FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



ツール・ド・八ヶ岳 本編
予告編からの続き。

『ツール・ド・八ヶ岳』にエントリーし、それを目標に頑張っている中、生活習慣に変化が見られた。
デカ盛りライドやランニング、これらは身体作りがメインだったけれど、一番の大きな変化はカロリーコントロールの為に自分自身で食事を用意する事になった事。
家族と同居しながら、個別のメニューを作ると言うのは手間だったけれど、自炊する事も楽しいと思えた。
体組成はほぼ思い通りに、そしてトレーニングもモチベーションを失わずに続けて来れた。

『ツール・ド・八ヶ岳』が終わったからと言って、生活習慣を元に戻す事は無い。
これからも続けて行こうと思える。
楽しく身体作りやトレーニングが行えるなんて、『ツール・ド・八ヶ岳』にエントリーしていなかったら感じなかった事だろう。
そう言った事を踏まえると、『ツール・ド・八ヶ岳』のスタートラインに立てただけで満足だった。

ありがとう八ヶ岳!
目標を失った今は新たな目標を探せるようにもなったし、これまでの努力は無駄ではなかった。

そう思っていた…

2016041901.jpg
第30回の記念大会だったので、記念Tシャツが参加賞として貰う事が出来た。
ついでにOS-1なる補水液も。
これはこの週末のライドで早速役立ってくれるだろう。

----------・----------・----------
昼過ぎに出発しようと思っていたのが、少々遅れる事になった。
時間に関してはある程度自由になるし、これくらいの遅れは遅れではない。

車に自転車と備品、二日分の着替えと食料を積み込むと、ナビに目的地を入力して走り出す。
ナビには有料道路回避ルートと言う文字を選択していた。
到着予想時刻は翌日の1:00ジャスト。
何も問題は無い。

琵琶湖岸に出て、米原からR8を経てR21を延々と走り、R19に出る直前に県道を経由してR19へと出る。
そこからまたR19を塩尻に向けて延々と走り、塩尻からはR20を山梨との県境付近まで走り、八ヶ岳高原ラインから野辺山へと抜けるルートを走る。
文章にすると僅か二行。
だけれど道程はそんな生易しい物ではない。

車の運転に苦痛を感じるタイプでも無いし、車内には十分な食料。
休憩はトイレの時だけで走り続けた。
到着予定時刻はみるみる縮まり、当日中に十分に辿り着ける様になっていた。
現地の駐車場に乗り込んで仮眠しても良かったけれど、混雑している可能性も考えて、1時間ほど手前のコンビニで朝食の買出しと仮眠を済ませる事にした。

十分な仮眠とは言えなかったけれど、6:00前になったので現地へと向かう事にする。
空はすっかりと明るくなっていたが、薄い雲が空を覆っていた。
今日の天気予報は1週間前から変わらず雨予報。
しかも現地の佐久穂の予報はレース時間のみ雨と言う、ピンポイントな予報を出していた。
何か悪い事をしたか?

R141を北上し、野辺山を越えて目の前が開け始めると、前方が茶色く霞んでいる。
茶色の霞の正体は、巻き上げられた砂塵。
吹流しは完全に水平方向になっていて、幟は千切れんばかりにはためいている。
平和な車内と裏腹に、外は猛烈な風が吹いている事を示していた。
雨こそ降り出していないものの、最悪な天候のひとつに数えて問題ないだろう。

現地に辿り着いて、朝食と着替えを済ませ、自転車の準備。
相変わらず雨の雰囲気は薄いけれど、この風に雨が加われば台風と言っても疑われない。
気持ち的には中止になったらいっそ諦めが付く。
と言う後ろ向きな感情が芽生えていた。

2016041905.jpg
写真では伝わらない風。
風下側に立てかけて、倒れても隣の車に影響しないようにと気を使ってしまう。

デイパックに下山用のウインドブレーカや合羽、補給食を少々詰めて受付へ。
受付で出走確認表を渡すと滞りなく受付が済んで、そして記念品を受け取るようにと別のテーブルを示された。
エントリーフィーに対して、記念Tシャツが付いてくるとは予想もしていなかったので嬉しかった。
そして経口補水液。
これは翌週末のNS-B1に役立ちそうだ。

計測タグを取り付け、ゼッケンをジャージに貼り付けると、少し気持ちが引き締まってくる。
後はこのまま雨が降らないで欲しい。
と思うが早いか、ぽつぽつと弱いながらも降り出してきた。

下山用荷物を預けようか迷ってしまう。
預けてしまうと、山頂でしか受け取れない。
スタートラインに立つ努力で十分だ。
結果が全てでは無い。

ここまでの頑張り、モチベーションの維持、それだけで満足しかけているが、その努力が結果と現れていない今は、気持ちで負けてしまっている気がしないでも無い。
荷物を載せるバスの出発時間が迫ってきて、意を決して下山用荷物を預ける。
これでDNSは無くなった訳だ。
大会自体が荒天で中止にならない限り。
そうしている内に、大会のゲストの方が現れて、しばしトークタイム。

2016041902.jpg
『自転車のススメ』でファンになっていた栗村さんがいてびっくり。
他のゲストの話も面白く、一時は寒さを忘れられた。

トークタイムが終わり、雨風がさらに強くなってきて、身体が冷えてくる。
ウインドブレーカは下山用荷物の中。
震えながら出発を待つけれど、このままでは気持ちが折れてしまう。

雨風が強まってきて、選手の体調を心配してくださったのか、運営の方からゴミ袋が配られた。
袖と頭に穴を開け、ウインドブレーカ代わりにして寒さをしのぐ。
これで幾分か助かった…本当に助かった。

いよいよ出発時刻になり、それぞれカテゴリー別の出発地点へと向かう。
その前にトイレに向かって、少し軽量化。
今回は(勝手に)タイムトライアルだ(と思っていた)し、後方出発でも不利は無い。
余裕を持った行動をしている方が気持ちに焦りがなくなってくる。

トイレを済ませると、自分のカテゴリーの群れまで進んで、その最後方付近に陣取る。
チャンピオンクラスから出発して行く合図があり、いよいよ気持ちが高まってきた。
そして順番がやって来る。
被っていたゴミ袋を脱ぎ、受付付近に居た方にお願いして処分してもらうと、レースモードに気持ちが変わった。

男子E(41~45歳)のスタートが切られた。
前方から順に出発する様子が伺え、ゆっくりとクリートキャッチしスタートラインが見えると、ここからがスタートだと認識した。
雨風のお陰でアップは全く無し。
序盤は心拍数が上がるまで集団のペースで進み、その集団の中でも速い人を見つけると付いて行く事にする。
いきなり誰かから後れを取る事は考えていない。

雨は小康状態だったけれど、風は相変わらず強く、誰かの付き位置で居る事が有利に思えた。
しかし心拍もそれながりに上がってきて、身体が動き出すと周囲のペースでは遅く、前を目指す事にする。
いきなりだが、脚の疲労が抜け切っていないのか、踏み込むと張りを感じる。

後方から追い抜かれる事無く30分は進んだ。
この頃になると追い抜くペースも鈍り、また前方のカテゴリーの人も混じってくる。
そして脚の疲労の事は忘れられた。

程好いペースの人を見つけては付き位置に付き、心拍が少し下がるまで風除けに利用させてもらう。
そんなせこい戦法でどんどんと順位を上げて行くが、いよいよ同じカテゴリーの人を抜く事が少なくなった。
追い抜くのは先に出発した人ばかり。

これは先頭集団付近に辿り着いたか?
と思ったのが、同じカテゴリーの人が3人固まって鎬を削っていたのに追いついた時。
追いつけど、その集団に付いて行く事で精一杯。
このペースを保って脚を溜めて行こう。

としばらくこう着状態だったのを、別の集団が良い勢いで抜き去って行った。
ゼッケンを見ると同じ(男子E)カテゴリー。
付いて行こうか考えたけれど、追い抜き様のスピード差があったのですぐに反応出来なかった。
しばらく2~30m前を走っていたけれど、追い付いて、そこから追いすがる自信がなかったので、さっきまでのペースを保つ事にした。

これで確実に表彰台は無いな。
あわよくばと思っていたけれど、現実を目の当たりにするとモチベーションが下がるのが分かった。
こうなれば当初の目標の75分切りを目指すしかない。

3人に合流してしばらくは4人だったけれど、いつの間にか2人は遅れてしまっていて2人になっていた。
私はずっと付き位置の場所に居たので「ペースが良くて前に出られません」と声を掛けた。
「一緒にゴールを目指しましょう」と声が返ってきて「千切れるかもしれません」と返した。

そんな状態がしばらく続いて、このままゴールを迎えると、ゴール前で前に出るのがとても卑怯に思えてきた。

沿道から「ゴールはもうすぐ、頑張れ!」と檄が飛んでくる。
さっき標高1700mの表示を見たばかり。
頂上はどれくらいだっけ?
2000mは越えていたよな?
2100m?まだ400mは登らないとアカンやんけ!

思わず「マジか!」と声が出て、一緒にゴールを目指そうと声を掛けてくれた人に「もうすぐって、まだまだありますよね」と話しかけた。
なんだかコミュニケーションを取りたかった訳で。

サイコンを眺めると時間が10時を過ぎていた。
出発が9時11分なので、目標通り頑張れていたら後20分ちょっとか。
パワーメーターも無いし、サイコンの表示を切り替える余裕も無かったので、今どの位の位置に進んでいるかわからない。

そして10時10分…10時20分…となり、路傍の幟に残り3kmの表示。
「え?残り6分で3km?平地じゃないと無理やん?」
ここで目標達成も潰えた。
急激にモチベーションが下がり、引っ張ってくれた方とも千切れ始めた。

この先に下り区間も含まれていたが、失望感はどうしようもなく、ただぼんやりと前に進んでいるだけ。
残り2km、1kmと幟が出てきたが、考えが真っ直ぐ向かなかった。
そんな折、周囲がラストスパートと勢いを増し始めた。

スパートを仕掛けた人の中に、同じカテゴリーの人を見つける。
ダンシングであっと言う間に20m程差をつけられたか。
最初は「ネットタイムだし、今更頑張っても取り戻せないやろ」と他人事の様に考えていたけれど、目の前でゴールされるのを見送るのも性に合わない。

遅れてスパート開始。
ゴールラインはまだ見えていないし、間に合うと良いんだが。
やがて右手に駐車場が現れ、そこで前で力を振り絞っている選手に「ラスト頑張れ!」と声が飛んでいるのが分かる。
ゴールは近い。

ダンシングに切り替え、左コーナーを抜けるとゴールラインが見えた。
間に合うはず!と最後の力を振り絞り、前を走る3~4人の選手の間に割って入り、さながら気分はスプリンターと言わんばかりにゴールライン前でハンドルを差し出し、その中の先頭でゴールラインを切って行った。

「はは、ネットタイムなのに何でこんな無駄な事をしているかな…」
苦笑いをしながら折り返し、自分の負けん気の強さにあきれていた。
けれど、最後に力を振り絞れた事は気持ちが良かった。

今日(4/17)のルート

表彰台とか入賞とか言う事がおこがましい成績。
と言うか、ツール・ド・八ヶ岳ってタイムトライアルじゃなく順位を争うレースだった。
そんな事も知らずに参加していて、最後のスプリントで順位を守れたのは良かった事か?

続編に続く。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2851-93f61f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking