FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



夏の東北超級山岳シリーズ・鳥海ブルーライン編
ねぶた祭りにかこつけて、その道中にある東北の山々…とりわけ、STRAVAでHC(超級山岳)に指定されている…を走ってみようと計画を立てていました。
東北六県の有名なヒルクライムコースを走ってみようと計画を進めた訳ですが、六県全てを走るには時間が足りなさ過ぎました。
と言うよりも、ねぶた祭りの途中で仕事の都合上帰らなくてはならなくて、ねぶた祭りをギリギリまで楽しむと往路だけ、ヒルクライム重視で楽しむとねぶた祭りがほとんど楽しめません。
そんな時間の無い中で、どれだけ両方を楽しめたのか?
上手い折衷案は見つかったのか?

2015の夏は、東北の山々と夏祭りを大いに楽しみたい。

2015080715.jpg
磐梯吾妻スカイラインの浄土平にて(※扉写真は本文とは関係ありません)。

----------・----------・----------
ねぶた祭りの会場は青森県青森市。
そこに向かうまでに通過する場所で目ぼしいヒルクライムスポットは、鳥海ブルーラインに八幡平アスピーテライン。
そして会場から向かえそうなスポットは八甲田ゴールドライン。
帰りに通過しそうなスポットは蔵王エコーラインと磐梯吾妻スカイライン。
どれも名だたる観光道路で、単に走るだけではなく、景色も楽しめるのが大きなポイントになっている。

先ずは鳥海ブルーライン。
山形県側と秋田県側、両方から登るつもり。
上手い具合に両方の麓には道の駅があり、そこから出発出来る。
しかも両方とも温泉が近く、ヒルクライムの後の汗を流すには持って来い。
山形県側の道の駅『鳥海』の方が家からも近いし、ブルーラインへのアクセスも少しだけ良さそうだったので、迷わずこちらを選んだ。

7/30の9:00頃。
車に荷物を積み込んで出発。
ナビに目的地を入力すると、意外と時間が掛かる事が分かった。
高速を使わない条件で、だけど。

自宅から琵琶湖大橋を渡り、R161を北上し、福井県内に入ってからはR8を北上。
新潟県に入るまでは何も考えずにR8を進むだけ。
そして柏崎からR116で新潟市内を目指す。
新潟市内で再びR8と合流し、そしてひたすらR7を北上する事になったのだが、あたりはすっかりと暗くなってきていた。

山形県内は暗い所を進んだのでほとんど印象に残らず。
ただ、天気予報は曇りのち晴れだったのだが、夜になって所々で強い雨に出会う。
明日の天気が少々心配になり、そして日付が変わった所で道の駅『鳥海』に辿り着く。
車中泊出来る様に、予め自転車を助手席側に寄せて積んであるし、一人分の寝床の確保は難しくなかった。

2015080701.jpg
道の駅『鳥海』にて。
所々、昨夜の雨の爪痕が残っているし、天気も予報ほど良くない。

少し天気の回復が遅い気がしたけれど、最初から躓く訳には行かないと思って準備を進める。
準備を済ませてブルーラインへと漕ぎ出して行くと、少し霧雨の様な物を感じた。
きっと気の所為だ…天気が悪いと思考まで後ろ向きになるからな…と情報をシャットアウトして出発地点へと向かった。

出発地点に辿り着くと、ピークまで16kmとの表示。
流石超級山岳である。
今までに経験した事の無い距離のヒルクライム。
ただ、一気に上るのは経験が無いけれど、トータルして考えると十分にクリアしてきた距離だ。
心拍数を必要以上に上げず、マイペースで進めば恐くは無い。

160bpmで行けば大丈夫かな?
と思って進み始めると、170bpm近くまで上昇しだす。
流石にこれ以上あげるのは不安だったので、これを限度に進んで行く。
少し霧が濃くなってきた、と同時に路面もハーフウェットになってきて、通る場所が限定されてきた。
幸いだったのは早い時間なので、車通りがほとんど無い事だった。

16kmかぁ…一体どれくらい掛かるのだろう?
進み始めるとご丁寧に県境までの距離が小さく表示されているのに気が付いた。
「県境まで12km」
まだそれだけしか進んでいないのか。

県境までの距離がカウントダウンされて行くのと同時に、霧がさらに濃くなり、やがて霧雨のような状態に。
路面はすっかりフルウェットになり何処を通っても同じ状況。
さらに高度を増していくと、視界がほとんど無くなり、斜度の状況が全くつかめなくなってきた。
時折対向してくる車は突然現れるような感じで、自身の存在をアピールしておかなければ危険な目に遭いそうだったので、前後ともライトを点灯させる。

周りの木々が低くなってきているのを感じるが、霧で視界を奪われたまま。
晴れていればここから素晴らしい景色が見られた事だろう。
条件的には引き返したくなる状況だったが、ここまで登ってきてピークを見ずに引き返すことは出来ない。

心拍は170bpm前後で安定して、思った以上に辛さを感じない。
霧で体が冷やされている事が大きいのか、はたまた視界を奪われたままで斜度の状況がわからないのが精神的に良いのか。
峠道で孤独と戦っている。
時折近付いてくる車の音に気をつけて、私の存在に気付いて欲しいと願うばかりだった。

やがて県境までの距離が2kmとなり、ピークが近い事が伺い知れた。
状況は変わらないままだったけれど、登りきれる事は確信に変わった。
残り1kmの表示は見落としたけれど、斜度が緩やかになりやがて下りに変わった。
そして秋田に入った事を知らせる看板。
100m足らず進んでも下りだったので、すっかりピークだと思い込んで引き返した。

2015080702.jpg
県境付近の鳥海山の登山道入口にて。
この時にはピークに辿り着いたとばかり。

本来なら秋田県側に下って登り返すつもりだったけれど、条件が悪過ぎて山形県側だけで済ませる事にした。
フルウェットで、しかも視界の悪い下り坂はとても気を使う。
旅は始まったばかりなので、ここで落車などをして怪我をしてもつまらないし、必要以上にスピードを殺した。

無事に麓まで降りて、道の駅に引き返す。
自転車を仕舞い込んで、着替えを済ませると、少し落ち着いて地図を眺める。
そこで気が付いた。
「俺はひょっとしてピークに辿り着けていないのではないか?」
この『鉾立展望台』ってのがピークな気がする。
視界さえ良ければ、秋田県側に入って少し下っても、その先に登りがあると分かった筈だ。
視界の悪さがここに来て後悔を生ませる要因になった。
これはいつかリベンジしなければ!

少し気落ちしてしまったけれど、万が一、STRAVAでセグメントが設定されていなければ、県境までの区間を自分で作れば良いかと気持ちを切り替えた(結果的には県境ではなく手前の太平山荘までがセグメントに設定されていたので、新しい区間は作らなかった)。
でも、どうせなら鉾立展望台まで走りたかった。

落ち着いた所で、近くの鳥海温泉『あぽん西浜』へ移動し、温泉を堪能。
秋田県側のヒルクライムをキャンセルしたので、時間的余裕も出来た。

2015080703.jpg
あぽん西浜にて。
あぽんとはどう言う意味なんだろう?

温泉を後にすると秋田県側に移動して、道の駅『象潟』で朝食を。
ここに来てにわかに天候が回復しだして、さらに後悔が押し寄せてきたが、鳥海山方面を眺めると分厚い雲に覆われたまんまだったので溜飲を下げる事が出来た。
そして事件はここでもあった。
間抜けな事に、車のテールゲートを閉める際に、ゲートの角で頭を強打。
しばらくその場でうずくまっていたけれど、手を見ると真っ赤に染まっていた。
手持ちの水で傷口をゆすいで、ティッシュペーパーで押さえてしばらく様子見。

頭の傷は「流血が凄いけれどすぐに収まる」と聞いていたので、押さえたままでしばらく過ごす。
流血こそ収まったけれど、傷口からはじわじわと血が流れ出ていた。
痛みもなかなか消えないし…
暑さがぶり返してきた所為だろうと、車の中に入り、エアコンを強めに効かせて出発する事にした。
じっとしたままでは埒が明かないし。

R7を北上し、由利本荘から県道49号へ。
天気はさらに回復してきて、遠くの山々の稜線がはっきりしだす。

2015080704.jpg
この場所からでも鳥海山が良く見えるらしいけれど、まさか見えていないよね?
見えていたらショックがでかいけれど、見えていない様にも思えるし、多分あの厚い雲の向こうのはず。

協和からR341で角館方面へ。
時間的にも余裕があったので、古城山展望台に上がってみる事に。
入り口がとてつもない激坂だったので、自転車なら登れるだろうかと較べてしまう様になった。

2015080705.jpg
入り口の坂も激坂だったけれど、管理用道路もなかなかの斜度っぷり。

2015080707.jpg
内側に車の底が擦った跡。
ここが一番の激坂部分だけれど、この先も強い斜度が続くし、自転車ではおそらく登れそうにもないと感じた。

2015080706.jpg
展望台から角館の町を見下ろして。

角館からR105を北上するルートをナビは示した。
何の疑いもせずにそのルートを走っていると、どうやら県道132号を経由してR341へと抜ける感じだった。

八幡平へは秋田側からアプローチする。
何故そうしたのかと言うと、岩手側から登ってきて、秋田側に下って行くと麓には補給できるお店が何も無いのが分かっていた。
厳密に言えば麓まで下ってR341を鹿角方面にさらに下ればある事にはあるけれど、かなり効率が悪い気がした。
なので秋田側から登り、岩手側に下って補給し、登り返すのが補給の点から見れば効率が良い。

そこでナビの示したルートでは買出しが出来ないと判断し、県道38号で田沢湖に抜け、田沢湖の町の中で買出しを済ませようと急遽ルート変更。
この判断はかなり良かった。

2015080708.jpg
折角なので田沢湖の畔で小休止。
ここは御座ノ石神社。

2015080709.jpg
田沢湖の辰子像は金ぴかで有名だけれど、ここの辰子像は金ぴかではない(笑)

無事に田沢湖の町内で今晩の夕飯と明日の朝食、そして補給食の買出しを済ませると八幡平の秋田側の麓へと向かう。
道中に東北最大のダムである玉川ダムがあったので立ち寄る。
鳥海ブルーラインの秋田側をキャンセルしたからこそ出来た余裕。
いやホントはこんな余裕は欲しくはなかった…

2015080710.jpg
玉川ダムの展望台はなんだかやぐらみたい。

2015080711.jpg
なんとかの鐘(適当)

2015080712.jpg
ダム湖百選に選ばれている宝仙湖。

2015080713.jpg
重力コンクリートダムの玉川ダム。

2015080714.jpg
その下流側。

最後に資料館で残り2枚になっていたダムカードの1枚を貰って、今日の宿営地の後生掛キャンプ場へ。
そこで車で旅している人と軽く晩酌をして、明日の超級山岳へと備える事にした。

八幡平アスピーテライン編へつづく

今日(7/31)のルート【自転車のみ】

本当に条件が悪かったのが悔やまれる。
これはリベンジせずにはいられない!
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2752-fe953c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking