FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



週末はグルメライド…の続き
前回の記事で完結…させる筈だったのですが、思ったより記事が長くなって、続きを書くのが億劫になって。
本来はこちらの記事を濃い目に、前回の記事は軽く触れるだけにしようと思いタイトルをつけてしまったのですが、思いの外、内容を濃くした為に、記事を二つに別ける結果となりました。

2016091104.jpg
究極の親子丼。
二種類の仕上げと鶏肉を選べる親子丼。

日曜日のビワサイ朝練後、前日にグルメライドを行った面子は程々に疲れている様子。
お腹を減らす為、それなりに強度を上げ、距離も稼ぐ訳だから致し方ない面もある。
そう言う私もやや疲労が残っている。

出来れば近場で。

いや、それ以前にグルメライドは成立するのだろうか?
朝練後はそれぞれの家路に向かう面子が多く、残されたのは走り足りない人とグルメを期待している人、その両方を期待している人?だった。
正確に言えば、グルメを期待している人はお腹を減らす為に走らなければならないと思っている…筈だ。
それが私と行くグルメライドの不文律。

走り足りないのはDaichiさん。
只今、バイクをレンタル中で、そのバイクの能力を堪能したいと、上りのあるルートを走りたいと言う。
残った面子も走り足りない雰囲気は感じた。
Daichiさんは裏金勝と呼ばれる、金勝山を大戸川から上るルートを考えられている。
その案に乗っかる事にした。
当初望んだ近場だし、上手い具合に行けば走り終えると昼時だ。

裏金勝を念頭に入れて、昼頃に走り終えるルートを考えた。
いや考えたと言うか、Daichiさんが「R422経由で…」とつぶやいた事によって、富川林道経由が思い浮かんだ。
希望通り?しっかりと登れるルートだし。

かくして、残った面子…takumaさんとIshiyamaさんを含めた4人で走りに行く事になった。
この時点ではグルメライドは想定していない…事も無かったかな?

集合場所からすぐにあったコンビニで補給を済ませる。
この後、金勝山を越えるまで補給は出来ませんので、しっかり目に摂っておいて下さい、と念押しをしておく。

補給を済ませると瀬田川沿いに南下し、R422に出る直前に小さな峠を越える。
ここで少し脚に刺激を入れておこうと、強めに踏んで越える事にする。
皆しっかりと付いてきている事に満足して、この後の峠越えが楽しくなってきた。

R422は信楽に向かって緩い上り基調となっているけれど、ここは踏んで行かずに、どちらかと言うとこれから越える峠に備えて脚を温存しておく。
温存とは言い過ぎか、刺激を入れた脚の状態を維持する感じとでも言えば良い程度の強度で。

富川の集落でR422とは別れ、信楽へと抜ける林道へと入る。
以前、倒木で通行止めとなっていた所だけに、少し緊張して進んでいくが、通行止めの表示は無く、無事に越えられそうだった。
上りのあるルートを走りたいと言っていたDaichiさんが先行する。
それを見失わない程度に後を追う。

それは中盤を越える辺りまで続いた。
少し上りが強くなる箇所でIshiyamaさんが離脱。
ここまでなかなかの走りだったので、離脱される事が惜しい。
少し様子を見ても、復帰は難しそうだったのでtakumaさんとDaichiさんを追う。

終盤も近いし、そろそろDaichiさんに追いつく為にペースアップを図ろうかと言うタイミングでtakumaさんも遅れ気味に。
先程まで余裕があるように感じたので、この後退が意外だった。
少し様子を見ながら走っていたけれど、限界が近かったようだ。
どうしようか思案したけれど、単独でDaichiさんに追いつく事にしてペースアップ。

ピークまで残り少なかったので、ペースを一気に上げ過ぎてしまい、後姿をはっきりと捉える頃に心肺が限界を告げ始めた。
脚は残っていたので、もう少し早めに仕掛けていれば…とは思ったけれど、追いついた段階でDaichiさんも粘りの走りをしていたので、良い刺激になった。
ピークを越えて後続が追いつくのを待ち、みんなが揃った所で先へと進んで、日陰のある場所で小休止。

雑談を交えながらもこの後の予定の確認。
Daichiさんは金勝山を越えると、そのまま帰宅は変わらず、残りの面子を眺めながら、いくつか候補に浮かんでいた中の「究極の親子丼を食べに行きません?」と尋ねてみた。
異議は無く、グルメライドは成立した。
そして富川林道でしっかりと使ったので、金勝山はゆっくり越えましょうと。

荒れた下り基調の道を進んでいくのは、少し休んだ為か肌寒いくらいだった。
木陰の続く道で、汗も乾ききっていないのが大きな理由だ。
荒れた林道から、県道に出るとDaichiさんが強く踏み始めた。
「なんで紳士協定を破っているんだ!」と心の中で叫び、置いて行かれない様に踏んで行く。

疲れが見え始めているのに、踏む強度は変わらない。
けれど後続の面々は脚が溜まったとばかりにスパートを仕掛ける。
流石にDaichiさんにそれを追う脚は残っていなかったのか、私に前に出るように促された。
「そんな脚はありません、取り敢えず牽くだけはしましょう」と前に出てみると、Daichiさんは抜け殻の様に後退して行った。

一人であの面子を追うのは時既に遅し。
ペースを維持するだけで精一杯だったので、それを維持するだけにした。
県道12号と16号の交差点付近で抜け殻になったDaichiさんの待って、今度こそ紳士協定は守りましょうと、ペースメーカーになって金勝山を越える事にする。

少し早めに出発してしまったので後続を待ちつつダンシングでペースを維持。
軽いギアだとペースも上がらないので、このまま行こうと思った。
振り返るとIshiyamaさんが付いて来ていない?
下りで踏み過ぎ…とほくそ笑んだ。
踏み過ぎて悪い事は無い、むしろそんな姿勢に好感が持てる。

ダンシングをキープしてペースを維持。
みんな(Ishiyamaさんを除く)が付いて来ているのを確認すると、上げる事もせずに淡々と進む。
ダンシングしているのが疲れたので、中盤からはシッティングも交えるが、ペースは極力維持。
とは言え、終盤は斜度が緩むので、そこからギアを上げつつ、takumaさんにラストスパートを促す。
ビワサイでは定番のスポットの裏金勝だが、takumaさんは初めて走るルートらしい。
そこで、ルートのプロフィールを説明しつつ、スパートポイントも。

疲れている筈のtakumaさんだったけれど、しっかりとスパートポイントでスパート。
良い感じで使い込んでいるのが、これまた好印象。
ピークを越えた所で後続を待ち、そして下りへ。
下りは危険な箇所が存在するので、そこもアドバイスしつつ下って行く。

危険な所を下りきってから、緩い下り基調の道へと変わると、IshiyamaさんとDaichiさんはスパートして行って、一拍おいてtakumaさんと追いかける。
その差は縮まらないまま、麓のコンビニへ。
みんな使い切った様子で、表情が何処か満足気だった。
私も良い刺激になり大満足。
それぞれが持ち味を出したライドになった。

『究極の親子丼』を提供している『味千両』は目と鼻の先だったけれど、デカ盛りのお店ではないし、少し補給する事にした。
小休止の後、Daichiさんとはお別れして、件のお店を目指す。
意外な事に、R1に出るまでほとんど車と擦れ違わなかった。
こんなに交通量の少ない道だっけ?

R1に出るとそれを右に折れてすぐに目的のお店はある。
駐車場の片隅に駐輪して、お店の中へ。
普段は焼鳥屋さんをやっているお店で、昼間はランチとして、親子丼や焼鳥丼を提供している。

メニューを眺めて、先ずは目を惹くのが京風と江戸風。
京風は出汁の効いた親子丼で、江戸風は割り下を効かせた甘口の親子丼。
そしてオス鳥かメス鳥を選ぶ。
あっさりと脂の少なめなオスと濃厚なメスと行った具合。
私は江戸風のオスを注文。
大盛りは無料だったので、勿論大盛りで。
みんな被らないように注文するのが面白かった。

2016091105.jpg
見た目の違いは、割り下を使っているので黒っぽいのと、生卵が乗っている事。
更に黒七味が付いて来た事かな。

究極を自負する事だけあって、なかなかの味だった。
これでボリュームがあれば言う事無しだ。
まだ少しお腹に余裕があった私とtakumaさんで、帰りの道すがらにある、イートインのあるパン屋さんに向かった。


今日(9/11)のルート

空腹と言う最高のスパイスをいつも堪能できるのは、自転車と出会ってからで、体重管理が厳しくなってきた。
いや、大抵はしっかりと使い込んでいるので、体重を減らす事が多いのだが。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2904-3ef9c474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking