FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



リサーチ不足の金トレ
『金曜日はカレーの日』
このフレーズに琴線が触れ、金曜日に時間が出来たならば『肉食堂最後にカツ。』のカレーを目的に走りたいと思っていた。
ただ、真っ直ぐそこに向かったのならば、あまりにも近過ぎて面白くない。
そこで、少々遠回りして向かえば良いじゃないかと思い立ち、『金トレ』と名付けていくつかのヒルクライムスポットへと向かうルートを考えてみた。
バリエーションに富んだ良いルートだと自画自賛してみたが、冬場に入って凍結が心配になってきた。

ようやく金曜日に時間が取れ『金トレ』に向かった訳だが、結末はお粗末な物になってしまった。

2016011501.jpg
カレーがお得な値段で食べられる?
これは一度賞味してみないと!
ちなみに29日は肉の日らしいが…

朝の早い時間は寒さが堪えるので、少し日が上がってから行動開始。
琵琶湖岸は西寄りの風が強く、とても走り辛い。
それでも日差しがある事に満足して、琵琶湖大橋方面に向かって北上する。

琵琶湖大橋の上もかなりの強風で、しかも向かっている。
意外にも前日の疲労が残っている感じがして、思うように脚が回らない。

琵琶湖大橋から途中越えは、R161のバイパスを潜った辺りから登り基調になる。
しばらく走って、斜度が強まりそうな所でウインドブレーカーを脱いでおく。
冷たい風が肌に刺さるが、運動強度が高まってくるとそれも気にならなくなってくる。

途中越えを越え、ウインドブレーカーを羽織ろうか思案するが、少し行けばまた峠を越えなければならないので、羽織らずに大原方面へと下って行く。
大原から江文峠を越え、花脊峠のスタート地点へと辿り着く。
そこの交差点にあるコンビニで小休止。
この先補給できる場所がないので、しっかり目に補給しておく。

ウインドブレーカーを羽織り、鞍馬温泉を目指す。
鞍馬温泉の手前、鞍馬寺に辿り着くと、ここでウインドブレーカーを脱ぐ事にする。
かなり寒いけれど、この先の運動強度を考えると利口だろう?

2016011502.jpg
ついでに記念撮影。

前日は回転重視とトルク重視でヒルクライムしたし、今日は適度なケイデンスを保って登ろうと思う。
裏花背はまた違ったプロフィールなので、両方ともこの案で。

前半に緩い部分があるものの、全体的には強い斜度が続く花脊峠。
見る見るうちにギアを軽くしていかなければならず、先が思いやられる。
今まではインナーローの1枚手前で登れていたけれど、今日はインナーローを使わなければならなかった。
序盤の緩斜面を過ぎた辺りから、はっきりと疲労が溜まっている感じがした。

強い斜度が続く場面はインナーローか1枚上げてダンシング。
ダンシングで使う筋肉も張りを感じる。
心肺にも余裕がなくなっている。
我慢の走行がピークまで続いた。

ピーク付近は凍結の跡がそこらじゅうで見られたので、花背方面に下って行くのに少し躊躇したが、これもトレーニングの一環だと言う事で下って行く事にする。
意外にも路面状況が良いのが気になった。
下っている途中でウインドブレーカーを羽織り、雰囲気のある道を下って行く。

何処まで下るんだ?
と思うほど下り、ようやく丁字路に出てくると、そこを折り返していく。
ただ、あまりにも寒さが堪えたのでウインドブレーカーは羽織ったまま。

2016011503.jpg
裏花背と呼ばれるルートのスタート地点。

ヒルクライムと言うには斜度が緩すぎる気がするが、脚に溜まった疲労はそんな緩い斜度にも負けそうにしている。
取り敢えず走りきる事だけを考えて来た道を引き返していく。
なんだか力の入らない感じで、ここまで下ってきて損した感じもする。
疲労だけが積み重なって行く気がした。

集落を越え、斜度が強まり始めた所でようやくヒルクライムしている感じがした。
があまりにも寒いので身体が思うように動かない。
日陰の部分が多く、その箇所は凍結の心配もある。
新しい舗装の杉木立の中を登って行くと程なくしてピークに辿り着く。
路傍の温度計は1℃を指している。

2016011504.jpg
今日二度目の花脊峠のピーク。
路面が黒光りしているので要注意。

ウインドブレーカーを着たままでも暑くなかったので、運動強度自体は大した事が無かった。
そして急な下り。
やはり通り過ぎる風は冷たく、はやく温かい場所へと行きたかった。

京都市内を通り、山中越えで滋賀へと戻る。
疲れてはいるものの、これくらいの峠なら問題なく越えられる精神力と体力は付いてきた。
これが最後だと思うと余計に気が楽になる。

琵琶湖岸へと出てくると、いよいよ今日の目的地『肉食堂最後にカツ。』へと向かう。
お腹のすき具合はイマイチだけれど、十分に大盛りは食べられそう。
早く温かい場所でボリュームのあるカレーを食べる事だけ頭のなかでリフレインしていた。

そして店舗の前に辿り着くとブラインドが下ろされている。
初めは売切れになったか?と思ったけれど、午後の営業が終わって夜の営業までの準備時間だった。
「は?」
たしか事前リサーチしたときは、この準備時間は無く、通しの営業だったはず。
近くにある系列店は確かにこの時間は準備中だったけれど、この店舗もそうだとは…

2016011505.jpg
なんか暗い感じがすると思ったら、準備中か…

時間を確認すると夜の営業までは30分以上ある。
寒空の下、一人で30分待つのは辛い。
って言うか、その時間があれば家に辿り着ける。
と言う事で、リベンジを誓って帰路へと就いた。

今日のルート

裏花背を省けば間に合ったのに…
まあ、これは結果論であって、色んな斜度を楽しめたと思えば、これで良かった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2810-5c7eda6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking