FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



デカ盛りライド・シエルのクリームコロッケ編
「デカ盛り」で検索するとヒットする『シエル』さん。
結論から言えば、凄くボリュームあるメニューを提供するのかと言えば、そうでもない。
そこのお店の目玉メニュー『クリームコロッケランチ』。
このランチのクリームコロッケが、想像を絶する大きさなだけで、ライスの量も付け合せの量も平凡な物だった。

なので、タイトルこそデカ盛りライドだが『大変満足なランチライド』と変更すべきである…のかも?

2016022101.jpg
皿の大部分を占める巨大なクリームコロッケ。

----------・----------・----------
今朝の風袋込みの体重は59.6kg、体脂肪率は9.8%。
デカ盛りライドに出かけても良い基準のギリギリ。
基準にしているのは、風袋込みで体重は59.8kg、体脂肪率は10.0%。
あくまで個人的な基準なので、その時のノリでどうとでもなる。

最近、ビワサイの朝練で頑張れていない。
理由はいくつがあるが、疲れを溜めてから参加する事が多いのと、そのお陰で朝練を回復走代わりにしようという心の弱さ。
今朝もその心の弱さを出してしまった。

朝練終了後、今日はロングも大丈夫そうなメンバーが揃っているなと思ったけれど、各自それぞれの用事があったみたいで、一人で出かける事になった。
向かう先は決めていた。
老夫婦で切り盛りしていると言う『シエル』さん。
いつ体調不良等で店を閉めてしまうかわからない。
ネットで得た情報も少々古く、今、果たして営業しているのか、懐疑的だった。
先日、下見をした際は、営業時間外だったとは言え、ひと気が全くなかったのも気掛かりだった。

空振りをさせる訳にも行かないし、ひとりだと幾分か気が楽だ。
そしてビワサイの朝練では回復走よりも強度が高かったので、今度こそは回復走で、と言うノリで走り始めた。

ルートは色々とある。
ほぼ平坦、と言うか部分的に下りも含む、強度がまったく上がらないルート。
強めの上りがいくつか続くルート。
平坦ルートからその途中に割り込むように入るルート。
または少し遠回りする緩い上りルート。

時間的に早く辿り着けそうだったので、少し遠回りして、緩い上りから強めの上りが続くルートに割り込むように走る事にした。
今日の相棒はレイダック。
ビワサイのメンバーと脚を合わせる為に選んだが、こいつで強めの上りは結構ハードだ。
どこが回復走か?

瀬田川を南下し、関津峠と呼ばれる、短いけれど強めの上りの峠を越え、大石方面へ。
お腹が空いてきたのと、この後いくつかの上りを越えなくてはならないので、手作りした補給食を、ちょっとした見晴らしの良い所で摂る事にした。

2016022102.jpg
水切りヨーグルトを作る際に副産物として出るホエイを使った蒸しパン。
ホエイを使うと本当にもっちりとした食感に仕上がる。
さらにホエイにはたんぱく質が豊富なので、疲れた身体には良いだろう?
アレンジとしてあずきを加えたけれど、ホエイの酸味にはドライフルーツの方が合いそうで、次に作る時には検討してみよう。
あずきはあずきとして甘酸っぱく仕上がったので、こちらも捨て難い。

2016022103.jpg
休憩した場所がグラウンドになっていて、少年達が野球に興じていた。
その保護者達が同世代と言うのは泣ける。

補給を済ませたので、先ずは緩い上り基調の道を進んで行く。
回復走と心の何処かに言い聞かせながら。

それほど心拍数を上げず緩い上りを越え、宇治川を横切って炭山へと向かうルートに入る。
ここから厳しい上りが続く。
かつてMTBを修理してスポーツ自転車に乗る事に復帰し、そのMTBで京都市内へと向かう際に足付きを喫してしまった峠。
インナーを封じられているとは言え、ここ最近は強めの上りも越えてきた。
まさか足付きはしないだろう。

序盤からハイライトの激坂が続いた。
そう記憶して、何度か走った場所。
何度か走ったので記憶違いと言う事はない。
その激坂が、強めの坂に感じてしまった。
まだか、まだかと激坂に備えたけれど、勾配が緩んで集落へと突入して行く。
あれから少しは成長したと言う事か。

決して楽に越えた訳ではないけれど、想像していた物よりほんの少し緩かった。
そして後半も続く強めの登りへ。
ゴルフ場を越えて勾配が緩むのに、その先のピーク直前で足付きをした場所へ。
本当になんでこんな場所で足付きしたのか、未だに理解に苦しむが、理解に苦しむように、あの時の私は苦しんでいたのだろう。

銀色の貯水槽を右手に見ると、ここが炭山の集落へと向かう峠のピーク。
急な下りを下り、集落が見えてホッとしたあの時の私。
この先にまだ上りがあるなんて露ほども思ってなく、上り坂が目に入った時は絶望感すら感じた。
でもあの時の私は二度目の足付きはせず、きつめのこの坂を越えて行った。

道を知っていると言うのは、気持ちの上でも重要。
知らない道は、時として心を折られる。
少し前の芹生峠、そしてつい最近の横嶺峠。
今回は知っている道なので、あの時の絶望感は襲ってこない。

長坂峠と呼ばれる、炭山から宇治へと抜ける峠を越え、昔勤めていた会社の現場であった下水処理場の目の前を走る。
懐かしさが襲ってきて、あの当時は頻繁に通っていたラーメン屋があったな?と記憶を辿るけれど、記憶はそのラーメン屋に辿り着けなかった。
隠元橋で宇治川を渡ると目的地までは目と鼻の先。
時間的にかなり余ってしまった。

目的のお店の前で自転車を置いて、その様子を写真に収めようとカメラを操っていると、少し年老いた女性が店の前の花を気にしている。
「おはようございます」と挨拶をし「今日はお店をやらはるんですよね?」と問いかけると「多分、そうじゃない?今日は何曜日?」と逆に質問された。
てっきりこのお店の方だと思ってしゃべりかけたけれど、違うようだった。

「日曜日です」と応えると「じゃあ11時から開くんじゃない?」と応えて下さり、お店が営業している事にホッとした。
写真を撮り終えると、近くの交差点脇の広い場所で時間をつぶす。
5分前になってお店の前に移動すると、ちょうどお店の方が出てきて「11時から」と教えて下さり「準備中」と書かれた札を扉の横にぶら下げた。
そうしている間に続々と人が集まってきた。
どの方も男性で同年代。
微妙に昭和の空気が漂ってきた。

2016022104.jpg
周りの風景に溶け込んでしまって見落としがちだけれど、緑の軒が目印の『シエル』。

2016022105.jpg
ランチメニューがずらりと同価格で提供される。
私が知っている情報だと800円だったけれど、古い情報だという事は知っていた。
目玉メニューが一番下と言う事が若干気に掛かる。

11時が過ぎ、店内に招き入れられると、カウンターに腰を下ろし、メニューを覗く。
既に心の中で目玉メニュー一択と決めていたけれど、ヤキヤキランチにほんの少しだけ心動かされる。
が、ここはブロガー魂でクリームコロッケランチを注文。
第一陣の注文を全て聞いてから料理を作り始めるという感じで、11時以降にこのお店を訪れるなら、11時半以降にした方が良い。
そうでなければオーダーしても、第一陣の料理を出し切らないと調理開始してもらえない感じ。

20分ほど待たされて出てきた物は期待通りのものだった。

2016022106.jpg
クリームコロッケランチ。
これに後は赤出汁が付く。

大きなクリームコロッケで、すぐに味に飽きてしまいそうで、後半苦労するかも?と思ったけれど、これが飽きの無い味で、大変美味しく頂けたので、むしろ少ない感じさえした。
普通のクリームコロッケより、クリーミィーと言う訳ではない。
ポテトコロッケに近い固さがあったけれど、味はしっかりとクリームコロッケ。
衣はやや分厚くパリッとしていて、そうでなければこれだけ大きなクリームコロッケなんて作れないだろう。

クリームコロッケの味がしっかりとしていて、ソースが少なくても気にならなかった。
ライスの量も程好く、バランスよく食べられた。
デカ盛りと言われるとちょっと違う。
食べきれない量ではなく、ちょうど満腹手前の、物足りないではなく満足。
本当に良い塩梅なのだ。
他のメニューも美味しそうで、機会があればまた訪れたいお店だった。

脚は軽やか…とは流石に行かず、重くなったお腹を抱えながら帰路へと就く。
今度こそ、今度こそ回復走で。
なので平坦基調の宇治川沿いで帰る事にする。
天ヶ瀬ダムで、ダムの提体分だけ登ると言う感じで、少々心拍数を上げたけれど、この後緩めれば大丈夫と言い聞かせる。

午後に入って風が強くなりだしてきた気がする。
横から吹いたり、前から吹いたり。
でも決して背中を押してくれる訳ではなかった。
風に抗いながら走っているとどうしても心拍数は上がる。
回復走…回復走…って、どうしても無理なんか?

宇治川から瀬田川に続く道に入れば良いものの、足は何故か大石方面の緩い上りに向かい、短いけれどきつめの上りの関津峠を越えていた。
川沿いに戻るとさらに風は強くなり、琵琶湖岸まで戻ってくると木々が大きく揺れていた。
幟は破れんばかりにはためいている。
その風も背中を押してはくれなかった。

今日のルート

回復走を心の中で宣言するといつも回復走にならない。
敢えてお腹を重くしたにも関わらずに…だ!
でも満足したから身体にも良い影響があるだろう、そう言う物だ。
ストレス無く美味しい物を食べる、これほど身体に良い事は無いだろう?
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>ガルマさん
なんでわざわざこのサイズにしたのか?
おそらく通常サイズの8~10個分くらいですが、通常サイズを8~10個出すよりインパクトを求めたとか?
逆に調理しやすかったとか?
疑問は尽きませんが、美味しかったので良しとしました(笑い。
【2016/02/22 13:01】 URL | ドギー #- [ 編集]

なんと、、
なんというクリームコロッケ
!(◎_◎;)僕の常識を撃ち破るデカさっす
【2016/02/21 21:08】 URL | ガルマ #NqNw5XB. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2823-0273bf8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking