FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



新春ライドはお腹一杯
今年の正月三が日はゆっくりと家で過ごそうと思っていた。
たまには体と心を甘やかしても良い。
それがあまりに元日の天気が穏やかな物だったので、こんな天候の中じっとしている方が勿体無いと思い、正月の三が日にオープンしているお店を検索し、そこまで脚を伸ばしてみようと思った。

旅は道連れ世は情け。
三が日だけれど暇な人がいるかなと?連絡を取ってみると、takumaさんとKAMIYAさんが参加しても良いと言う返事。
冬場に走るには少し距離があるようだけれど、平坦基調だし大丈夫だろう。
余裕があれば少し強度の上げられる道もある。

2017010301.jpg
移転している事を知らずに向かった『鞍馬サンド』。
以前の店舗と内装は良く似た感じだけれど、外観には変化あり。

----------・----------・----------
お店選びの基準は、先ずはボリューム、そして味。
ボリュームがあっても味が伴わないと、それはただただ苦痛を感じるだけ。
と言うのを、最近思い知る事になった。

自転車に乗っていると、食べ物が美味しくなる。
これは紛れも無い事実で、そこそこの評判のお店だと先ず間違いなく美味しく感じる。
これは非常に有り難い事で、自転車に乗る意味のひとつだと思える。

今回検索して、白羽の矢を立てたのが鈴鹿市。
鈴鹿市には三が日でもオープンしている店が多い。
その中でボリュームのあるお店を検索し、次に味に定評のあるお店。

いくつかのお店が浮かび上がり、ひとつは『鞍馬サンド』に向かう事に決めた。
ここはボリュームよりも味…と言うより、パンの美味しさとメニューの豊富さで選んだ。
そして、この周辺でボリュームがあるお店を探すと『東京おぎくぼラーメン・ゑびすや』と言うお店の『五目あんかけ焼きそば』と『五目あんかけバリそば』と言うメニューが2人前以上のビッグサイズだとか。
なかなか美味しそうな上、ボリュームも有ると言う事でここに決めた。
勿論、1/2に営業している事は確認済みだ。

向かう先が決まると、旅の道連れを探す為に、先ずはtakumaさんに連絡を取ってみる。
この距離とメニューならば最初に声を掛けなければならない存在だ。
そしてtakumaさんに、他にも行きたい人がいるか確認の為、ラインで情報を流して貰うようにお願いした。
するとKAMIYAさんも行きたいと言う事だった。

集合時間と場所を決め、当日を迎える。
前日の元日に引き続いて良い天気になりそうな予感がひしひしと感じ取れた。
先ずはtakumaさんと合流し、KAMIYAさんの待つコンビニまで1時間少々。
少し遅れ気味だったので、途中からペースを上げ気味にして。

待ち合わせのコンビニに辿り着くと、じっとりと汗をかくほど気温が上がってきた。
KAMIYAさんは『爆メシ』の本を興味深そうに読んでいた。
爆メシとまでは行かないものの、今日は良い塩梅にお腹が膨れるはずです…と心の中で復唱しておく。

向かう先はほぼ一本道で、道案内もしばらく必要の無い物だった。
そこで信号停止したら先頭交代しましょうと言う約束を決め、ペダルを漕ぎ出す。

正月の三が日とは言え、異常に空いているR1を黙々と進む。
皆、わざわざ信号に引っ掛かるような真似はせず、タイミングを見計らって引っ掛からない様に走るので、先頭交代は思ったより少ない。
「この調子だと鈴鹿峠に向かう上りは誰が引くんだろう?」と、残りの信号の数を数えてみる。
全てに引っ掛かる訳でもないし、引っ掛かりそうな信号をピックアップすると、takumaさんかKAMIYAさんにその役目が当たるな、と口に出して二人に伝えた。
これが悪かったのか、峠を前にしてすいぶんと長く牽く時間が続き、そして峠までの信号は全て青で通過する事になった。

まあ、峠とは言え、極緩い物だから負担は軽いけれど、私が牽く事によって、逆に二人に負担が掛かるんじゃないだろうか?
とも思えた。
アウターで十分に登れる峠を越え、トンネルを抜けるとひたすら下って行く。
下りの途中でようやく信号に引っ掛かり、takumaさんと先頭を交代する。
下り基調でtakumaさんと交代する事になるとは…私に負担が掛かり過ぎてやしませんか?
付いて行くのだけでもきついのに、離されてしまうと更にしんどい事になる。
なので、離されない様に神経を集中させた。

麓のコンビニで休憩を挟み、R1から県道144号線に向かう。
ここも突き当たるまでは一本道なので、同じ様に先頭交代のルールを適用する。
序盤はアップダウンが続いたが、後半は概ね平坦と行って良い。
先頭を引くのは運次第と言う感じか。
takumaさんが引く時間が長くなり、疲労の色が濃くなって行くのが後から見て分かった。

道が突き当たると、案内役の私が自然と先頭に立ち、先ずは『鞍馬サンド』を目指す。
県道41号からサーキット道路に入ってすぐに『鞍馬サンド』はあるはずだった。
しかし、そこにあったのは抜け殻になったかつての店舗で、どうやら移転しているようだった。
一人で来ていたなら途方に暮れていただろう。

二人にスマホを操ってもらって、現在の店舗の位置を探してもらう。
と、サーキット道路をそのまま進んで、4~5km先に移転してあると言う事だった。
だいたい4km程進んだ所で、もう一度正確な場所を確認してもらうと「あと150mです」と。
150mならばもう視界に入っていてもおかしくは無い。
「どちら側ですか?」と尋ねると「右側みたいです」と言う返事が返ってきたので、右側に視線を集中させながら、150mは十分に進んだ。
いや、もう200m以上走っている。
ふと後ろを振り返るとKAMIYAさんが居ない。
100m程向こうで立ち止まっている。

店舗は左手にあり、私とtakumaさんはそれを見逃して進んできてしまった。
KAMIYAさんの所まで引き返すと無事に『鞍馬サンド』に辿り着いた。
駐車場は一杯だったけれど、店の外までお客さんは並んでいない。
以前はもっと混雑していた気がするけれど、店舗が移転した事と今日が三が日と言う事が影響しているのだろうか?

店内に入り、数名の並びの後ろで注文は何にしようか迷いに迷う。
迷っている内にレジに辿り着き、まだ悩んでいる。
後のお客さんの事も気掛かりになり、『1月限定』と書かれていた、きな粉と黒糖の何とかサンドを注文。
もう少しゆっくりと考えたかったけれど、決定打も無い感じだった。
限定と言う言葉に弱い日本人っぽく、それに倣った。

KAMIYAさんは『平安』と銘打たれた苺と生クリームのサンド、takumaさんは『天狗』と言うバナナと生クリームのサンドと名前も内容も失念した惣菜のサンドのふたつを。
『鞍馬サンド』はどちらかと言うとデザートサンドが有名な気がしたけれど、惣菜のサンドも豊富にあり、それが迷う原因となった。

2017010302.jpg
1月限定のきな粉と黒糖の何とかサンド。
限定のサンドには他のサンドの様に京都にちなんだ名前が無い。

以前より美味しく感じたのは自転車の影響だろう。
往復で10km程余分に走ってしまったが、余分に走った価値のある味だった。
サンドを十分に堪能すると復路に入り、昼食の予定地『東京おぎくぼラーメン・ゑびすや』に向かう。

サーキット道路を引き返し、県道41号を亀山方面に。
目的地は亀山駅のすぐ近くにある。
風が吹き始め、有り難くない事に向かい風基調だった。

亀山駅に近付くと県道から線路が離れて行き、少し不安になる。
が、亀山駅への案内通りに進み、少し引き返す感じで無事に目的地に辿り着いた。
情報通り営業しており、その事には安心したが、店内に入りメニューを一瞥すると、注文しようと思っていたメニューが何処にも書かれていない。
「取り扱っていない?」と一瞬考えたが、KAMIYAさんが「正月メニューとあるので、普通のラーメンだけでしょう」と言われると残念ながら納得しなければならなかった。

一気にテンションは下がったけれど「セットメニューのご飯はお替り自由」と言う文言を、これまたKAMIYAさんから教えてもらうとテンションは戻って来た。
豚骨ラーメンのぎょうざセットを注文して、注文した物が届くまでは歓談とこの後の予定を。

2017010303.jpg
見た目以上にボリュームのあるラーメン。
ぎょうざは今まで見たどのぎょうざよりも小ぶり。

ラーメンのボリュームもそこそこあり、ご飯のお替りは一度だけで、十分にお腹一杯になった。
takumaさんも少な目のお替りを一度だけだったのに、この後「腹パンや」を連呼されるほどだった。

お腹の方は十分に満たされたので、これをこなす為のライドに向かう事にする。
鈴鹿峠より標高のある安楽峠を越えるルート。
初めて走る道なので、不安よりも期待が大きい。
ただ、安楽峠は県道扱いもされていないルートなので、冬季通行止めとなっていない事を祈るばかりだ。

お店を出てすぐに県道302号に入り、石水渓を目指す。
予想外だったのは、この石水渓に向かう道がすこぶる良いのだ。
良い意味で予想を裏切ってくれた。
キャンプ場を越えると二車線あった道は一車線に変わったが、それでもまだ走りやすい道だった。

一車線になってしばらくすると流石に道の上に枯葉や落石が目立ち始めたけれど、それは極少ない物だった。
道はやがて安楽峠へと続く道との丁字路を迎え、それを左に折れて安楽峠方面に向かうと、登りも強くなったけれど、道の状況も悪くなった。
とは言え、廃道状態ではなく、散乱物は目立つものの、舗装の状況は悪くない。
それはピークまで続き、非常に走りやすいルートだと思えた。
それは滋賀側にも言える事で、こんなマイナーなルートがこんなに走りやすいとは、本当に予想外だった。

2017010304.jpg
安楽峠にて。
安楽と言うほど安楽ではないけれど、辛くもない。
道の状況がすこぶる良いけれど、道路の前後関係でどうしても使い難くなってしまう?

R1に出るとひたすらそれを大津方面に向かうだけだった。
途中『日本一たい焼き』で休憩を予定していたけれど、その手前のコンビニに立ち寄ってしまったのでスルーする事にした。
向かい風基調は相変わらずで、その風力がやや強くなってきていた。
KAMIYAさんは「自宅まで近いので」と牽いてくれる事を志願されたが、風が想像以上に強かったのか、疲労の色が見て取れた。
途中で交代してしばらく牽く。
KAMIYAさんが回復された所で再び交代して、今度は別れる場所まで。

KAMIYAさんと別れると、ダウン走程度に強度を切り替え、旧R1(現在は県道4号)からR1へと進み、栗東IC近くから琵琶湖岸へと向かい、勝手知ったる道へと入って行く。
takumaさんは京都から余分に走ってきているので、疲労具合も私よりは強いかなと、後ろで休んでもらった。
それは陽がまだ比叡山の稜線の向こうに沈む前の事で、明るい内に帰って来れたのは良かった。

今年は新年早々から色々とお腹一杯のライドになった。
この後のライドも、同じ様なライドが続けば良いな。

今日(1/2)のルート

冬場は明るい時間が短いので少し慌て気味だけれど、日が長くなったら十分に行ける距離だと分かった。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
↑「走り初めはこれから」と言う方の参考になれば嬉しいですね、と共にクリックしていただけるとより嬉しかったり?
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2928-ef9ff4f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking