矜持を取り戻すべく、金勝寺へのヒルクライムを取り組む。
折られた峠ほどじゃないが、ここもかなりの激坂が待っている。

気持ちを落ち着けつつ、登り始める。
登り始めから強めの坂が現れるが、これくらいはまだまだ大丈夫。
問題は中間地点に潜む、道が駐車場の様に広がっている所に向かう区間。
ここさえクリアすれば、後は問題じゃない。
そしてその坂が目の前に現れた。

一応、インナーローへとシフトし、ダンシングで登り始める。
脚を余していればこの激坂も問題じゃない。
難所を越えると展望台までは気持ちが軽くなった。
とは言え、残された道のりも意外にしんどかった。

これで屈辱はある程度雪がれたが、折られた峠をクリアして初めて雪辱したと言えるだろう。
少し晴れ晴れとした気分で展望台まで。
途中、車で追い抜いて行った定年間近くらいのご夫婦に「凄く早く登ってこられるんですね」と驚かれてしまった。
しばらくご夫婦と話し込んで、今日の展望台からの風景をと、調子の悪いカメラを取り出す。

2015062102.jpg
かなり湿度が高いので、靄の掛かったような感じ。

2015062103.jpg
そう言えば、夕刻の時間帯に登ってくる事は少なかったな?と赤みが掛かり始める前の町並みを見下ろした。

ペースを落として走ったのが良かったのか、後半のヒルクライムをこなしても、脚への疲労度が少ない事に驚く。
回復走と言う物が信じられなかったが、これを体験するとまんざら有り得ない訳でもないんだなと思った。
偶にはこう言う走りも挟まないと疲労は蓄積するばかりで、パフォーマンスが低下してしまうんだろう。

KAMIYAさんを誘った事で、私は大火傷を負う事は無かったが、身代わりとしてKAMIYAさんに行ってしまったのかも?

今日(6/20)のルート

木津市内でほんの少し?ルートを見失ったけれど、大きな怪我には繋がらなかった…けれどこの時点でKAMIYAさんには降り注いでいた訳だ。
悪い事をしてしまった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2727-7becf6e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking