FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



金トレ・芹生峠ver.
先週に続いて、二週連続の金トレ。
ちょっと家庭の事情でごたついて仕事にならないけれど、この問題ももう少しで落ち着きそう。
そんなごたごたの中、居ても居なくても一緒なので金トレを実施。

先週は昼間の営業に間に合う為の短縮バージョン、今週は疲れが残っていそうなので微妙にやさしいバージョンにして、花脊峠に代えて隣の芹生(せりょう)峠を目指す事にしました。
花脊峠のプロフィール:距離5.6km・標高差492m
芹生峠のプロフィール:距離5.5km・標高差469m
うん、ちょっとやさしい感じがするね!?

これがとんでもない落とし穴だとは気付かずに…

2016021201.jpg
比叡山が望めるそうですが…

----------・----------・----------
金トレとは、金曜日にサービスされるカレーを食べる為に、お腹を減らすライド。
向かう先はどうしても登り多めになるので、筋トレにもなる?

前日に岩間寺をリピートクライムして疲れが残っていると思われるので、本来の金トレコースにしている花脊峠に代えて、隣の芹生峠を目指す事にする。
スタート地点も手前になるし、距離も標高差も僅かに少ない。
これで少し楽が出来るだろうと目論んでいた。

琵琶湖岸を北上ながらアップし、徐々に強度を高めて行く。
後半の琵琶湖大橋に向けての5kmは頑張り所。
心拍数も上げられたし、今度は途中越えを目指して強度は緩めずに向かってみる。

ランを中断するきっかけになった右の臀部から腰に掛けての違和感はやはり残っている。
残っていると言うか、酷くなっているかも?
ただ、ペダルを回すのにはそんなに支障は無い。

天気予報だと雨の心配はかなり少ないけれど、空模様はそうではない。
いつ降り出してもおかしくない雲行き。
降り出したら短縮するつもりで途中越えを越え、京都市内方面へ。
この区間も頑張れた…ペダリングを少し変えるだけで強めの強度でも頑張れた…と言うか。

下り基調の道で心拍を整え、江文峠は無理せず越えて、芹生峠に備えようと思っていた。
江文峠へ向かう入口付近で1台のローディー。
ほんの少し先行している。

頑張るつもりは無かったけれど、強度を上げずに走っていても差が詰まってくる。
仕方無しに上りが始まった直後に挨拶をしてパスし、少し強度を高めて行く。
前に出るとどうしてもゆっくり走れない。

頑張る予定じゃなかったのに頑張るしかない。
気持ち的には頑張りたくない葛藤の中で走っていると、ピークの直前でさっきパスしたローディーがシッティングで重いギアを踏みながら物凄い勢いで抜き去って行った。
ちょっと疲れているとは言え、あの速度差とペダルの踏み方は只者じゃないな…
さっきのアレは三味線?

実力差があると思ったので追い掛ける気も無かったけれど、何故か下り基調の続く道で差が詰まる。
追い越したいと思ったけれど、さっきの事もあるので前に出る事はしない。
なんせ、抜かれ際には挨拶もされなかったし。

時折、ケイデンス上げて…先程とは違ったペダリングを見せて…速度を上げるけれど、離される様な速度じゃない。
前に出たなら千切るつもりで頑張るのが礼儀じゃないの?
と思いつつも、休憩予定のコンビニの交差点まで辿り着くと、それぞれ別方向に進む事になった。

コンビニで小休止し、いよいよ芹生峠へと向かう。
初めて走る道だけれど、花背よりは楽に走れるだろうと高をくくっていた。

途中までは花脊峠へと向かう道と一緒だが、貴船神社へ向かう交差点でそちらへと入る。
しばらくして交互通行の信号に捕まる。
この区間はセグメントになっていたっけ?
捕まってしまったからには頑張る理由もなくなったし、気楽に登る事にする。

貴船神社の周囲の雰囲気は古き良き京都と行った感じ。
なかなか趣があってゆっくり走りたくなる。
これも帰り道で楽しむ事にして、観光客の目を気にしながらもひたすらピークを目指すが、この辺の斜度は思った以上に緩い。
なんだ、大した事無さそうだな…

貴船神社の奥の院を過ぎ、お土産物屋さん等が立ち並ぶ箇所を過ぎると、ようやく斜度が強まり始めた。
プロフィールではこれくらい無いとおかしいからな。
と、道の幅員が狭まり、舗装が荒れだして落石も目立ち始めると、芹生峠が本領を発揮し出して来た。

斜度が強まり始めたと思った尻から、激坂に次ぐ激坂。
激坂に対抗しようとダンシングすると、路面が濡れたり荒れたしているからトラクションが抜けて後輪が空回り。
半ば強制的にシッティングに切り替えなければならない場面も増える。

こんな場所でパンクでもしようものなら生死に関わるんじゃないかと、路面に散らばっている落石に気をつけながら登るのは、気疲れも手伝って非常に疲れる。
濡れた落ち葉も恐い。
何でこんな所を走っているんだ?と自問自答。
時期的にコンディションが悪すぎる。

それでも折り返す選択肢は無かった。
崩落箇所があったり積雪、凍結等で通行不能で無い限り。
うねりながら道は折り返したり、真っ直ぐ伸びたりと心を折りに来て、ピークも何処にあるか検討がつかない。
目の前の激坂をひたすらクリアして行く。
これは前日の岩間寺のリピートクライムよりも厳しい。
なるほど、仮想あざみラインと称したが、これは取り下げる必要がある。

脚を付きたい気持ちも混ざりながら、それだけはプライドが許さない。
何とかもう1段ギアが下がらないかと気を紛らわす為に触った、動く筈も無いと思った右のSTIは何故か左に倒れ、ギアが軽くなった。
え?まだギアが余っていたのか…

少し気持ちが楽になったけれど、いつまで続くのか。
気持ちを強く持って脚付をせずにピークに辿り着くと、折り返したくない気持ちが湧き上がった。
あの悪路を下っていくのは気が重い。
が、峠の向こうを覗き込むとそんな気持ちも一掃された。

2016021202.jpg
芹生峠の北側は積雪していて自転車は事実上通行不能。

2016021203.jpg
ピークに辿り着いた事を示す看板。
比叡山は何処だ?

ここからは折り返しつつ、道路の状況を写真に収めて行く。
二度と来ない可能性が高い…得られるものが少な過ぎる…から。

2016021204.jpg
北山杉の中を縫う様に走るのは、この周辺の峠共通だが、道の悪さは1、2を争う感じ。

2016021205.jpg
真っ直ぐ続く急斜面も、何処まで続くのか分からない感じで心を折りに来る。

2016021206.jpg
この標識の先から、芹生峠の本気が味わえるが、正直もう二度と味わいたくない…けれど時間が経つと心変わりもある?

2016021207.jpg
ここに至るまでは実に平和な感じが、徐々に極悪な環境に変わり、芹生峠の曲者具合が分かり始める。

2016021208.jpg
貴船神社の奥の院。
こんな緩くても良いの?とここまでは感じていた。

2016021209.jpg
相生の杉…だったかな?
縦横比がおかしいな…

2016021210.jpg
人工的な川だけれど、周辺の雰囲気と良くマッチしていて、走っていても飽きない。

2016021211.jpg
取り敢えず、ここを走る時にはお約束として撮影しとかないと駄目な気がして。

ブレーキレバーを握る手がいい加減に疲れてきて、握力が弱まるのを感じるけれど、その頃には貴船神社の奥の院まで下れて来たので、ようやく手を休められる。

京都市内を通り抜け、山中越えで滋賀に戻ると、いよいよ今日の目的『肉食堂最後にカツ。』まで。
昼時を過ぎているので、店内にはまだ余裕があり、そして前回よりも早くやってきたので限定メニューの『牛スジ入り俺のカレー』が残っていた。
迷わずそれを選んで特盛りを頼むと、ようやく気持ちが落ち着いてきた。

2016021212.jpg
牛スジ入り俺のカレー特盛り、700円。
素晴らしいコストパフォーマンスに味も申し分ない!
金曜日に時間が取れてトレーニング出来ると、後にここに立ち寄るのは定番になりそうだ。

お腹一杯になって、ちょっと動き辛いけれど、ここからなら回復走程度の強度で十分に帰られる。
勿論、無理する事無く、回復走程度の強度で家路へと就いた。

今日のコース

少し楽をしようと思ったけれど、決して楽にはならなかった。
そんな曲者な峠、芹生峠。
激坂マニアも満足するはず…
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2818-cbaabd9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking