FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



週末は過補給ライド?二連発
先の週末は過補給ライド?二連発になってしまった…
と、思っていたけれど、週末スタートの朝と、週明けの朝の体重を較べると僅かに減っていた。
あれだけ食べても、過補給にならなかったと言う訳か?

2016102401.jpg
『レストランito』の謎メニューだった『ビーフライス』の多め。
小ぶりなどんぶり三杯と言った所か?


■大福詰め放題

第4土曜日は『団喜』で大福の詰め放題がある。
1月~6月にかけては良く行っていたけれど、ここ4ヶ月ほどはご無沙汰で、久しぶりに行ってみたくなっていた。
それとなくSTRAVAでルートを作成し、グルメライドに付き合ってくれるメンバーに送ってみた。
が、これが何故か伝わっていなかったらしく、朝練からの反応は非常に鈍い物だった。

私が小さなバックパックを背負っている所からそれとなく気付くメンバーもいる程度。
「今日は饅頭の日?」と問い掛けれらて、そうだと応える。
あまり積極的な態度は見られなかった。

朝練の往路が終わり、コンビニで休憩している時、まだ詰め放題に行った事のないメンバーがいると言う事で、連れて行きたいと申し出があった。
このまま離脱して向かうのかと思ったけれど、一旦朝練を終えてからと言う事になった。
また同じ道を走るのは億劫になるが、大した予定もない…と言うか作ったルートを見て貰っていない…ので、承諾した。

朝練を終えてから、再び琵琶湖岸を北上し、琵琶湖大橋を渡り『団喜』へ。
時間的に少し遅くなり、詰め放題の大福が残っているか心配だったけれど、その心配は杞憂に終わった。
が、詰め放題待ちの長い列を眺めると、その列に並ぶのに少々躊躇した。

メンバーに詰め放題をやりますか?と尋ねて、それしか目的が無さそうだったので、並ぶ事にした。
今日は私を含めて3人。
三等分出来る数を持ち帰りたかったけれど、500円を三等分する事は難しい。
なので、分かりやすく1個20円の計算でシェア出来るように25個は詰め込みたかった。
後で分かった事だけれど、25個と言うのは、過去の私の詰めた記録よりも3個も多い。

メンバーには「25個を目標にしますので、1個20円で、最低5個は買い取ってもらいますから」と取らぬ狸の皮算用。
20分ほど待って順番が回ってくると、そそくさと大福の詰め放題に向かう。
今日はやたらと大福の種類が多く感じる。
過去の最低な時は3種類くらいしか無く、同じ様な大福を詰めた記憶がある。

取り敢えず3個ずつ、色の違う大福を詰め込んで行く。
あらかたの種類が詰め込めた所で、残りは適当に限界まで。
結果、思惑通りに25個が詰め込めた。
何気に記録更新をしたと言う事だ。

メンバーの所に戻ると、一人200円を払ってくれると言う。
列に並んだ苦労代と言う事らしい。
となると…私以外のメンバーには9個、私が7個と言う事で決着をつけよう。

ここでの補給は獲得した大福の中でも異色と思える『酒饅頭』。
これは詰め放題でも初めて見る大福…と言うには違う気もする物…だった。
その前に草団子の試食…と言ってもかなり大き目の物…をひとつ、列に並んでいる最中にも貰ったので都合ふたつ。
そこそこの補給になった。

この獲得した大福を補給食にして、京都北部の山間部を走る予定を送っていたのだが、その予定は届いていなく、時間も無いので、何処か適当な昼食場所を探しておいて下さいと、並んでいる最中に話しておいた。
「何処か食べる場所は決まりましたか?」と尋ねるとメンバーの一人が『バリバリジョニー』に行ってみたいと言う。
特に異論も無かったので、そこに向かう事になった。

『バリバリジョニー』と言えば、替え玉無料のラーメン屋さん。
獲得した大福は補給食にはならず、このままお持ち帰りになりそうだ。


■バリバリジョニー

来た道を引き返し、琵琶湖大橋から『バリバリジョニー』へと最短ルートを探る。
が、最短ルートは交通量も多いし、自転車では走り辛い所も多い。
なるべく短く、なるべく快適なルートを選びつつ、しばらくは先導してもらう。
中主の田園地帯を横切り、篠原の駅前を通過するルート。
程なくして『バリバリジョニー』竜王店に辿り着く。

時間的にお昼時で、お腹もほど良く減っている。
これなら最低3回は替え玉をしなくては…と早くも過補給宣言である。

待ち時間は無かったけれど、席はほぼ埋まっている状況。
良い時間に辿り着けた。
メニューを眺めると色々とある。
色々とあったが、替え玉に耐えられるメニューにしようと決めていた。
替え玉する度にスープが薄まって行く気がしたので、こってりしたスープを。

2016102502.jpg
注文したのは味噌豚骨。
味噌豚骨なんて初めて聞いた気がしたので、こってりスープと言うよりも興味本位が勝っていた。

着丼した物は、確かに味噌の風味の効いたラーメンだった。
思惑通りこってりしていたので、こちらの点でも満足出来た。
一口、二口食べた瞬間は、とても4玉は無理だろうと思った。
意外にボリュームのある麺だったからだが、替え玉1回、2回と繰り返す内に、余裕がある事に気が付いて、既に3回目に達していた。

まだ余裕はあったけれど、ここまで平坦基調で特に消費も進んでいない。
『団喜』でも小さいながらも団子3つを食べている訳だし、過補給過ぎるなと自主規制をしてしまった。


■パン屋さん巡り

『バリバリジョニー』を後にすると、少し遠回りして腹ごなしをする事に。
ここから良さ気な場所は無さそうだったので、希望が丘の中を通って帰る事にした。

軽くアップダウンのあるR8から希望が丘の東口へと続く県道へ。
ここもアップダウンがあり、消費が進みそうだった。
そして希望が丘の中もアップダウンがある。

希望が丘を通り過ぎ、菩提寺方面へ向かう小さな上りをこなして行く。
そして住宅街へと下り、R1バイパスへと続く県道に入りしばらくして、メンバーが気になっていたパン屋さんへ。
私はパンを購入してしまうとその場で食べたくなってしまう為に自粛。
他の2名はいくつか購入して持ち帰る事に。
焼きたてのパンなのに持って帰ると魅力が半減してしまわないだろうか?

バックパックを背負っているので1名分のパンを預かり、ここで1名と別れるので大福を分配する。
オレンジ色、薄い黄色、赤色、抹茶色、豆大福はそぞれぞ行きわたるようにし、余った中から好きなのを3つ選んでもらった。

1名のメンバーと別れてふたりになり、R1のバイパスへと向かう。
そこから湖南栗東ICへと繋がる、開通してから数日のルートを通り手原方面へ。
綺麗に整備された道だが、交通量は極少。
まだ認知されていないルートだからか、それとも使い勝手の悪いルートなのか。
今はその両方と言って良い。

この後、オープンテラスのあるパン屋さんに立ち寄ったが、何も購入せずに帰路へと向かった。

土曜日(10/22)のルート



■約束の地へ

明けて翌日。
再びビワサイ朝練から始まる。
朝練終了後の歓談後、皆さんの予定は如何ですかと?尋ねた。
ほとんどの方が予定があり、このまま帰ると言うことになったが、走り足りない方と、予定の空いている方2名が残った。
その面子を見て、今日は約束を果たす日だと感じ、「(レストラン)itoに行きますか?」と尋ねる。

尋ねたのは主に一人の方…takumaさん…に向かってだが。
快い返事を頂いて、ようやく約束が果たせると感じた。
もう一人の方…Segawaさん…はかなり思案されているようだったが、『レストランito』は無理ですが、途中までならと言う事で、琵琶湖岸を南下して、瀬田の唐橋の袂から県道16号を進んで行く。

目的地が『レストランito』である為、かなり消費しておかなければならない。
同行する二人も少し走り足りないように感じるので、いつものグルメライドよりは強度を上げる事にした。
これは私自身のトレーニングにも繋がる。

県道16号から県道12号で信楽に向かうルートは緩い上り基調。
部分的に強めの上りがあるけれど、それは極僅かなものだった。
こう言うルートは私よりもtakumaさんやSegawaさんの方が速い。
道案内役をしなければならないけれど、ほぼ一本道なので先頭交代をしても良かった。
良かったけれど、それをすると自分に負けた気がするので意地を張ってしまった。
その後、力を出せなくなってしまったので、大人しく交代すれば良かったと思うけれど後の祭りか。

信楽のコンビニで小休止の後、Segawaさんは『山田牧場』に向かうと言うので、途中までご一緒してからそれぞれの道を進んで行く。
我々はそのまま県道138号を多羅尾方面に進んで行く。
緩めの上りからピークに向かって斜度を強めて行く。
今日も持ち出しているレイダックは既にギアが無くなっていた。
精神衛生上非常に宜しくない。

アウターローのみを駆使しながら、最初のピーク小峠に辿り着いて、そこから次の上りが始まるまでは緩い下り。
そこで一息ついて、次の上りに備える。
備えるが、心肺には余裕があるけれど、脚の方に余裕が無くなっていた。

緩急を繰り返し御斉峠に辿り着くと、ここから目的地まではほとんど下り。
ここに辿り着きさえすれば目的地に達した物の様だと言い聞かせる。
伊賀市内を一望出来る御斉峠のピーク付近をtakumaさんに知らせてから、程好い下りを進んで行く。

御斉峠の三重側は、この上りよりも伊賀市内から上って来る広域農道の方が上りが強い。
その長い下りを下りきり、県道138号の通行止めが解除されている様な雰囲気があったので少し走ってみるも、通行止めは通行止めのままだった。
少し迂回をして、R163を横切り、伊賀市内へと向かう。
すっかりとお腹が減っていた。

『レストランito』に辿り着いたのは正午を少し回ったところだった。
少し混雑も覚悟したが、それ程待たずに席に案内してもらった。
着席してから混雑が始まったので、ギリギリ間に合ったと言う感じだった。

さて、今回注文するものだが、以前に立ち寄った時から気になっていた『ビーフライス』と言うメニュー。
これ一択と決めていた。
ライスメニューは大盛りに出来るし、そのインパクトは相当な物の筈。
前回は躊躇したが…今回も躊躇する。
と言うのも、この後はヒルクライムが予定されている。

takumaさんにもその旨を話し、二人とも「多め」と言う量を注文した。
takumaさんはカツカレーと言う、簡単にイメージ出来るメニューだったけれど、ビーフライスとは一体どんな物だろう?
最初に運ばれて来た物はカツカレーだった。
その見た目は多めにしては少し少なく感じる。

しばらくして店員さんが運んできたのはケチャップライスの様な物だった。
もしかしてあれがビーフライス?と訝って見ていると、目の前に運ばれてきたので、これがそうかと納得する。
チキンライスのチキンの代わりがビーフになっているのでビーフライス…か。

しかし、ハヤシライスやカレーライスの多めがルーも含まれるのに対して、ご飯の量が多く感じる。
事実そうなのだが、これがやけに多く感じ、食べ進める内に味に飽きてしまいそうだった。
取り敢えず食べ始める。

量の少なく感じたカツカレーはどんどんと無くなり、私は少し焦ってしまった。
takumaさんにはカツカレーの多めは少ないだろうと、ビーフライスを少し食べてもらう事にする。
気を使ってもらったのか、カレーのルーを残して下さって、ビーフライスの味変として提供してもらった。

味に飽きるかなと思ったけれど、美味しく頂けたので飽きる事もなく完食。
とは言え、茶碗で大盛り一杯ほどはtakumaさんに食べてもらったけれど。
手伝ってもらわなくても完食出来た感触はある。
まあ、ここで腹いっぱいになると、この後に響くだろうし、これくらいが良かった。


■もうひとつの約束の地へ

takumaさんと山梨遠征に行った後の事。
いつもの上りが緩く感じる魔法に掛かっている期間は二週間ほどあります。
と言った事がある。
その期間中に何処か良い場所は無いですか?と尋ねられた時に『三国越林道』なんか良いですよ。
と言っていた。
連れて行って下さいと言う事で、すでに何週間か経ってしまっていた。

鳥越林道も走ったし、残り香はあるかなと言う事で『レストランito』に併せて考えていた。
『レストランito』から伊賀上野市外を横切り、R163を木津方面に向かう。
こちらから三国越林道に行った事は無いけれど、大丈夫だろうと高をくくっていた。

アップダウンをこなし、『正月堂』を目指して脇道へと逸れて行く。
この正月堂から三国越林道の入り口は近い。
一度、やぶっちゃランド方面に向かう道に入ったけれど、少し考えて…と言うのもキャニオン上野というゴルフ場に向かってしまうと、登り過ぎてから下るイメージがあったので…引き返して道なりに進む事を選択した。
結果的にこれが間違いだった。

道なりに進み、正月堂へ向かう道を進んで行った。
そして正月堂に近付いた時に三国越林道の案内も出てきた。
間違っていなかったと胸を撫で下ろしたが、やけに強い斜度の上りが続く。
案内に従って三国越林道に入ったが、そこは私の思い浮かべる場所ではなく、その途中に出てしまった。
私の思っているスタート地点から、1.6kmほど登った場所だった。

takumaさんに下ってみます?と伺ってみたが、強い斜度に疲労している所為か、下ると言う選択肢は無い様だった。
まあ、今回は下見と言う事で、とお互いを納得させてピークへと向かう。
ピークはスタートから6.4km地点にある。
そこまでの残り距離もはっきりと分かる。
と言うのも、100m毎に路面に表示されているからだ。

それに気が付くのは初めてだと分からないし、ピークまでの距離も知っておく必要はある。
それをtakumaさんに伝え、少し緩くなった上りをこなして行く。
緩くなったとは言え、先程の強い斜面から言えばだが。
私は強い斜面からも、そして緩くなってからも軽いギアは無くなってしまっていた。
ダンシングの時間が増える。
そして脚を削られて行く。

心肺には余裕があったけれど、脚に余裕が無くなっていた。
それでも強く踏み込むためにダンシングを続ける。
効率の悪い走り方で、心肺も徐々に余裕がなくなってくる。
余裕のなくなる前にピークに辿り着きホッとして、今日の難関は越えたと確信する。

三国越林道を逸れ、信楽方面に下って行くルートを取る。
しばらくして往路に使っていたルートに出ると、それをひたすら引き返していく。
信楽市内のコンビニで小休止を取り、軽い上りをこなした後、下り基調の帰路を急いだ。

日曜日(10/23)のルート



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
↑過補給ライドって面白そうって方はクリック!
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>takumaさん
お疲れ様でした。
是非”大盛りを食べる”と言う目的を果たす為、再戦しに行きましょう。
万が一の事を考えて、もう少し人数を増やさないといけませんが(笑い。
ヒルクライムは上り坂を恐がらないと言う基本的な事は既にクリアされているし、あとはペースコントロールだけですね。
それが出来ればまだ一段とレベルアップ出来るはずです。

私もこの一週間は時間が取れそうなので、是非!
【2016/10/25 18:08】 URL | ドギー #- [ 編集]

有難うございます!
ロードを乗り始めた去年から行きたかった念願の「ito」さんに
遂に行くことができて、感無量です!ドギーさんのおかげで、
速くはないですが、ヒルクライムもこなせるようになり、
数ヶ月前よりは成長できました。返す返すも有難うございますm(_ _)m
今度は大盛りにチャレンジしたいですね!

明日より一週間秋休みに入りますので、またお手隙で走られる時は
声かけ下さい‼︎
【2016/10/25 08:24】 URL | takuma #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2916-94293c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking