FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



小浜カツ丼ツーリング【自転車】
昨日はビワサイのメンバーの一人、tsuboさんを誘って小浜にある『こだま食堂』を目指してツーリングに出かけました。
『こだま食堂』はわらじカツ丼で有名なので、勿論それが目的。
私は連日の長距離走行になるので疲労が心配ですが、前日も少し楽が出来たので問題ないはず?

天気予報ではかなり暑くなりそうで、熱中症の警戒レベルが厳重警戒レベルになっているので、水分補給や休憩は多めになりそうな予感もしますが、前日と同じレベルなのでさして問題視していませんでしたが…

集合時間よりかなり早着するだろうと思っていたが、ご一緒するtsuboさんもかなり早めの行動を取られる方だから、合流した時点で向かえば良いと、準備が出来次第出発する事にした。
琵琶湖岸を北上して、もうすぐ集合場所という辺りで、先行するロードバイクの方がビワサイジャージを着ていた。
これは間違いなくtsuboさんだと確信し、近付いて追い抜きざまに軽く挨拶を交わす。

琵琶湖大橋の袂でtsuboさんがやって来るのを待って「このまま琵琶湖大橋を越えます」と告げるとコンビニに寄りたそうな仕草をされたので「次のコンビニまでそんな距離はありませんから、急ぎの用事でなければ…」と言う事で、出来るだけ朽木に近いコンビニで最初の休憩を取る事にする。
十分な挨拶もまだだったので、辿り着いたコンビニで改めて挨拶。
そして、この後の予定を軽く説明。

「小浜までは峠を三つ越えていきます。最初の花折峠が一番の難関なので、それを越えてしまえば残りの二つは大した事が無いです」
この説明を忘れると、思わぬ所で足を使われるかもしれない。
最初の出会いの時に、後半とても苦労されていたのが印象に残る。

R367に出るまでは先行して、R367に出てから花折トンネルの手前まではtsuboさんに前を走ってもらう。
拙いながらも、何かアドバイスできないだろうかと考えて。

峠の入りからなかなか良い感じで走られる。
オーバーペースと言う訳でもない。
しばらく様子を伺いながら、敢えてアドバイスする事も無いかな?と思っていたけれど、勾配がまだきつくない割には軽いギアを回されている。
これくらいでそのギアは軽過ぎるなと思ったので、少しその事についてアドバイス。
余計な口出しになったかも知れないな?
峠のピーク辺りでスパートを掛ける余力があったので悪くは無かったが、直前で息切れは目測を誤ったとしか言えなかった。

峠を越え、再び前に出て朽木の休憩場所を目指す。
峠からは緩い下り基調なので、スピードに乗る事が出来る。
ただ、先に進むにつれ回復してくると思った天候だが、出発当初より分厚い雲に覆われて、これから雨が降ると言われても疑問を感じないものになっていた。

休憩を終えて二つ目の峠である檜峠では、花折峠でアドバイスした事を私が実践して見せる事にしたのだが、上手い具合に斜度が合わず不発な感じで終えてしまった。
そして最後の水坂峠。
これが思った以上に緩くて短い峠だったので、何も出来ないまま越える事になってしまった。

R303に出ると小浜までは下り基調。
しかも追い風が吹き始めている。
あまりにもスピードが乗るので帰り道が若干心配になる。

目的のお店への到達時刻が早まりそうだったので、進路の分岐点でtsuboさんに相談。
「このまま行くと早く辿り着きそうなので、湧き水が出ている場所があるので立ち寄ってみます?」
と尋ねたら、問題無いと言う事なので、名水百選にも選ばれている『瓜割の滝』を目指す事にする。
寄り道にならないくらいの寄り道な上、ボトルの水も乏しくなっていたので、私自身も立ち寄りたかった。

ルートを大通りのR27に変更して、そのまま小浜方面に向かい、程なくして『瓜割の滝』の水汲み場に辿り着く。
瓜割の滝へはクリートの付いたシューズでは向かいたくないので、その旨は伝えてあった。

2015071401.jpg
瓜割の滝の水汲み場。
平日にもかかわらず、ひっきりなしに水を汲む人が訪れる。

ボトルへの補給を済ませると、いよいよ『こだま食堂』を目指すが、営業時刻が私の思っていた以上に遅く、先に海の見える場所を目指そうと言う事になった。
ただ、天候は一向に回復の兆しは無く、どんよりとしたままなので海の色は望むべくも無い。

R162との交差点から川沿いの道に入り、適当に迷いながら小浜湾の見える場所へ。
どうやらこの場所がかつての朝の連ドラ撮影場所になった所みたいだ。

2015071402.jpg
『ちりとてちん』と言う立て札…と言うか看板にそう書かれていた。

近くに小浜城址もあるようなので立ち寄ってみる事に。

2015071403.jpg
小浜城址の中には小浜神社が建立されていた。

『こだま食堂』の詳細な場所はtsuboさんのスマホに頼りながら、向かう事になってしまった。
事前に頭の中に叩き込んでおいた地図は、最初に迷った段階で霧消してしまった。

開店時間前に目的地に辿り着いて、店の前で待たしてもらうことにする。
しばらくして開店の合図があったので、一番に席に案内されたが、既に外で待っている人でキャパは一杯になりそうだった。
平日にもかかわらず、この盛況振り。
休日だともっと酷いだろう。
しかもこの店の特徴から言って、開店効率は良くないだろうし。

メニューを見る前から注文するものは決まっていたが、念のため確認しておく。
確認して、決めていた物を注文するが、注文の仕方が悪かった…と言うか、カツ丼は全てわらじカツになっていると早計してしまって、普通にソースカツ丼を大(3枚)で注文してしまう。
tsuboさんも気付かずにタルタルソースカツ丼を注文しているし。
注文が通った後に、違う席の方が「わらじカツ丼」と注文しているのを聞いて、間違った事に気付いてしまうが後の祭り。
仕方が無いのでそのまま注文した物が出てくるのを待つ。

2015071404.jpg
ソースカツ丼大。
わらじカツ丼に負けず劣らずのボリューム。
おそらく肉の量的には変わらない。
値段も同じだし。

そして、この店の開店効率が悪いと言う理由のひとつが、注文したメニュー以外のご飯や味噌汁、カレーにシチュー等と言った、最後の一押しが食べ放題になっている。
(注文したメニューによっては食べ放題が付かないけれど、ほとんどのメニューで付くみたいなので、例外は少ないかと)

私も小皿にカレーをよそい、食後のコーヒーを頂いた所でお腹が一杯になった。
重たいお腹を抱えながら帰路に就くが、にわかに天候が回復して、日差しが痛くなってくる。

気温の上昇だけではない。
ここに辿り着くまで追い風だったと言う事は、余程の事が無い限り、帰りは向かい風。
ある程度覚悟はしていた物の、現実となって身に降りかかってくると気が滅入る。
しかも余計な事にその強さは明らかに増していた。

瓜割の滝に立ち寄らなければ通る予定だった県道24号走る。
この県道が田んぼの中を突っ切る感じで、遮る物が何もない。
そのお陰で、風をまともに受けてしまって、スピードが全くでない。
かなり進んだと思ってみても、その距離は大した事が無かった。
こんな状況ならR27の方が良かったか?

なんとかR27をオーバーパスで越える所にあったコンビニに立ち寄り早めの休憩。
ここから朽木まではコンビには無いし…
と思っていると、tsuboさんから道の駅に立ち寄って欲しいと提案。
まあ、この状況なら細かく休憩した方が得策だ。

進路が少し南よりに変わったので、向かい風も少しは角度を変えるだろうと思っていたが、何故か常に向かっている。
これは一体何の修行だ?
山に近付けば多少なりとも収まるかと思ったけれど、少し考えが甘かった。
熊川宿の道の駅に立ち寄り、日陰のベンチで横になる。
近くに水道の蛇口があったので、それをひねってみると冷たい水が出てくる。
これを頭から被ってクールダウンしてみるが、効果は長続きし無さそう。

道の駅を出てからしばらくは風も少しだけ収まってくれたように感じ、R367に入れば風向きもマシになるかと思ったけれど、これも何故か向かい続ける風だった。
登り基調がとても長く続くような気がした。
心拍数はある程度抑えられているけれど、それ以上に疲労している。
後ろを気遣っているつもりだけれど、振り返って確認する余裕は少なくなってきた。

ギアチェンジの音で付いて来ていると感じてはいたが、気が付けば離れている事も。
これだけ風が強いのだから離れてしまうと差は広がる一方になるので、その度に足を休めるつもりで追いついて来られるのを待つ。

朽木のコンビニで気分的な最後の休憩。
次の休憩地点に辿り着いていると、道は下り基調、もしくは平坦が残されているだけになっているだろうから。
長めに休憩を取り、水分も切らさないように補給。
風は相変わらず強く向かっている。

しばらくは平坦に見える登り基調が、トンネルが連続しだす辺りで勾配を強めてくる。
この辺りが我慢のしどころ。
トンネル内のひんやりとした空気に一時的に癒されながらも、ペダルを回さないと後退してしまう。
回し続ける事が先へと進む力となる。

花折トンネルを越えると後は下りか平坦のみとなり、少し気持ちに余裕が生まれる。
と同時に油断も生まれる?

2015071405.jpg
花折トンネルの南側出入口。
ここがコース中の最大ピーク、なのでどうしても気持ちが緩んでしまう?

油断してはならないけれど、tsuboさんは少しそう言う気持ちになったみたいだった。
引き締める為にも?下りだからと前を走ってもらう事にする。

琵琶湖大橋の袂まで順調に牽いてもらって、そこから再び私が前。
琵琶湖大橋の上では強風に煽られ、危険な場面も。
なぜこの時間になって風の勢いが強まってくるんだ?
しかも帰る方向に対して向かっているではないか!
散々向かい風の中を走ってきて、疲労も蓄積しているので、平坦とは言えもう走りたくない。

琵琶湖大橋東詰めのコンビニで、本当の最後の休憩。
いつも最後の休憩にはアイスで〆る。
今回もその例に漏れずアイスで〆た。
そしてtsuboさんとのお別れポイントを確認して、強風に立ち向かいながらペダルを踏みしめて行った。

今日のルート

復路のほとんどで風に苦しめられるとは想定外だった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>tsuboさん
風には悩まされましたね。
私自身も一杯だったので、あまり後ろの様子を伺う余裕が無かったのが反省点です。
私も連日のロングなので、少しは回復走を入れて調子を整えていこうと思っていますが、台風の影響で思うように走れないとなると…
これもまた悩ましいですね(笑)
次の企画は少しハードになるかもしれませんが、それでも良ければ(笑)
【2015/07/15 19:19】 URL | ドギー #- [ 編集]

>サイさん
月曜日は休みだと思っていたので、端から頭にありませんでした…
営業していたんなら立ち寄ったんですが…
【2015/07/15 19:15】 URL | ドギー #- [ 編集]

向かい風
イヤァ復路の向かい風は辛かったですね^^;暑さとのダブルパンチのさなか一心に前を牽いてくれたドギーさんに感謝です(^-^)最後一人になってからはもう20キロも速度だせずにヘロヘロになりながら帰りました。
さすがに少し疲労も残っているので数日は回復走くらいにする予定です。木曜から台風の影響でそうなので迷うところですが休みますっ‼︎(≧∇≦)またぜひ走りに行きましょう!その時を楽しみにしています。
【2015/07/15 07:55】 URL | tsubo #- [ 編集]

あれ?
ドギー様

ロッ ロヴィニは?!
【2015/07/14 23:17】 URL | サイ #Pe0og0Jg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2737-710bc4c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking