FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



ビワサイ・海津大崎へ桜ツーリング
BiwakoCycling(以下ビワサイ)のイベントで海津大崎まで桜を堪能するツーリングに参加してきました。
ツール・ド・八ヶ岳への仕上げのLSDと回復走も兼ねられればなと、しばらく前から予定していたツーリング。
初めてのビワイチ経験者も居ると言う事で、強度的には緩い物になる筈。
ただ、週間天気予報では常に傘マークが付いていたのが懸念材料でした。

前日の夜には、午前中は何とか雨を避けられそうなので、決行すると言う案内。
個人的には八ヶ岳もあるので、空模様を見ながら適当に引き返しても良いと思っていた。

2016041401.jpg
目的の海津大崎まで来ると、引き返すと言う選択肢はなくなった訳だ。
桜は散り際が一番素晴らしい…タイヤにはその片鱗が。

----------・----------・----------
ビワサイの主催者のレポートの前に、先に記事を書き上げるのは失礼になる?
と言う思いがあるので、前編がアップロードされたのを確認してから記事を書き始めている。
私は私の目線だけのレポートになり、詳細はやはりビワサイのサイトで確認して欲しい。

週末のツール・ド・八ヶ岳まであと数日。
完全休養として当てられるのは、3日間だけとなるが、3日もあれば十分に疲労は抜けるだろうと参加を決めていたロングツーリング。
参加する人を見回すと、初めてのビワイチと言う方も居るらしいので、強度的には緩い物になる。
そこまで強めの練習をして、この日は回復走を兼ねたLSDにでもなればと思っていた。

週間予報は狙ったかの様に水曜日に傘マークを付け続けていた。
予報は直前になっても変わらなかったが、より詳細に予報が進むと、午前中は雨が避けられそうで、降り始めても夕刻前から。
ただ、降り出すと雷雨を伴うと言った物だった。

空模様を眺めながら、途中で引き返す事を申し出ようかな?
空気が読めていないと言われようが、体調を崩す事は絶対に避けなければならない。
初っ端から降り出していれば、あっさりと諦められる物だが、これが微妙な天気で雨はしばらく降らない感じだ。

集合場所に辿り着くと新顔さんがちらほら。
自己紹介もままならないまま、天気の事などを話しながら時間が過ぎ、そして意を決して?出発して行く。

次の集合場所でもある琵琶湖大橋の袂のコンビニに向かっている最中、霧雨のような雨を感じるけれど、酷くなると言う訳ではない。
コンビニに辿り着くとその霧雨も止んでいた。
コンビニで参加メンバーと合流するのと同時に、見送りだけのメンバーもここで別れる。

LSDを目論んでいたが心拍が全く上がらず、それこそ100bpmを下回る事がほとんどで、果たしてLSDになっているのか疑問に思えた。
ロング・スロー・ディスタンス…なので、これでも間違っていないのだろうが。
なんとなく集中力も散漫になり、路肩に落ちていた枯れ木?にまともに突っ込んで落車する所だった。
合図の意図がはっきりと感じ取れなかったのは、やはり集中していなかった為だろう。

普段はハンドサインだけに頼る事無く、自分自身の身は自分で守ると言う事を心掛けて、前走者の真後ろを走らず、肩口の辺りから前を確認するようにしているのだが、ツーリング気分ですこし油断していた。

気持ちを引き締めようにも、どうにも集中できない。
ここまでの練習の疲れが悪い方に影響してきた。
それは天気がいつ崩れ出すかと言う、心配も伴っていたのだろう。

次の休憩地点として長命寺の麓の広場が選ばれていた。
ここで用事で引き返す人が居たからで、空模様の為に引き返すと言う選択肢はまだ無い。
お見送りを感謝して、休暇村の道を抜けた所にあるコンビニを目指す。

この道の桜は未だに持ち堪えていて、海津大崎の桜も良い塩梅になっている事は想像に難くない。
対岸が靄に沈んで確認出来ないのだけが心配だった。

コンビニに辿り着くと、ここでお別れするメンバーも二人。
お見送りの為、ツーリングに参加しているのは残り一人。
この一人が離脱したのと同時に引き返すのが最後の判断となりそうだ。

次の休憩地点は長浜城の近くのコンビニ。
と言うか、長浜城に立ち寄り、そのついでと言った感じか?
長浜まで走ってしまうと、十分にLSDとしての距離が稼げるし、その帰り道に『スイス』(喫茶店)や荒神山を走ってみても良いと考えていた。

彦根を過ぎ小雨が降り始めたが、路面を濡らすほどの物ではなく、長浜に入ればそれも止んだ。
ただ、風が強くなりだし、雨雲を運んで来そうな予感もする。
向かう空を眺めればまだ明るい。
対岸は相変わらず霞んで見えなかった。
対岸に回れば雨は不可避か?
気持ちは後ろ向きだったけれど、引き返そうと言う気持ちは逆に無くなって行った。

長浜城に辿り着き、記念撮影の後はコンビニで小休止。
ここで最後の一人が引き返すと言う。
引き返す最後のチャンス。
とは言え、その選択肢は何故か無かった。

グループライドでビワイチをする時に、私に求められているのは皆が疲れた時。
誰も前を牽きたがらない場面で訪れる。
大抵が風が向かっていたりして、体力が残っている私が活躍する訳だが。
それを期待されていると知って、風が向かって来そうなこの場面で帰るとは言い出せなかった。
雨の心配もまだ訪れていないし。

小休止の後はひたすら湖岸沿いを北上して行く。
相変わらず心拍数は上がって来ず、ここまで積んできた練習の成果を感じるのと同時に、ここまで緩いライドになるとどんな効果があるのか分からなくなる。
遠回りと思った事も、無駄と思った事も、実は近道で無駄ではない。
と言うイチローの言葉を思い出す。
小さな積み重ねこそが大きな実を得られる。

心拍が上がって来なかったので、賤ヶ岳の短い上りも踏めて行けない。
踏むつもりも無かったけれど、いきなり心拍数の上がるような強度にすぐ対応出来ない事を思い知っていたので、心拍数を上げておく…ひいてはアップを十分にしておく…のは大切な事だと改めて感じる。

2016041402.jpg
賤ヶ岳のビューポイントにて。
雨はいつ降り出してもおかしく無い感じだけれど、降り出さない気がする方が強い。

少し走ってコンビニで小休止。
既に昼時になっていたが、昼時を外してでも食べたいカレーがあると言う。
その店まで我慢する事になるので、軽めの補給で済ませる。
と言うか、今回持ち出してきたのは手作りの蒸しパン。
すっかり私の補給食として定着している。
それを3つ持ってきたのだが、この小休止で全て消費してしまう。

小休止の後は、このツーリングの最大の目的地、海津大崎へと向かう。
R303を少し上り、永原の交差点から大浦経由海津大崎へ。
空模様がイマイチなので、コントラストは冴えないけれど、天然のPLフィルターを掛けた感じで、色味は強く出る。
そして風に運ばれてくる花びら。
写真では伝わらない風流を感じる。

2016041403.jpg
海津大崎名物の桜のトンネル。
まさに降り注ぐ感じの桜の花びらが気分を高めてくれる。

意外にも対岸に出ても雨の雰囲気は無い。
と言うより、雨の降った跡はあるのだが、空が明るくなって来ているので、雨の心配は当分無さそうだった。

海津大崎からは補給もせずに件のお店へ。

2016041404.jpg
既にメンバーの何人かは訪れた事のあるお店『スパイス厨房来風』。

ランチタイムギリギリに飛び込んで、目的のカレーを注文しようとするが…
なんと売り切れ。
仕方なく本日のランチで場を凌ぐ。

出てくるのを待っている間、外を眺めていると、見慣れたジャージの方が通り過ぎる。
え?あれ、hebochuさんやん!
一瞬目を疑ったが、見間違いではない。
「今、hebochuさんがそこを通りましたよ」
と向こうのテーブル(にほぼビワサイメンバーがいて、私の方は新顔さんばかり)に告げても誰も反応せず。

hebochuさんも店内を覗いておいてくれたお陰で、引き返して来られて、無事に再合流。
と言うのも、長命寺までの見送りだけだったのを、仕事終わりに反対側から回ってこられたそうで。

2016041405.jpg
こんな洒落オツなランチよりも、やはりカレーが良かった。

皆で同じものを注文したのに、意外に出来上がりが遅く感じた。
同時に運ばれてきたが、食べ切るのは何故か最後になってしまった。
皆食べるの早くない?

程々にお腹も満たされて、後は帰り道を急ぐだけ。
幸いにも雨の雰囲気は無く、風も弱かったのだが…

余計な一言が引き金になってしまった。
「このまま雨にも出会わずに帰れそうですね」

走り出してすぐに雨が降り出してきた。
それも今までの様な霧雨や小雨じゃなく、しっかりとした雨脚の。
あれほど変化の無かった空なのに、いや、むしろ向かう先が明るかったのに何故降り出す?

疑問に思っても現実は降っている。
そしてそれがすぐに止みそうも無い物だと感じると、昼食が出てくるのが遅かったのを逆恨みし始める。
すぐに出てきたら雨に当たる時間も短くて済んだのに…

冷たい雨だった。
気温はそこそこ上がるはずだったのに、ここまでウインドブレーカーを羽織りっぱなしだった。
雨は体温を奪い始めてきた。
心拍数も全く上がらないのに、辛さだけが身に凍みる。

体の芯から震えが来て、次の休憩では身体を温めるために、お汁粉とチョコパンの甘い食べ物を流し込んだ。
再出発すると心拍数を上げようと、軽いギアをぐるぐる回す。
必要以上にぐるぐると。
なんとか120bpmまで上がったけれど、気を抜くとすぐに100bpmを下回る。

こんな事を繰り返しても体が暖まる気がしない。
八ヶ岳に向けて、絞ってきたのが徒になってきた。
皮下脂肪が少なく、体温を維持してくれない。
こんな事で体調を崩してしまったら、今までやってきた事が無駄になってしまう。
気持ちはもっとスピードを上げて、早く帰りたい。

けれどこんな気象条件の中、スピードを上げれば危険が増すし、何より遅れ始めているメンバーもいる。
もどかしい気持ちを抑えて、軽いギアのままダンシングを交える。
太腿に張りを覚え、回復走どころでは無かったけれど、背に腹は変えられない。
こうでもしないと心拍が上がらない。
上がった所で高が知れていたが。

琵琶湖大橋まで帰ってくるとようやく先が見えてくる。
ここで遅れたメンバーを待つ事になったが、声を掛けて貰って、先に帰る事を許して頂いた。
挨拶も程々に帰路を急ぐ。

心拍も130bpmくらいに上がり、体の冷えが治まってきた。
ただし急ぎ過ぎる事無く慎重に。
最後の最後は油断しがちだし、ここで落車等をしてしまったら、本当に取り返しの付かない事になる。

今日(4/13)のルート

平均の心拍数が104bpmって…
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>ガルマさん
お気遣いありがとうございます。
そしてお疲れ様でした。
いえいえ、元々強度が上がる企画だと思っていませんでしたので。
あの条件でも素晴らしい運営だったと思います。

個人的に、気温も上がらず、雨で身体が予想以上に体温が奪われてしまったので、気持ちに焦りが出てしまいました。

また素晴らしい企画をお待ちしております!
【2016/04/14 20:45】 URL | ドギー #- [ 編集]

お疲れ様です
ドギーさんお疲れです
体調が心配でしたがなんとか大丈夫で良かったですよ

まぁ~僕が企画するツーリングでは比較的
初の方も多いのでそれほど強度が上がらないので
申し訳なかったですw、、、

でも参加してもらってありがたかったです

それでは八ヶ岳、、お気をつけて~
【2016/04/14 19:53】 URL | ガルマ #NqNw5XB. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2848-1917d8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking