FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



肉トレ…とは何だったのか?
先日の日曜日は回復走レベルの強度なのに、バイキングスタイルの店でしこたま食べてしまって、完全に過補給。
一過性とは言え、レースが迫りつつある時期に体重の増加は精神衛生上宜しくない。
今はまだ体重が少々増えても大丈夫な時期だけれど、タガが外れて大幅増加だけは避けたい。

と、過補給の後はそれなりに摂生して、体重を戻しつつあったけれど、今日は29日…いわゆる肉の日だ。
肉の日とは、金トレで訪れるお店のサービスデーのひとつ。
だと、今の今まで思っていた。

金トレに色をつけたルートで走って、そして件のお店に辿り着いて愕然。
肉の日とは何だったのか?通常営業の様だった。
こんな事ならデカ盛りライドで発掘したお店に向かえば良かったと思ったけれど、ここに来て引き返す気力も無い。

売り切れの事も頭の隅にあったので、自宅の食材で何とか補えると大人しく自宅へと戻り、食べる筈だった物に近い物を作って、空腹をしのいだ。

2016032901.jpg
…り、とは始まりの合図。

----------・----------・----------
金トレで度々訪れた『肉食堂最後にカツ。』。
金曜日はカレーがサービスされるけれど、毎月29日はそれに輪を掛けたサービスがされるらしい。
そして仕事が休みの今日、上手い具合に29日だ。
他にも予定を考えていたけれど、月一回となれば、こちらを優先しないと駄目だろう?
と言う訳で、金トレに準じた…と言うか少し強度を増した…ルートを走る事にした。

金トレとは筋トレに掛けた、基本的に強い上りを含むルートを走るトレーニング。
基本的に強い上りとは花脊峠の事なのだが、今日はそれに百井峠を加えたルートを走ろうと思う。
京都の三大峠と呼ばれるきつい峠の内、その二つがこの峠達。
いや、それに並び立つきつさの峠も越えなければならないが。

暖かくなると言う予報だったけれど、ウインドブレーカーは着込んで出発。
琵琶湖岸を北上すると北寄りの風に煽られて少し辛い。
この後はきつい峠が待っているので、無理をしないように走る。

琵琶湖大橋からR477を京都方面に。
緩い上り基調が続くので、ウインドブレーカーの前ファスナーを鳩尾の辺りまで下げて、いまだ冷たい風を取り込む。
風は上手い具合に背中から排出されて、暖まった体を冷やすのには程好かった。

途中越えを越える為に少々心拍を上げ…と言うか普段の走りならほぼ上限?…で刺激を入れておく。
ここから前ヶ畑峠から続く百井峠は目と鼻の先だ。
下りで幾分か心拍は落とせるものの、頑張り過ぎて脚を削るのは良くない。

前ヶ畑峠へと向かうR477に入ると、すぐにウインドブレーカーを脱ぐ。
序盤は凄く緩く、この後に訪れる激坂の雰囲気が感じ取れない。
これは貴船から芹生峠に向かうのと良く似ている。

アウターのまま中程まで走れるが、幅員が狭まり、橋を越える手前から強めの坂が現れる。
この辺も芹生峠と良く似ている。
そして一旦強まった上りは緩む事無くピークまで続くのだが、ここからピークまでの中程に現れる坂が凶悪過ぎて、初見の人は足付きをしてしまうだろう。
その事も織り込み済みだったので、気持ちを折られず越える事が出来た。

前ヶ畑峠を越えると百井峠までは緩めの上りが続くけれど、ピーク手前数100mから強くなるので頑張り過ぎると失速してしまう。
と、思い慎重に進んだけれど、以前ほど強い上りに感じなかった。
これならもっと踏んで行けば良かったと後悔してしまう。

百井峠の凶悪さは京都方面からの上りで、滋賀側から走るとたいした事は無い。
とは言え、その前の前ヶ畑峠が凶悪なので、どちらも凶悪には変わり無いのだけれど。
今回は花脊峠の後、百井峠に向かって引き返そうと思っている。
なので、道の状況を覚えながら下って行く訳だけれど、道が荒れている上にコンクリート舗装区間の上りが凶悪。
その印象だけが強かった。

百井別れと呼ばれる、府道38号との丁字路…と呼んで良いのか分からない…を京都市内方面に下って行く。
ウインドブレーカーが欲しくなったけれど、スピードを控えめにしてその出番を無くす。
鞍馬温泉の看板が見えると、数10mほど更に下って、持って来た補給食で小休止。

補給を済ませ、ウインドブレーカーも綺麗に折り畳みバックポケットに仕舞い込むと、いよいよ後半戦の開始。
不思議な事に心拍があまり上がらないまま百井別れまで辿り着いてしまう。
手を抜いた訳じゃないけれど、不思議な感じだ。
調子が良いのか、偶然のカーボローディングが効いて来たのか分からない。

花背峠のピークまでは使い切ったと言う感じではなかった。
この調子ならば長丁場のヒルクライムに適したペースに思え、八ヶ岳に向けて良い調整方法になると感じる。
と言う事は、本番前に過補給するべきなのか?

2016032902.jpg
花脊峠のピーク。
少し余裕残しだったので、もう少し頑張れば良かったかな?

過補給前にある程度体重を落としておけば…と言うか増加分を見込んで絞っておけば…良いと言う訳か?
疲労を抜きながら体重を落とすのは難しそうだし、1週間前には既にその領域に入れておかないとなら無いな。
と言う訳で今後のスケジュールをもう少し煮詰めて行こう。

花脊峠のピークから百井別れまで下り、そこから百井峠方面へ。
先程下見したばっかりだったので、雰囲気は掴めていると思ったけれど、コンクリート舗装の部分よりも、序盤から少しして始まる上りの方がきつかった。
コンクリート舗装の部分はイメージより随分と短く感じ、その後ピークまで続く緩い斜面で踏み切れなかった。
コンクリート舗装が分断されているイメージも出来上がっていたので、そのままピークを迎えた時は拍子抜けしたくらい。

R367まで下り、更にR367を京都市内まで下り基調で。
今日の筋トレ部分の走行は終わり、残すは県境を越える為の山中越えを残すのみ。
目的地には昼時を外したかったので、山中越えを迎える前に再び持って来ていた補給食で小休止。

休憩を済ませると山中越えに取り掛かるが、ここでも花脊峠と同じく普段より低い心拍数で推移して行く。
手を抜いているつもりはない。
ここは度々走るルートなので、先が分かっているので、要所要所で強く踏んだりして、ピーク直前には普段通りの心拍数まで上げる事に成功する。
にしても、やはり低めの心拍数だと、走り終えた直後から体が軽い。
まだまだ走れる感覚があったけれど、この先は走る場所も無いし、回復走がてら走る事にする。

目的のお店に行く前に、少し寄り道をして補給食…と言うか、疲れを癒す甘い物…を購入する為『業務スーパー』へ。
なんでもここで売っているチーズケーキとチョコレートケーキが相当にオススメだとか。
目的はチョコレートケーキの方だったけれど、チーズケーキ共々店内を二周しても見つからなかった。

2016032904.jpg
代わりにフォンダンショコラを見つけたのでこちらを購入。
冷凍物なので、早く家に帰りたい衝動が。

フォンダンショコラをバックポケットに詰め込み、少し急ぎ足で本来の目的地を目指す。
上手い具合に昼時から外れて、しかも営業時間内に辿り着けそう。
思惑通りに目的地に辿り着いて、店内を見ると満席。
満席だけれど行列は無し。
と言う事で、すぐに着席出来そうな雰囲気だったけれど、あれ?

「なんか普段通りの営業じゃない?」
肉の日とは何だったのか?
上手い具合に満席だったので、そのまま店外に出て、数秒思案して家に戻る事にした。

時間が遅くなれば売り切れの可能性もあったので、道すがら家にある食材で何とかなら無いか考えていた。
フォンダンショコラの件もあるので、早めに帰りたい気持ちも出来たし、これはもしかして僥倖だったのかも。

更に急ぎ足で家路に就いて、家に辿り着くと食べる筈だったメニューに似せたカレーを作った。
1合分のご飯を炊いて、カレーはレトルトだけれど、オールスパイスを振って、トンテキの代わりにチキンソテーを2枚。
ご飯が炊ける間に付け合せのサラダも出来たし、これはこれで満足。

2016032903.jpg
普段は3/4合程度しか炊かないけれど、1合も炊くと美味しく炊けた。
ご飯が美味しいと、全て美味しく感じる。

2016032905.jpg
そして疲れを癒すフォンダンショコラ。
今日は色々あったけれど、終わり良ければ全て良し。

まさに人間万事塞翁が馬。
所で『人間万事塞翁が馬』とはビワサイメンバーの座右の銘だったけれど、良く思い返せば私の座右の銘でもあった。
根拠はこちらのブログのお陰で全く更新しなくなったサイトの自己紹介ページ。

今日のルート

激坂を含むルートだったので、後々の事を考えて気持ち的に何処かでリミッターが掛かっていたのかな?
調子自体は悪くなかったので、これを維持していきたい。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2838-a1995c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking