FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



魔法の効果
長距離の…特に距離15km以上、且つ標高差1000m以上の…ヒルクライムをこなすと、二週間ばかり普段通っている峠の斜度が緩く感じる。
私はこれを『魔法にかかった状態』と呼んでいる。
先々週の山梨遠征ライド。
そこで登った大弛峠は、まさに魔法にかかるにうってつけの峠だった。
その魔法の効果が切れそうな今日、久しぶりにヒルクライムスポットでタイムトライアル(以下TT)をしてみた。
それも激坂が含まれているスポットを中心に。

2016100701.jpg
交通量皆無の笹間ヶ岳へと続く林道にて。

----------・----------・----------
二週間もの間、まったくロードバイクに乗らなかったかと言うと、そうではない。
行き先的に平坦基調になりそうな所ばかりだった。
平坦ばかり乗っていると魔法の効果が切れるのが早まってしまうので、その間はレイダックを引っ張り出して魔法にかかった状態を維持していた。

そして今日。
魔法の効果がまだ残っているだろうと、地元の激坂が含まれるスポットで、久しぶりにTTをしようと出かけた。
向かう先はSTRAVAのセグメントで『三ノ切』と呼ばれている所と『横嶺峠』から続くかつての京都国際CCまでのヒルクライム。
京都国際CCへと更に登る道は酷際と呼ばれるだけあり相当な激坂。
その手前の三ノ切も短いながら激坂が存在する。

予定ではこの二つをTTし、新たに開拓する『田上山北』と呼ばれるセグメントも頑張ろうと思っていた。
簡単なプロフィールは距離3.3km、標高差291m、平均斜度8.8%とかなり強めの斜度が予想される。
そこまでに通過する峠はどちらかと言うと流す程度にしておこうと。

自宅を出てすぐ、心拍計が異常な数値を叩き出していたが、ヒルクライムが始まる頃には正常に戻ったので、取り敢えずは目処に出来る。
そして最初のスポット『三ノ切』へ。
魔法の効果が僅かながら残っているのを感じると、慌てないようにペースを刻む。
魔法、魔法と言っているが、日頃のトレーニングの賜物でもあるのは間違いない。

ここ最近のトレーニングはひたすら持久力を付けると言う物だった。
そのお陰か、少し余し気味にピークへと辿り着く。
この辺はTTの感覚が鈍ってきている証拠かも知れない。

『三ノ切』から小さいながらもきつい斜度の峠を越え『横嶺峠』へ続く道に入る。
休憩もせず、そのままTTを開始。
序盤しばらくは緩斜面が続く。
斜度が強まってくると同時に、道の荒れも気になる。
そして、何故か登ってくるトラックが居る事に驚く。
この先は何も無い筈だが?

抜き難そうにしているので、狭い路肩に寄せて先に行ってもらう。
斜度が次第に強まって、道も荒れてくるのが『横嶺峠』の特徴。
しかしペースを落とす事無く順調に登って行く。
そして、そろそろ『横嶺峠』のピーク…と言ってもまだ先は上り続けているのだが…に近付いてくると、先程抜いて行ったトラックが視界に入る。
「なんだよ!順調に登ってきたのに水を挿すやっちゃなぁ…」

ゆっくりと登るトラックに追いついてしまった。
どうもその先に遅いトラックが居る模様。
なんで?この先は何も無い筈だが?

数台のトラックが数珠繋ぎになっていた。
追い抜く事がままならないので、しばらく後ろに付いて、そのまま『横嶺峠』を迎えてしまう。
そしてその先の100m程ある平坦な場所で譲ってくれたのだが、なんでこんな場所にトラックが?
ミキサー車もユニック付きのトラックも居る。
全ての車を追い抜いて、いよいよ京都国際CCに続く激坂に差し掛かるが…ギアを十分に落とせなかった。

激坂部分に差し掛かると満足なシフトチェンジが出来なくなってしまった。
今あるギアポジションはケイデンスがかなり落ちる。
しかしシフトする余裕は無く、それを力でねじ伏せる様に回す。
すると、さっき追い抜いたばかりのトラックが上がってきた。

また?

トラックのスピードが明らかに上だったので、譲る事にしたけれど、こんな場所ではかなり大変な作業になってしまった。
2台、3台と譲って行く。
激坂部分を終え、かつての京都国際CCの跡地…いまだ看板が出ている場所…を抜けるとピークはもうすぐだ。
まだ後ろに続くトラックが居るので、更に譲る。
そしてピークを越え、行き止まりの近くまで行くと、そこはかつての行き止まりではなく、山の上には似つかわしくないほどの広大な工事現場となっていた。

邪魔が入ってしまったけれど、大きなロスにはならなかったと思う。
その分休む事が出来たし。
と自身を納得させる。

さて、この後はひとつ峠を越え、炭山という在所に出て、天ヶ瀬ダム方面へと下って行く事にする。
峠越えではゆっくり走ろうと思っていたけれど、魔法にかかった状態が好感触だったので、後半になるにつれペースを上げてしまった。
天ヶ瀬ダムに至る道は、今回初めて走ったけれど、意外なほど整備された道だった。
と言うのも、途中からダンプが行き交うようになり、その為に作られた様な道だったからだ。

天ヶ瀬ダムの下流側に辿り着くと大きく迂回をして府道3号へと入る。
そこから宇治田原に抜けて小休止し、前半戦を終える事にする。

休憩場所に選んだコンビニで、持って来た補給食に追加してクリームパンを購入。
それをバナナオレで流し込んで行く。
ボトルの水はまだ半分以上余っている。

さて、後半戦は大峰山へと至る林道から。
ここは激坂が無いかわりに距離がそこそこある。
前半がきつく、中盤に少し緩み、僅かなアップダウンを繰り返したあと、少しきつくなる。
脚の残し方がキモなヒルクライムスポット。

ここは軽めに走るつもりだったけれど、前半のきつい部分を終え、少し脚に張りはあるとは言え、魔法の効果がまだ残っている。
それに気を良くしてTT並みに切り替えて走ってみる。
普段はあまりシフトチェンジはしない方だけれど、ここに至ってはかなり頻繁にシフトチェンジしていた。
いくらでも踏める感覚があった。

ピークを越え、ここから新たなヒルクライムスポット『田上山北』までは下り基調。
途中小さくて急な峠があるけれど、そこは流して体力を回復させておく。
県道108号から109号へとスイッチし、緩い上り基調の道を進む。

そして『田上山北』の入口へ。
住宅の脇から数10mほど砂利道を進み、閉まっているゲートの横から入るとすぐにセグメントはスタートだ。
路面の、アスファルトの状態はすこぶる良い。
ただし、落ち葉や枯れ枝がそこら中に散乱している。

プロフィール通りなかなか強い斜面が続く。
ただ…ピークまでの目安として…路傍に500m毎に看板が出ているので、残りの体力を考えるのが楽だ。
強い斜度は変わらないけれど、細かな緩急はある。
相変わらずアスファルトが綺麗なので走りやすい。
落ち葉や枯れ枝は、斜面の東側になると多くなる様だった。

3kmの看板を目にすると残りはあと300m程。
ここでラストスパートするのが正しいだろう。
しかし、脚の張りがピークに近く、動いてくれない。
心拍数も限界付近で張り付いたまま。
ペースを維持したままピークを迎える。
ピークは十字路の出来損ないの様な場所だった。

地図を眺めると向こうに下りて行けて、しかも知っている場所に出られる感じだった。
それを確かめるのは、またの機会にするとして、登りながら見つけていたよさ気なスポットまで降りて行く。

2016100702.jpg
木々の隙間から遠く琵琶湖を望む。

2016100703.jpg
2mほどの小高い丘?に登ってみて、比叡山から続く大津市内を一望。

県道109号に戻ってくると、この先から鎧ダムまでセグメントがあったので走ってみる。
体は疲れ切っていたけれど、魔法の効果がモチベーションを高めてくれている。

鎧ダム…と言うか休憩所…までは緩斜面基調で少し緩急がある登りだった。
時には35km/hも出てしまう様な箇所もあった。
少し苦手な感じの登りだったけれど、最後まで気持ちが続いた。

この後は、最近お気に入りのパン屋さんまで、回復走感覚で進んで行く。
緩い上り基調の道も、全く苦にならない。

2016100704.jpg
厚切りのチキンカツサンド、生チョコのなんとか、ブルーベリーのミルクフロマージュをチョイス。
生チョコはとろっとろのチョコレートが中に入っていて、大量に手にこぼしてしまった。
かなり食べ難かったけれど、味の方は文句無しだった。

何度も上りに向かうのが嫌になりそうだったけれど、魔法の効果が…いや、最近のトレーニングの成果が出ていたのが、私に上りへと誘ってくれた。


今日のルート

久しぶりのTTで、京都国際CCへもKOM(に相当)が獲得出来たし、まだまだ走れると実感出来た。

そう言えば、山梨遠征ライドではバナーのクリックがたった一人とは…かなりがっかりしていますが…
クリックして下さった方、ありがとうございます。
あなたのクリックがモチベーションを維持させてくれています。
この後も、宜しければバナーをクリックして下さいね!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2911-aa8c8324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking