FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



滋賀南部の山へエスコート
昨日の日曜日のビワサイの朝練。
そこには普段見慣れない方々が多数居られた。

ビワサイの朝練への参加はついでで、本当の目的は滋賀の南部にあるヒルクライムスポットを巡ってみようと言う事だった。
企画、発案者はずー・たにさん、道先案内人はメタボびとさん(以下メタさん)。
どんなルートを走るのか聞いてみると、メタさんにとっては非常に厳しい…と言うか、何故案内しようと思ったのか不思議なくらい。

今日(5/29)は午後から天気が崩れると言う予報だったので、持ち合わせも少なかったので、午前中だけ一緒に走らせて貰いましょうと言う事で付いて行く事に。
周るルートは私の庭みたいな物なので、その時々で柔軟な対応も出来るんじゃないかと微力ながら協力できる事もありそうだし。

2016052901.jpg
ヒルクライムスポットに向かう前に、先ずは補給してから…

----------・-----------・----------
今朝の風袋込みの体重と体脂肪率は59.8kg、9.3%と、ヒルクライムレースを一週間後に控えている身としては絞れていない。
前日のライドとランニングでもほとんど数値が変わっていない、と言う事は停滞気味というより、水分補給が過ぎた所為だろう。
それほど水分を欲していた。

まぜそばを大盛りで注文したとか、カーボローディング用の大福を既に消費し始めたとかは関係ない…筈だと信じたい。

さて、今日(5/29)は鈴鹿エンデューロもあり朝錬の参加者は少ないだろうと思っていたけれど、別に大阪方面から参加される方もいると伺っていたので、ほどほどには揃うだろう…
と思っていたのだが、開けてみると大阪方面からの参加者の人数の多さに驚く。

午後から天候が崩れると言う予報だったので、朝練だけとか少し遠回りして帰るかと言う気分だったけれど、朝の体重を見て少し気が変わっていた。
念の為?大阪方面からの参加者さんはこの後どんな予定なのか、道先案内人を申し出られていたメタさんに伺うと、かなり荷が重そうなルートだった。
天気が崩れる前の前半部分だけでも一緒に走ってみようと思うようになっていた。

そして朝練。
大阪方面からの参加者さんは、かなりの走力を持っている事も把握できて、これは良いトレーニングになるような予感がする。
むしろ引っ張ってもらえそうな感じも。

朝練終了後、最初のヒルクライムスポットを目指す前に補給をしておこうと、いつものパン屋さんへ。

2016052902.jpg
カレーパンもオススメだけれど最近はクリームパンにはまってしまっている。
残り少ない?カレーパンは他の方に譲って、もうひとつオレンジショコラ何とかと言うパンも。
オレンジピールとチョコレートって意外に合うし、もっちり生地も相性が良い。

パン屋さんでの補給タイムは人数も多い事もあり、少しゆったりとした物だった。
腰に根が張りそうになりながらも、最初の目的地へと向かう。
ここは最後尾付近に陣取って。

車通りの多い、走りにくい場所を通りぬけ、走りやすくなったと思ったら念の為の補給と、コンビニに立ち寄る。
元々少なかったボトルの水が切れていたので、これは助かるとばかりに麦茶の1Lパックを購入。
ボトルを満タンにし、残った麦茶は補給食として持って来た大福と一緒に胃に流し込む。
カーボローディング用とは何だったのか?

補給が終わるとビワサイメンバーのTsuboさんがルモンタウンルートまで案内し、そして記念撮影後の再スタートで飛ばして行った。
あんな勢いが最後まで持つ訳無い…と思っていたが、続く方々もそれに釣られるように飛ばして行く。
私たちはマイペースで行きましょうと、同じ様に急遽参加を決めたtakumaさんと共に登り始めるが、どうしても前に追いつきたいという気持ちが逸り、ペースが上がる。

案の定と言うか、先行していた方々はペースが鈍るのが早かった。
とは言え、こっちも少々ツッコミ気味だったので、ルモンタウンの前半の難所の激坂部分で既に息が上がっていた。
後半の序盤の比較的緩い斜面も気持ちを緩めずに登っていると、Tsuboさんが視界に入る。
流石に垂れてきたな…とは言え、なかなか粘っている。

しばらく並走した後、前を走っている人を追いかける。
なかなか視界に捉える事が出来なかったので、焦りがあり脚も使ってしまった。

しばらくして乗り気さんの後姿が見えた。
ここから差が詰められないのがパンチ力の無さ。
一定の間隔を保ちつつ、緩斜面部分に差し掛かると視界から消えた。
もう追いかけられるような脚は残っていないけれど、コーナーの先々を見据えて姿を捉える事が出来ると信じてみる。

緩斜面部分から少し斜度の強まる所で後姿を捉える事が出来た。
と思ったら、その姿は乗り気さんではなくきのっぴさんだった。
姿は捉えど、そこから差を詰める事がままならないままゴールへ。

待ち合わせ場所として『63番の看板』を指定していたけれど、それに気付かずに丁字路を左へ進んで行かれる。
声が何とか届く範囲だったので「そっちは違います」と叫んで引き返してもらえる事が出来たが、先行していた乗り気さんは先へと進んでしまったか?
と思っていると、無事に引き返して来られるのが目に入った。

来週のレースまではTT並みの強度で走る事は無いだろうと思っていたけれど、良いトレーニングになった。
色んな人と走ると気持ちを緩める事も少ない。
展望台に辿り着くと、天気が随分と良い方向に変わっているのに気が付く。
本当に午後から崩れるのか?

展望台では膝痛からのサポートカーへと変身していたずー・たにさんが水分補給をして下さった。
これなら少しでも軽くコンビニで補給しない方が良かったな、と思ったけれどトレーニングとしては補給して良かっただろう。

展望台は滋賀の著名スポットが一望出来るのだが、天候が回復しても湿度の高い空気が見晴らしを阻害していた。
記念撮影の後、道の駅方面へ下り、少々待たせてしまった?メタさんと合流。
そして次の目的地へと走り出す。

県道16号との交差点からTsuboさんが良く道を知らないと言う事で、先導をバトンタッチ。
さて、どれくらいで牽けば良いだろう?
初っ端の上りで皆さんが口々にしんどいみたいな事を発せられていたので、気持ち緩めで牽いてみる。

今日は上りを堪能したい。
と言う企画だからして、あまり緩いのもどうかと思ったので、緩斜面に入って後ろを確認しつつ、少しずつペースを上げてみようと思った。
はじめの内は皆さん付いて来られていたのでペースを維持。
次に振り返ると、メタさん夫妻が少し遅れそうな感じ?
上りはやはりしんどいか?

ペースを維持していると、メタさん夫妻は千切れてしまった様だ。
ペースを落とすか?と考えたけれど、メタさん的に待たれると言うのも気が引けるだろうし、昼食の目的地への時間もあり、待ち合わせ場所も決まっているのでそこまで先行する事に決めた。
と言う事で、振り返り、皆が付いてきている事を確認できると気付かれない程度に徐々にペースを上げる。

上り基調も終わりを迎えようと言う所で、後ろからペースダウン要求。
どうも千切れかけている方がいる様で、その要求に応えるべくペースを落とし「もうすぐ下りに差し掛かりますよ」と励ます。
が思ったよりも下りに入るのが遠かった。

待ち合わせのコンビニに辿り着くと、予報の通り、やや天候が下り坂に差し掛かっていた。
この先の道のりはまだ半分以上残っているけれど、上りはもうお腹いっぱいと言う方々が多数。
そして昼時も過ぎてしまっているので空腹状態の方々も多数。

メタさん夫妻が合流後、予定を変更して目の前の食事処で昼食を済ませる事になった。
そして道のりも大幅にカット。
これで道のりは半分以上進んだ事になった。

2016052903.jpg
豚料理が自慢の『空』へ。

2016052904.jpg
豚料理が自慢と言う事なのでトンカツランチを。
少しご飯が少ないのが気に掛かるけれど、今は減量も気にしなければならないので、これくらいが適量か。

昼食後はTsuboさんが先導でR307からR422を進んで大津方面へ。
下り基調の道を快調に進んで瀬田川に差し掛かったところで、桜峠経由岩間寺のルートが怪しいと言う事で先導を交代。
下り基調で休んでしまった脚の刺激入れを桜峠で行い、ラスボス的ヒルクライムスポットの岩間寺へと備える。

天候もかなり怪しくなったけれど、まだ大丈夫だろうと言う判断で、そのまま岩間寺へと向かった。
序盤の緩斜面で飛ばさないようにとアドバイスしたけれど、乗り気さんとザッキーさんが飛び出して行く。
その飛び出しに少し反応して、視界に入る程度の追走をしていると、案の定と言うか、やはりと言うか、京滋バイパスを越える辺りからペースが鈍る。

乗り気さんと並走しながらザッキーさんを追っていると、奥宮神社への鳥居が見えた。
鳥居から下っているように見るので、乗り気さんが「このままお参りして帰ろうかな?」と言われたので「こっちの方が激坂ですよ」と冗談に応えておいた。
事実、岩間寺への上りが可愛らしく見える激坂だから、100mも進めば引き返したくなるだろう。

ルモンタウンルートでも感じたけれど、乗り気さんは緩めの坂が強そうだったので激坂の続く岩間寺では私の方が余裕がありそう。
と言う事で、切り離しに成功して先行するザッキーさんを追う。
道を良く知っている分、私には有利でもあった。
激坂部分で苦しんでいるザッキーさんに追いつくと、まだまだ激坂は続きますよと心を折ると、その勢いのまま先行する。
緩斜面で強く踏めないのでそこまでにセーフティーリードを保ちたかった。
負けず嫌いは相変わらずだ。

ここもTT並みの強度で走れたので良いトレーニング。
ピークに辿り着くと皆口々に辛かったと言うけれど、その顔は晴れ晴れした物だった。
そして予報通り大粒の雨が降り出してくる。

雨が降り出すまでの同行…と決めたライドだったけれど、結局は終盤まで付き合えた。
と言うか、ルートカットのお陰なのだが。
大粒の雨ではあったけれど、雨脚は強くない。
最後の立ち寄りポイントの『茶丈藤村』前で簡単な挨拶をしてお別れ。
思った程濡れずに帰宅出来た。

結構使い込めたし、汗も大量にかいたので体重を測ってみたら、何故か朝よりも増えていた。
大盛りライドよりも控えた補給なのに何故?
水分補給が多かった所為だろうか?
でも大事な事だし、これを控える訳には行かないな…思い当たる節は補給食に持って来た大福(3個)か?

今日(5/29)のルート

結構登った感じがするけれど、意外に登れていないな…
大人数だと休憩時間が長くなる事も考慮した方が良いなと感じた。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>ずー・たにさん
特に宣伝もしていないので、致し方ないと思いますが、ようこそ。
そしてコメントありがとうございます。

当日はサポートありがとうございました。
大変助かりましたよ。
早く膝が完治するように祈っています。
その時はしっかりと追い込めるようにこちらもガンバらさせて貰いますよ(笑)

近い内に一緒に走りに行ける機会が来るのを楽しみにしています。
【2016/06/08 17:53】 URL | ドギー #- [ 編集]


ブログ発見が遅くなりました!
もう一週間以上もたってのコメント、失礼いたします。

この当日は、その走りとアドバイス、そして先導と、大阪・兵庫組を楽しませていただき、ありがとうございました!

文面にも溢れていますが、ドギーさんの走力は、ストイックさの結果なのですね!

ロングライドやネタライドに対して、結構頑張る僕ではありますが、走力アップに関してキッチリ自分を追い込め無いので。
速い人の『速い理由』を、こうして感じられる事が、自分を甘やかさない為の刺激となります。

コメント欄にて遠征にも触れられていますが、大阪・兵庫の山に遠征される時など、またご一緒させていただける機会をいただけましたら幸いです!
【2016/06/07 20:25】 URL | ずー・たに #I9hX1OkI [ 編集]

>パンダライダーさん
お疲れ様でした。
結局は追いつけなかったので、過大評価ですね…
井の中の蛙が大海を知ったので、登り好きのおじさん程度に見ておいて下さい(笑)
また一緒に走れる機会があるのを楽しみにしています。
こちらからも遠征しないと、と思っていまして…色んな登りを楽しみたいですしね!
【2016/06/02 17:12】 URL | ドギー #- [ 編集]


先日は先導有難うございましたm(__)m
doggyさんがこんなに速い方とは知らずにいました。最後尾スタートで僕と話しながらだったのに先頭まで追いついていたのですね。僕もクライマー志望なので、また勉強させて貰います。イマハオソイデスガ。

また、琵琶湖に行きたいと思いますのでその時は宜しくお願い致します。
【2016/06/01 22:34】 URL | パンダライダー #- [ 編集]

>tsuboさん
いえいえ、同行と言うかこちらも暇を持て余していましたので、楽しませてもらいましたよ。
あの入りからの粘りは大した物です。
いつか垂れずに最後まで持つようになると末恐ろしいですね。
tsuboさんの熱意が伝わる走りでしたし、勿論気付いていましたよ。
緩く会話を交えながら上るのも良いですが、辛さを乗り越えた時も感動は一入なのを思い出しました。
ヒルクライムって良いですね。
背中を追われる立場が変わらないようこちらも精進しますので、ついて来てください(笑)
【2016/05/30 21:49】 URL | ドギー #- [ 編集]

アテンド
昨日のライドご同行ありがとうございました(^-^)
ドギーさんが一緒に来てくれるということで、まわるルートに詳しいドギーさんにアテンドお願いできるとすごく安心できました(^-^)
ルモンルートでは後発のドギーさんが僕の前の方を追いかけて行く真面目に登っていく姿を初めて見ることができました(^-^)
ホームコースということではりきりすぎてタレぎみでしたがチョットだけ抵抗してみたのお気づきでしょうか?^^;
いつかドギーさんについていきたいと思いますがドギーさんの方が上昇志向も練習も全然追いつけませんのでなかなか難しいですよね^^;まあなんとかドギーさんの背中見失わないように頑張ろうと思うのでまた僕とも遊んでくださーい(^-^)
【2016/05/30 20:00】 URL | Tsubo #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2867-be2afd9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking