FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



夏の東北超級山岳シリーズ・八幡平アスピーテライン編
鳥海ブルーライン編からのつづき

天気予報とはとても微妙だったけれど、昨日と較べれば随分とマシな気がしたので、予定通り八幡平アスピーテラインの秋田側と岩手側を走る予定。
雨さえ降らなければ路面状況は大丈夫だろう。

2015080801.jpg
八幡平アスピーテラインから岩手山を望む…が…(※扉写真は本文とは関係ありません)。
----------・----------・----------
雨が降り出せば、秋田側だけで引き返しても良い。
そんな後ろ向きな考えだったので、準備はそんなに早く進まなかった。
とは言え、自転車を降ろし、着替えを済ませるとキャンプ場を後にして、アスピーテラインを秋田側に下って行く。

2015080802.jpg
車中泊なら駐車料金400円に施設利用料100円を加えて500円。
とても管理の行き届いたキャンプ場なので、オススメ。

そう言えば、キャンプ場にチェックインする時「最近ツキノワグマが毎日の様に見かけられるのでご注意下さい」と言われていたけれど、見かけた場合は「下って逃げるしかないな」と心の準備だけはしておく。

数km下ってR341に出ると、いよいよここから登り返して県境を目指す。
STRAVAでは2級山岳が(中間地点を空けて)連続している区間なので、通して走ればきっと超級山岳に指定されるはず(実際に区間を作成するとHC)だと確信して登り始める。
県境までは16km。
昨日登ったばかりの鳥海ブルーラインと距離は同じだが、標高差は良く分からない。
前半のビジターセンターまでの区間は勾配がきつめ。
そして決して気を抜けない中間地点を挟んで、後半のやや勾配が緩む区間へ。

前半は170bpm前後の心拍数でペースを刻んで、オーバーペースに気をつける。
意外に早く前半区間を終えると、少し気持ちが楽になった。
後半区間との繋ぎの部分である中間地点はやや斜度が緩むが、決して気を抜けない区間だった。
そして後半区間の始まる蒸ノ湯を過ぎて行くと、またしても霧が濃くなり始めてくる。

太陽の日差しを遮ってくれるのは有り難いし、体温の上昇も抑えてくれる。
ただ、斜度の変化が全く分からず、ギアチェンジに苦労する。
標高を上げるにつれ酷くなる霧…と言うか雲の中?

今回も少し朝が早かったので車の往来が少ないのが助かる。
心拍数は170bpmを少し上回った所で張り付いていたが、疲労感は少なかった。
そして道が緩やかになり、明らかに下り始めるとスパートと行きたい所だったが、視界の悪さがそれをさせなかった。

「結構下るな?」
そう思うと同時に、少し登った所が県境だった。
いや、霧の中から突然現れた感じがして、使い切れなかった。
まあ、岩手側もあるし使い切る必要は無いのだが。

2015080803.jpg
本当に突然現れたピークの県境。
あまりの唐突さに拍子抜けする感じだった。

雨は降っていない。
路面状況も完全に乾いている。
回復を期待して岩手側に下り始めた。
下っている最中に岩手側の斜度の様子を見ていると、秋田側より緩く感じて、これならペースを上げても良さそうな気がした。

2015080804.jpg
下りは写真撮影を楽しみながら。
雨が降るかも?と思って、カメラは携帯のみ。
この後、天気が回復してきたのでかなり後悔。

2015080805.jpg
こちらが源太岩。
更に上の写真は岩手山方面。

2015080806.jpg
岩手山展望台だけれど、肝心の岩手山は雲の中。

2015080807.jpg
アスピーテライン上部は森林限界で木々が低く、眼下の樹海の様子が良く分かる。

アスピーテラインの後半部分は斜度がきつくなく部分的に下りも含まれるので、源太岩辺りまで登ってくるとスパートしやすそうだった。
そして前半部分へと下って行くが、スノーシェルターの連続する区間は斜度がきつめなので、ここをどれだけ我慢できるかがポイントに思えた。
天候はにわかに回復しだして、日差しが突き刺さるようになる。
岩手側を後半にしたのは補給の為でもあるので、東北自動車道の松尾八幡平方面へと進んで行く。

緩い下り坂をかなり進んだ所でコンビニを発見し、休憩と補給。
休憩中は日陰を探さなければならない程だった。
補給を済ませて休憩を終え、岩手側のアスピーテラインへと向かう。
ご丁寧に八幡平までの距離が出ていて、心が折られそうだった。

25km。
それが休憩地点から県境までの距離だった。
全て登り基調。
しかも県道23号に入ると本格的な登りが始まり、それが19km強続く。
後半に少し緩む事だけが期待できる。

2015080808.jpg
天気は回復してきたが、相変わらず岩手山の山頂は雲に覆われている。

日差しが戻ってきて、気温が明らかに上昇してきた。
心拍数は180bpmを時折越え、ペースダウンを余儀なくされる。
スノーシェルターは日除けになると期待したが、空気が滞留するので蒸し暑い。

スノーシェルターの連続区間を抜けると、空気が乾き、風が涼しく感じる。
結構登ってきたんだろう。
この辺りから斜度が緩むはずなのに、ギアは固定のまま。
流石に疲れが見えてきた。
ペースを維持するので精一杯。
腰の辺りにも違和感が出てきて、必要も無いのにダンシングを交える。

日差しは相変わらずだが、見晴らしは良くなって来ない。
そして風が強くなってきたと思ったら霧が立ち込め始めた。
恨めしい事に風は向かっている。
これは霧が立ち込めたと言うよりも、雲の中に突っ込んで行った感じだな。

折角斜度が緩み始めたのに、向かい風のお陰でペースは変わらないまま。
いや、むしろダンシングを封じられた感じと疲労で気持ち的にはかなり辛くなってきた。
視界が奪われてしばらくすると右手に駐車場が現れた。
これはピークまであと少し。
最後の力を振り絞って県境のピークへ。
ある程度分かっていた事だが、見晴らしは当然良くない。

2015080809.jpg
再びアスピーテラインのピーク(見返峠)へ。
登っている最中は雲が晴れている事を期待したけれど、案の定…

スタート地点の後生掛キャンプ場まで下り、撤収を済ませると近くの後生掛温泉へと向かう。
キャンプ場で割引券をもらっていたし、何よりここの温泉は温泉のアミューズメントパークと言って良いほどの湯船がある。

2015080810.jpg
温泉のアミューズメントパーク後生掛温泉。

2015080811.jpg
湯治場にもなっている模様。

7つの温泉を堪能し、本来の目的地、青森市を目指す。
R341に出て鹿角の市内へと向かい、そこから県境を越えてR7で向かうのが距離が短くて簡単だが、面白くない所も通る。
そこで、鹿角から十和田湖方面に向かって、奥入瀬渓流を経由して、走ろうと思っていた八甲田ゴールドラインの様子を見ておくのも良さそうだと思い、そのルートを通る事にした。

鹿角の市内からは県道66号からR103に出て発荷峠を越える。
峠を越えると目の前に十和田湖が広がってなかなか雄大。

2015080812.jpg
発荷峠の展望台から十和田湖を望む。

十和田湖湖畔に下りると、南側を回って奥入瀬渓流へと続く道に入る。

2015080813.jpg
秋の奥入瀬が一番有名だが、夏場も捨てた物じゃない。

奥入瀬渓流を抜け、ゴールドラインのピーク、傘松峠を目指すが、なかなかの激坂ぞろいで心配になってくる。
が、激坂の揃っている部分は谷地温泉までで、峠を越えるとアップダウンが続いてヒルクライムとは少し趣向の違うルートな気がする。
なるほど、これがSTRAVAでセグメントを設けられていなかった訳だ。
走ろうかどうしようか迷いつつも、ルートのチェックをしながら青森の市内へと向かう。
スタート地点が良く分からないけれど、セグメント中に信号が2回含まれている様な所もマイナスに感じる。
そして何より、ねぶた祭りの臨時キャンプ場からヒルクライムのスタート地点に立つのに一苦労するだろう。

ねぶた祭り編につづく

今日(8/1)のルート【自転車のみ】

マイペースなら超級山岳を2つ越えられる事が分かった。
思いもよらず、KOMも獲得出来たし。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2753-8b0a0019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking