FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



2016夏旅物語・飯坂温泉~
前回の蔵王エコーラインからの続き。

2016081901.jpg
蔵王エコーライン。
山頂に掛かった雲から抜けると、太平洋まで見渡せる景色に。


■飯坂温泉

車に戻り着替えを済ませ、自転車の積み込みも終わった。
そしてすぐ近くの遠刈田温泉『神の湯』に向かったけれど、営業時刻が9:00からとなっていた。
只今の時刻が8:30少し前。
30分を待つよりも、道中の温泉で汗を流す事にして、次の目的地へと向かう事にする。

次の目的地ははっきりとは決まっていないけれど、会津方面に見繕っている食事処がある。
その方面に向かいながら、立ち寄れる温泉を探してみると、飯坂温泉が見つかった。

カーナビに飯坂温泉駅を目的地に設定し、そのナビゲーション通り走って行く。
飯坂温泉は過去に立ち寄ったことがあるけれど、その記憶はかなり薄い。
ただ、『鯖湖湯』と言う、少し滋賀(鯖街道と琵琶湖)を連想させる名前は記憶していた。

小一時間ほど走り、飯坂温泉駅に辿り着くと、『鯖湖湯』の場所を確認する。
少し小さな通りを入って行った所にあるようで、そこに向かって車を走らせたけれど、駐車場は少し離れた場所だった。
朧気ながら記憶が甦ってきて「そうだった」と、駐車場から歩いて向かったのを少し思い出した。

駐車場から階段を下って、先程通った通りに出ると『鯖湖湯』までは僅かな距離。
立派な建物は記憶通りだった。

2016081902.jpg
飯坂温泉の『鯖湖湯』。
東北屈指の共同湯だとか。

共同湯は低料金で入れる所がほとんどで、ここも例外ではない。
熱めの温泉を堪能すると、汗を(温泉で)流しに来たのか、汗を(かくと言う意味で)流しに来たのか分からなくなった。


■最大の山

車に戻り、エアコンを効かして涼みながら、次の目的地をはっきりとさせる。
ツーリングマップルの覚え書きには、1軒はデカ盛り、1軒はソースカツ丼とある。
会津若松はソースカツ丼が有名だけれど、この先の予定を考えると長野県を南下する予定だし、そこで食べる可能性もある。
ソースカツ丼が続くのは構わないけれど、やはり違った物を食べたい。
と言う事で、デカ盛りと書いていた会津坂下にある『プリティ』に向かう事にして、それをカーナビに入力した。

カーナビは県道2号経由でR115に出るルートを示していたが、それを無視して県道5号、通称フルーツラインでR115に出る事にする。
天気はにわかに回復していて、吾妻小富士の山頂付近が伺える。
去年は磐梯吾妻スカイラインを登った。
浄土平の殺風景な景色が、ここからでもその片鱗を感じ取れた。

R115に出て土湯峠を越える頃、小雨がぱらつき始め、天候の不安定さを思い知らされる。
車に乗っているので影響は無いけれど、去年と同じ様に磐梯吾妻スカイラインを登っていたらと思うと微妙な心境になった。

カーナビの指示に従い、R115からR49に出る。
R49は少し混雑気味で、この指示も無視すれば良かったと後悔した。
R49は会津若松に向かって極端な迂回をしているけれど、流石にカーナビもそれを心得ていて、普通に県道に誘導される。

会津坂下に入り、R49に戻ると目的地は目と鼻の先。
時間も程好くお昼時で、お腹もかなり空いてきた。

目的地に辿り着くと、小さな駐車場の端っこに車を停める事が出来、期待と不安を胸に抱き扉を開けた。
店内は平日なのにそこそこの賑わいを見せ、地元民に愛されているのが分かる。
二人掛けのテーブルに腰を落ち着け、メニューを眺める。
メニューの一番上には『ハンスパランチ』なるメニューが。
そう言えば、ここを検索した時に目にしたメニューだ。
この店の売りだと確信して、『ハンスパランチ』を注文する。
メニューの隅っこに「人数分の取り皿はご用意しません」とあるのが微妙に引っ掛かる。

注文したのが届くまでに、他の席へ届けている物に目が行く。
チョコレートパフェは値段の割りに凄く大盛りで、それだけでもここのデカ盛りっぷりを垣間見たが、注文した物が目の前に運ばれてきて戦慄した。
でかい山が三つ。
サラダの山は別にして、ご飯とスパゲッティの山がやばい。

2016081903.jpg
ご飯は二合あるらしく、スパゲッティも三人前はある。
ハンバーグが小さく見えるけれど、普通に大きめ。
この山を制覇するのは、かなり困難を極めそうだ。

食べ進めても、全く量が減っていない感じ。
半ばほど食べ進めたところで、食べきれるのか不安になる。
何かを最初に片付けると言う感じではなく、バランスよくハンバーグ、サラダ、スパゲッティと食べ進めるも、スパゲッティの残りが半端無い。
最後に残ったのはやはりご飯とスパゲッティ。
味噌汁や、コーヒーは既に冷めているが、この際目を瞑っておく。

何とかメインを食べ終わり、味噌汁でご飯を流し込んで行く。
最後にゆっくりと冷めたコーヒー。
これだけは食後に出してくれても良かったんじゃないかと思ったけれど、食べ残した状態で店員さんを呼ぶのも心理的に辛いのだろう。
全てを完食すると、かなりお腹が重たくなった。


■最後のヒルクライムスポットへ

ねぶた祭りに参加するのか、その道中でヒルクライムするのか、どちらがこの旅の優先事項か分からなくなっている。
いや、個人的にはヒルクライムスポットが少し優先か?
去年は東北の超級山岳を上ると意気込んで、宿題を残こす事になった。
その宿題を消化してきたが、今回も残す事になった。

その宿題とは別に、なかなか訪れられないスポットにも行ってみたかった。
次の目的地は長野県の志賀草津道路。
そのピークには国道最高所の渋峠がある。

カーナビに『道の駅やまのうち』を探して目的地にセットする。
やはりと言うか当然と言うか、R252で只見川を遡り、田子倉ダムを越えて新潟県に入ってから向かうルートが示された。
何度も通って、東北の道では良く知っている。
ここを越えて行くと東北ともしばらくのお別れだ。

新潟側から自転車でここを越えてくる人を見る度に感心する。
ロードバイクでも大変だと思うのに、ランドナーに荷物を満載して越えてくるのだから、いつか私も挑戦してみたいと言う冒険心が湧き上がって来る。
頑張れとエールを送りつつ、厳しい山岳道路を下って行く。

R252で十日町に入り、そこからR117を南下する。
天候は相変わらず不安定で、晴れたり小雨がぱらついたり。
それが長野県に入り、飯山に入ってくると完全に雨になり、強く降り出して来る。
天気予報は晴れベースで、こんなに雨の降る予報ではなかった。
そして明日の天気が心配になり、予報を調べてみると晴れ。
この雨を見ていると半信半疑にならざるを得なかったけれど、取り敢えず目的地は変更せずに向かってみる。

中野市内に入っても、雨は強く降り続いて、心配は増大して行った。
そしてひとつの案を思い浮かべる。
明日の朝、早めに起きて、雨が降り続いているようならば乗鞍に向かってみよう、と言う案。
結構離れているし、天気も変わるだろう。
もし降り続いていても、帰り道なのでロスも無い。

スーパーで今晩の少しの夕食と、明日の朝食を買い込んで、道の駅へと向かった。


志賀草津道路へと続く。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2896-39f63844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking