FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定を少々?変更して
前回、前々回から募集していました秋の味覚(特に栗)ツーリングですが、予想通りと言うか予想外と言うか、BiwakoCycling(以下ビワサイ)のメンバーとのツーリングになりました。
ビワサイの朝練も兼ねているし、行っても良いよと言う人が現れるのは予想していましたが、その行程を知らずに誘われるがまま来るメンバーも居たので、予定を少々変更して向かう事にします。

と言うか、参加メンバーのイニシャルdさんにこうしようと提案されて、それを呑んだだけなんですが。

2015100401.jpg
こんな素晴らしい天候の日に遠出出来るなんて、恵まれていますね。

提案されたのは、鯖街道をキャンセルして、代わりに奥琵琶湖パークウェイ(以下奥琵琶湖PW)を走ろうと言う事。
まあ、ここは余裕があればと言う話なので、その余裕を作ってもらう事になり、そして、東近江市内で行われているエンデューロレースに、ビワサイメンバーが参加しているので、それの応援に行こうと言う物。

となると、応援するには時間に間に合わせないと。
と言う縛りが出来た。

奥琵琶PWは自転車で初めて走る場所なので、何度か通っている鯖街道よりは楽しみでもあるし、エンデューロの感想も聞きたかったので快く承諾する。
そしてイニシャルdさんは他にもメンバーを誘って、同行するメンバーはオペラM君に、KAMIYAさんは途中までと言う形になった。

朝練の往路を終え、琵琶湖大橋を渡り、琵琶湖西岸を北上し始める。
打ち合わせではKAMIYAさんが新しいチェーンリングを手に入れたから引き返すまで引っ張ってやろうと言う話だったけれど、やや車の往来が多い所なので私が引っ張る事にする。
あのチェーンリングに引っ張られるのは、色々と危険がはらむ…特に精神的な。

車の往来が煩雑な所や、信号停止の重なる区間を過ぎると、イニシャルdさんが前を引いてくれる。
しばらくはそんな形で進みながら、そろそろKAMIYAさんが引きたい頃合かな?と後ろを確認すると、オペラM君が遅れていた。

朝練でKAMIYAさんにつき合わされて少々疲労気味の様子。
にもかかわらず、KAMIYAさんに「前を引いて」と言う間違ったお願いをして、すぐに「強く引かないで」と念押ししなければならなかった。

折り返し地点のコンビニまで引いてもらって、ここでKAMIYAさんとはお別れ。
緩い追い風の中の走行だったので、折り返していくKAMIYAさんは緩い向かい風の中を、あのチェーンリングで戻らなければならないのかと思うと、少し不憫に思えた。

小休止を終え、再び私が先頭で北上し始める。
白髭神社に差し掛かった時に、後ろから何か合図があった。
「え?まさかここで記念撮影?」
白髭神社は初めてビワイチをする人にとっては、先ず立ち止まる場所。
良い天気なので、そう言う事かと思ったけれど、実情はかなり違った。
イニシャルdさんがパンクしたのだった。

2015100402.jpg
ちゃっかり記念撮影(笑)

2015100403.jpg
それ所ではないイニシャルdさん。

パンクの修理をあらかた終え、空気充填の段になって、私が代わってポンピングしていると、後ろから声を掛けてくるローディーが。
「空気入れありますよ、目安になる目盛りもありますから」
と、私個人的には有難迷惑な感じもしたので「大丈夫ですよ」と断ろうとしたのに既にその空気入れの準備をされていたので、あたりの空気を読んで「折角なのでお借りしましょう」とセットした空気入れを外して、その空気入れをお借りした。

イニシャルdさんに空気圧を確認し、規定圧まで入れると「ありがとうございました」とお礼を述べてその空気入れを返して、出発しようとした。
所がイニシャルdさんとそのローディーの方は家が近所と言う話題から、一緒に如何ですかと、このツーリングに誘っているようだった。

なんだろう?この変な違和感は。

再出発するとその方は列車に混じっていた。
まっ、良いか…と時間を眺めつつ、エンデューロの応援もあるし、少し強めで引っ張る事にした。
バイパス然とした道を快適に進む。
しばらくしてイニシャルdさんから、「もうちょっと抑えて」と言う声が。
「分かりましたと」少しペースを抑え、しばらく進むと…
「あの人より、オペラM君が離れて行ってる」と耳打ちするように伝えてこられた。
これはこの先どうなってしまうんだ?

後ろの様子を確認しながら、ペースも落とし過ぎないように、最初の目的地マキノ高原へと入って行く。
さっきの小休止からかなり走ってしまっている。
もう一ヶ所何処かで休憩するべきだと思ったけれど、非常に中途半端で判断に迷う位置関係だった。

2015100404.jpg
最初の目的地、マキノピックランド。

2015100405.jpg
お目当てのジェラートはマロンとマキノ茶のダブルで注文。

ジェラートを堪能しながら休憩。
この後の予定と、このツーリングの目的をようやくオペラM君へと伝えた。
意味も分からず、イニシャルdさんに誘われるがままに付いてきたオペラM君の気持ちは察する事が出来ない。
そして白髭神社でピックアップしたローディーの方。
あの時感じた違和感が、朧気ながら形を見せてきた。

イニシャルdさんやオペラM君はどう感じたかは分からないけれど、私には何処か見下した感じで会話してこれらる。
本人にそんな気は全く無いのは分かっているけれど、言葉の端々に何故かそれを感じてしまう。
適当に相槌を打つしか会話をしなくなった。

マキノピックランドを出ると、オペラM君はR161に出たがったけれど、折角なのでメタセコイアの並木道を通り抜ける事にした。
後で確認すると結構な遠回りだったので、少し反省。

2015100406.jpg
メタセコイアの並木道。

並木道を通り抜け、道なりに進んでR161へと出てくる。
そこを右に折れ、海津大崎方面へ。
左に折れてR303方面でも良かったけれど、少しでも登り基調の道は避けたい様だ。

海津大崎を進んで大浦で奥琵琶湖PWに向かう面子とそれを避ける面子に分かれる。
向かう面子は私とイニシャルdさん。
避ける面子はオペラM君と件のローディー。
集合場所で結構待たせる事をイニシャルdさんが伝えて、奥琵琶湖PWに向かって進むが、オペラM君には悪い事をした感じがする。

車の往来が少ない奥琵琶湖PWへと向かう道を進みながら、本当に良い天気になったとイニシャルdさんとしゃべりながら進む。
こんな日にここに来れて良かった。
思った以上に遠い道のりを経て、奥琵琶湖PWのゲート前に辿り着くと、イニシャルdさんに「先に行って良いよ、走りたいんやろ?」と言うお言葉に甘えつつも、もうひとつやる気が起きないながらもスピードアップを図る。

私にいつも火を点けるのは前走者。
コーナーをひとつ曲がった所で、二つ目のコーナーに差し掛かろうと言うローディーが目に飛び込んだ。
姿は遠かったけれど、勢いを感じた。
目標はあのローディー。
さらにスピードを上げてそのローディーを追いかけた。

あっという間にそのローディーに追いつくと、その勢いのまま追い越した。
追い越しざまに挨拶をして、その勢いを保つ。
追越をかけておきながら、途中で失速するのは恥ずかしい。
おそらく、私の姿はすぐに見えなくなっただろうけれど、そこで手抜きをする訳にも行かない。
手を抜く事無く、展望台まで駆け上がると、脚も心拍も限界に達していた。

いやぁ、追い込んだ…
今日はトレーニングのつもりで一人で走る予定だったけれど、意外にも同行すると言う人が居て、思いっきり走れなかったから、ここで使い切ったのは良かった。
中盤からは垂れない事だけを考えながら走ったけれど、序盤のハイペースはやはり祟ってくる。
息を整えつつ、イニシャルdさんが上がってくるのを待った。

イニシャルdさんが上がってきて「どうやった?」と言う質問に「吐きそうな位追い込みました」と応えると、そのまま残りの登りに取り組んだ。
展望台からも思った以上に登る。
すぐに下り基調になるかと思ったけれど、高度を保ったままの道からは琵琶湖の眺めが素晴らしかった。

2015100407.jpg
脚も心拍も一旦限界を迎えたので、付いて行くのに必死。

2015100408.jpg
走りながらの撮影だったので、その素晴らしさが伝わらないのが口惜しい。
言葉や写真だけでは伝わらない世界がそこにある。

ここまで来て、ここにやって来れないのはとても損だと思った。
オペラM君には無理してでも見て欲しい。
琵琶湖岸は目線の高さが精一杯だけれど、登れば登るほど素晴らしい風景が広がるのも事実。

奥琵琶湖PWを通り過ぎ、集合場所に指定していたコンビニへ。
そこで合流すると近くにあるラーメン屋…と言うか食堂へ。
前回のビワイチでも立ち寄ったので、連続してここで昼食を食べる。

2015100409.jpg
前回と同じメニュー。
数あるメニューの中でも、どうしても目に飛び込んでくる。

昼食を食べながら、時間を眺めるとそれほど余裕のあるものでもない。
モンブランを予定していたけれど、それを食べるとさらに時間を費やす。
心の中ではほぼスルーを決定。

昼食を済ませると、琵琶湖東岸を南下しなければならない。
ここまで緩い追い風基調だったので、多少の向かい風を覚悟していたけれど、幸運な事に風向きは変わっていた。
短い登りを越え、東岸に入るとスピードアップ。
とは言え、序盤でのオペラM君の調子を考えるとあまり飛ばせる物ではない。
追い風の力を借りつつ、程々のペースで進んで行く。

30分ほどが経った頃であろうか。
白髭神社でピックアップしたローディーが剥がれてしまった。
それに気が付いたのは後続だったけれど、遠くに視線をやっても姿が見えない。
スピードを落として待つ事も考えたけれど、応援の件もあってそれほど落とす事も出来ない。
涙を飲んでペースを気持ち落とすだけで先を急いだ。
いや、心の中ではガッツポーズを決めていたかも?

昼食から小1時間経ったので、休憩の為にコンビニに立ち寄る。
イニシャルdさんは遅れたローディーの事を気に掛けている。
流石、出来た大人の人だ。
口から出る言葉とは裏腹な気持ちは伝えないで置こう。

休んでいる内にそのローディーは追いついた。
イニシャルdさんはホッとした様子だったけれど、これでまたペースコントロールしなければならないかと思うと少し気が滅入った。
まあ、気にしないんだけれど。

ここからエンデューロ会場まではノンストップの予定。
オペラM君の調子を考えると難しいペースだけれど、残された時間も短い。
細心の注意を払いながら、会場へと進んで行くと何処かで飲み物の補給をしたいとのリクエスト。
自販機を探すよりコンビニを探し当てる方が簡単なご時勢、やはり自販機よりコンビニが先に見つかる。

コンビニで僅かな休憩の後、なんとか会場へと辿り着いた。
レースは最終盤に差し掛かっていて、僅かな時間しか応援できなかったけれど、参加したメンバーは皆良い表情だった。

日暮れの時間もあるし、長居せずに会場を後にする。
一人ならTTさながらで帰宅出来るけれど、序盤から遅れだしているオペラM君が気がかり。
とは言え、昼食からは遅れずに付いて来ている。
意外なほど粘りを見せてくれたので、なんとか日没直後に帰宅できた。

いきなりイニシャルdさんに誘われて、気持ちがロングに向いていなかったけれど、無事に送り届ける事が出来て私自身もホッとした。
大人数でのツーリングは計画よりも時間が掛かる事を痛感した一日だった。

今日のルート

奥琵琶湖PWでは結果が出せたので良かった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2785-4cb68307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking