FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



ツール・ド・八ヶ岳 続編
本編からの続き。

結果が全てでは無い。
とは言った物の、結果が全て…とも言い換えられる。
まるで正反対の事の様だが、物事には表裏一体と言う事があり、表が無い限り裏が有り得ない。

『ツール・ド・八ヶ岳』はまた少し私を成長させてくれた。

結果を求める心。
内なる自分の心に気が付いた。

大失敗したのはタイムトライアル形式のレースだとずっと勘違いしていて、余裕をぶっこいて後方出発するのに不利を感じなかった事。
走り終わって、正式なリザルトを確認して青ざめた。
オフィシャルのページを見て、タイムトライアルだとかネットタイムと言う文言は何処にも無かった。

2016041903.jpg
帰り道の清里で見かけた大量の鯉のぼり。
唯一と言えるデジイチが活躍した写真。
そう、記念撮影は荒天の為諦めたが、レース終了後に、にわかに天候は回復。

----------・----------・----------
ゴール後、計測タグを取り外してもらい、差し入れのチョコレートを鷲掴みして、バックポケットに押し込んだ。
下山用の荷物を受け取ると、雨が降っている事に気が付いた。
出発時点では小康状態だったが、レースが始まってしまうと気にならない物だ。

そして悔しさがこみ上げてきた。
目標に大幅に届いていない。
強風と雨と言う悪条件はあったものの、軽くクリア出来ると踏んでいた。

結果が全てでは無い。
とスタートラインに立てた時に思ったが、それは結果が伴ってこそ言える言葉だと感じた。

濡れたジャージから下山用に用意した物に着替える。
その上から合羽を着込んで、大会本部のあるハーフコースのゴール地点まで、選手だった人の一人に先導されて下って行く。

大会本部の前には暫定の結果が早くも張り出されていた。
チャンピオンクラスに知り合いが走っていたので、その結果を見ると表彰台に上がれる素晴らしい結果だった。
そして男子Eのリザルトを見ると…
順位まで散々な結果だった。

思い上がっていた。
これが自分の本来の実力で、表彰台を目指す!なんておこがましかった。

チャンピオンクラスで走っていた知り合いを見つけ、少し会話をしようと後を付いて行った。
その周りの方々は、眩しいくらいでその場に居る事が恥ずかしくなる。
遠めに眺めながらも、皆満足そうだった。

表彰式での姿を見たかったけれど、顔見せをする約束をしていた友人の事もある。
挨拶と祝辞を述べてその場を立ち去る。

駐車場に戻るとにわかに天候が回復し、ピンポイントの予報通りに苦笑い。
ここまで正確に当ててしまうのか。
何にしろ片付けの最中、雨に気を使わなくて済むのは助かる。
片付けを済ませ、友人に連絡すると何時来ても良いと言う。

標高差1200m以上。
昨年の夏に経験しているとは言え、レース強度で走ったのは初めて。
体中悲鳴を上げているのは分かったけれど、心地良い悲鳴だ。
帰りを月曜中にしてもらって助かった。

車の運転中も、常に脚に張りを感じていたが、不思議と疲れは感じなかった。
気を抜いてしまうと襲ってくるだろうが。

集中していたお陰で、友人宅には結構早く辿り着いた。
今晩は山梨のB級グルメが食べたいとリクエストしたけれど、ほうとうは遠慮したいし鶏モツはB級にしては高級過ぎる。
そんなリクエスト殺しをしてしまった物だから、地元の農産物を扱った食べ放題はどう?と提案されて、即答でイエス!望む所だ。

お店の開店時間までも、そして友人の用事も少し残っていたので、少し腹をすかせる為、山梨のスーパーを巡ってみたいと歩いて出かける。
時間になったら拾ってもらうと言う体で。

自炊を始めてスーパー巡りも楽しくなってきていた。
全国チェーンではない、現地のスーパーの品揃えや惣菜を見て回るのは面白い。
特に関東方面だと、関西には無い商品も見られた。
友人の用事が済んで、開店時間も回ったし、迎えに来てもらってから目的地を目指した。

2016041904.jpg
『奈のは』と言う食べ放題のお店。

野菜物中心のメニューだけれど、しっかりとたんぱく質も摂れる。
3回転後にデザートに移り、それを3回転。
とどめにワッフルとソフトクリームを組み合わせた物を食べると、食べ過ぎてしまったと後悔してしまう。

食事中に十分に友人と話が出来たので、友人宅に戻ってからはそれ程会話の時間も取らず、疲れもあったので寝床に付かせて貰う。
かなり早い就寝だったので、目覚めたのは2:30だった。
そして、その時刻から帰り支度を始める。
もし、早くに目覚めたらそうさせて貰うと断りを入れていた。

本当は別れの挨拶をしたかったけれど、通勤ラッシュの始まる時間帯に、主要な街を通り過ぎたかった。
目論見通り、通勤ラッシュが始まる前に中津川を越えられ、巻き込まれたのは岐阜市に入る直前だった。
これくらい戻って来れれば十分。

その後、無事に家に辿り着くと、その旨を友人に伝え、感謝の言葉を添えた。
眠気覚ましにコンビニで仕入れた冷凍たい焼きがかなり効果を発揮した。
この夏も、冷凍たい焼きにお世話になる予感。
流石に8匹は食べ過ぎたか、体重がかなり増量していた。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>たなかさん
お疲れ様でした。
そしておめでとう…と言う言葉は、表彰台でも頂点を目指しておられるたなかさんには過ぎた言葉かもしれませんが、私にとっては素晴らしい成績なので、改めて。
オフシーズンを設けなかった成果が花開いている様で、私も嬉しいですよ。

あの強風だったので、中止、もしくはハーフコースまでの短縮にならないだろうか心配でしたが、麦草峠まで登れて良かったですね。
長距離をレース強度で走れる事を経験できた事も大きかったです。
しかし、たなかさんの周りの方々の眩しさには憧れを覚えましたので、その中に割って入ってこちら側から話し掛け辛かったです。

そして、そんな強豪の方々が混じられていたんですか…
そういう方々はチャンピオンクラスに出ている物ばかりだと思っていましたが、認識が甘いですね。
壁の高さを実感しましたが、高い壁を越えられるよう努力する気持ちが芽生えましたので、この結果も悪くなかったと今になって思えています。

また近い内にご一緒できる事を期待しています!
【2016/04/21 06:16】 URL | ドギー #- [ 編集]


ドギーさん

あらためて八ヶ岳お疲れ様でした。
悪天候でしたが、フルコースで走れてよかったですね!
当日は慌ただしくしていて、あまりお話し出来ずすいません(-_-;)

ご存じないかもなのでお伝えしておくと、今回の八ヶ岳は相手が悪すぎました。
1位の変態クライマーさん、3位のみのむしさん、4位のカンタムさんなど各地のヒルクラを総なめにしている世代トップがズラリです。
例えばカンタムさんなんかは大山で僕と遜色ないタイムを出すレベルですよ。
彼らと戦うには、ルモン18分台くらいは出せないと勝負になりません。

全国から強豪があつまる規模の大きいレースですから、入賞するにはちょっと強いくらいでは駄目です。
が、壁が高い方が面白いですよね(^^)?
敗戦を燃料にしてお互い頑張っていきましょう!
僕もチャンピオン2位とはいえ星野さんにポッキリ折られて燃えてます(笑)

では、またご一緒しましょう。

たなか
【2016/04/21 00:08】 URL | ぐらんぺーる たなか #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2852-5f5c9805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking