FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



NS-B1 de 小失態
先日の日曜、住友輪業の業務日報の住友さんに誘われて『NS-B1』なるサイクリング企画に参加してきました。

『NS-B1』とはなんぞや?
ノンストップでビワイチ(琵琶湖一周)をすると言う企画。
流石に交通事情もありノンストップでビワイチを果たすのは非常に難しいので、信号停止など交通ルールを守って、それ以外は、と言う感じの企画です。
どちらかと言うと、ノンレストビワイチ。

『NS-B1』に参加するに当たって不安だったのは、ここ最近、燃費が非常に悪くなっている私の体質。
自転車に乗りながらの補給はほとんどしてこなかったし、それも問題。
なので如何に補給食を携え、それを消費して行くのかが大きな課題でした。

それ以外に問題は無い。
そう言う驕りがあったのでしょうね…

2016042501.jpg
今回用意した補給食は…
ボトル(大)に水と(中)に八ヶ岳の参加賞として貰ったOS-1。
同じくOS-1のゼリー飲料。
スーパー巡りをしていて、たまたま安売りして(90円程だった)いたウイダーinゼリーゴールド×2。
同じくスーパーで見つけたチョコレートバー(某スニ…に似ている)×2。
手作り蒸しパン(ホットケーキミックス200gに乳清200ml、それにスイートポテトをペースト状にして混ぜ合わせてレンチンした物)を3分割にして。

補給食のカロリーの概算は、両方のOS-1で70kcal、ウイダーで360kcal、チョコレートバーで500kcal、蒸しパンで約1050kcalと合計1980kcalと十分に思える?

----------・----------・----------
『NS-B1』に参加するに当たって、カーボローディングと称して前日から手遅れ気味だけれど、いつもより多く食事を取っておく。
意識的に体重を増やしたつもりだが、当日の朝の風袋込み体重は58.7kgと、『ツール・ド・八ヶ岳』の前日と変わらない数値。
なので朝食もいつもより多目に摂っておく事にする。

用意した補給食は無事にジャージのバックポケットに収まり、ダブルボトルで挑むのでレイダックの出番となった。
アレグロはトップチューブがスローピングしているので、私の持っているボトルでは2本体制に出来ない。
出来るには出来るのだが、そうなるとシートチューブに収めたボトル(中)の取り出し困難になってしまう。
入れ替えて…とも考えたが、そもそもボトル(大)はそこに収める事が出来ないので。
中身の入れ替えはノンストップと言う条件では厳しい。

まあ、ビワイチはほぼ平坦なので、レイダックでも何の問題も無い訳だが。

ビワサイの朝錬の集合場所に、いつもの様に向かう。
今回は時間、場所ともビワサイの朝練に合わせてあった。

不安は補給だけかと思っていたが、八ヶ岳から続いている疲労は完全に抜け切っていない。
レスト日も設けたが、その後も走ってしまっていて、特に『金トレもどき』が筋肉に少なからずダメージを蓄積していたようで、左太腿の下…左膝上部の内側の筋肉が、筋肉痛の様な症状を呈していた。
筋肉痛に襲われている事は毎回の事なので気にしては居なかったが、この場所が筋肉痛になったのは初めてなので、微妙に不安ではあった。

ビワサイの朝練に便乗して琵琶湖大橋の袂までウォームアップ代わりに進んで行く。
袂のコンビニでビワサイの面子とはお別れして、いよいよ『NS-B1』が始まった。

今回の参加者は、遠征組みは主催の住友さん、そしてコンソメさん。
地元組みはDaichiさん、setano kazeさん、そして私の計5名。
に加えて、途中までイニシャルdさん。

予報では比較的穏やかな筈だったのに、風は向かい風基調で、しかも結構強い。
序盤はローテーションの勝手が分からずに、失笑を買っているようだった。
3度目か4度目に前に出た時にも失笑が聞こえたので、住友さんにローテーションの約束を確認してみた。
やはり前走者の合図があってから交代が正しい様で、その合図が出てから今後は交代する事にした。

お陰で、少し余分に脚を使ってしまったかな?
私の持ち味はスタミナなので、後半になってみんなのペースが鈍ってきた時に発揮されるので、これくらい脚を使ったところで問題は無い。
と思っていた。

向かい風の中、少し強めに牽いたお陰で、不安を抱えていた筋肉痛が違和感になって現れた。
これ以上酷くならないでくれると良いのだが。

一行は能登川の水車付近を通過した所で、イニシャルdさんが離脱して行った。
これで本来の参加メンバーでローテーションして行く。
風は相変わらず向かい風基調だった。
ルートの最北端で折り返したら、是非とも追い風基調であって欲しい。
と左足が訴えかけている。

天気は週間予報では微妙だったが、前日になって晴れマークが並ぶようになって、すこぶる良い。
ゆっくりとしたサイクリングならどれほど気持ち良い事か。
それを許してくれないサイクルトレイン。

そして問題の補給に取り掛かる。
ずっとバックポケットに違和感としてある蒸しパンから。
ペースが少し緩んでいたので問題なく補給出来ている。
比較的一定のペースの中なら補給もしやすい。
ペースの上げ下げがあると、途端に困難になるが。

お腹の減る前に、おおよそ時間を決めて、食べ難い物から補給して行く。
なので、ゼリー飲料は後回し。
チョコバーは、ピーナッツとキャラメルソースが効いていて、かなり甘ったるかったが疲れた身体には美味しい。
チョコレート菓子はベタベタしそうだったが、溶け難いチョコレートだったみたいでその点も問題なく、これで2本78円(税別)は良い補給食だ。

トレインはsetano kazeさんが牽く度に、速度を上げて行き、その番になると心構える様になる。
なのでその時に補給はしないように。
長浜から木之本に向かう間は信号も少なく、そして風を遮る物も少ない。
向かい風に辟易したのか、車通りのほぼ無い箇所で、流動的なローテーションを繰り返し風対策。
ただ、心拍数も比較的高い値をキープし続けた。

ビワイチの唯一の登り区間に差し掛かる。
唯一と言うのは表現的に間違っている。
賤ヶ岳のトンネルを越える所と岩熊トンネルに向かう区間をひとつとすれば唯一だが、少し離れている気もする。
左足の不安は違和感のまま続いていたが、登り区間は果たしてどうか。

意外な事に登り区間では、違和感は大きくならず、気持ちの不安を取り除いてくれた。
岩熊トンネルを抜けて行くと上りはもう無い。
そして風も向かい風基調から追い風基調へ。
大浦から海津大崎に続く道では、少しペースを落ち着けて風景を堪能する。

気持ち的に安心してしまったのだろうか、緊張の糸が少し解け、左足の違和感は痛みとなり、強めに踏むと膝が笑ってしまう。
「脚がやばい」とはっきりと口にしてしまった。
ゆっくり目のペースなのに遅れだした。

左膝上の内側の筋肉が痛んでいるのだけれど、痛みはそこを起点にして太腿全体に広がる感じ。
関節や筋を痛めたと言う感じではない。
筋肉痛を長く患っていると、それが肉離れに繋がる前段階の様な症状。
高校時代の部活で一度肉離れを経験しているから、それに似た感覚。
この大事な時期に故障しては元も子もないので、トレインの後方で休ませてもらう。

上りでは違和感が大きくならなかったので、ペダリングをそれに変えてみる。
どちらかと言うとハムストリングをメインに使うペダリング。
になるのかな?
自分自身、良く分かっていないけれど多分そんな感じのはずだ。
ペースの上げ下げには対応できないけれど、スピードに乗れば付いて行ける。

そして時折取り入れていた片足ペダリング。
ここに来て、それが役立つ日が来るとは。
左足は添えるだけで右足を意識して回す。
この2つのペダリングで痛みは大きくならなそうだった。
ただ、ダンシングは完全に封じられた。

トレインの後方で騙し騙し走っていると、心拍数もそれ程上がらない。
楽をさせて貰っているとはっきりと感じ取れたが、先頭を牽けると言う状況じゃない。
時折、痛みがマシになり、そんな感情が芽生えたが、そこで本格的に傷めてしまうと、より迷惑を掛けてしまう。
今は私が傷んでいるという事を考慮して貰っているようなペースじゃないので、これがせめて続くように。

時折、本当に痛んでいるのを分かってもらえているのか?
と言うペースになったりするが、余計な気遣いをされるよりマシなので、遅れそうになった時は潔く千切れるつもりだった。
もう琵琶湖大橋は目と鼻の先。
そこでエスケープする選択肢も出来た。

琵琶湖大橋を越えた。
車の交通量も劇的に増え、ストップ&ゴーが繰り返される。
休む時間も出来たが、リスタートが辛い。
ここからほとんどsetano kazeさんが先頭を牽いて、後半になっても巡航速度が落ちない。
と言うかむしろ上がっている。

付いて行くのに必死だが、ハムストリングを使ったペダリングと巡航に入ってからの片足ペダリングで何とかなった。
心拍数はほとんど上がらなかったけれど、この偏ったペダリングの為か疲れはいつも以上だった。
偏りはしたけれど、基本は抑えているし、右足への影響も無かった。

そして近江大橋を越え、唐橋を渡ると、いつもの見慣れた風景。
ゴールはすぐそこだ。
海津大崎から先はローテーションに加われず悔しい思いをしたが、ブレーキにならなかった事だけが心の救いか。
初めて一緒に走る人もいたので、とんだ失態を演じてしまった。

ビワサイの集合場所に辿り着くと、信号のみの停止だけでビワイチを達成出来た。
いつものビワイチ(キタイチと呼ばれる琵琶湖大橋を基点とした一周)ではなく本当のビワイチ。
実はこれが初めてだったりする。
休憩無しと言うのは、意外なダメージを身体に与える物だと実感してしまった。
少し自分の実力を過大評価していた。

今日(4/24)のルート

こう言ったトライも面白いけれど、休憩も大事だと思い知ったライド。
でも8時間エンデューロとか、これ以上の辛さだろうし、これくらいは問題なくこなさないと…
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2855-f4d87901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking