FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



大盛りチャンポンとパン屋さんをはしご・後編
前編からの続き。


既にお腹も舌も満足だった。
一軒は空振りに終わったけれど、それでも十分だった。
とは言え、今回のライドの目的は『大盛りチャンポン』にあった訳だから、それを食べずして引き返すのは選択肢に無かった。

2017012206.jpg
『まるいし』さんはラーメン屋と言うか、チャンポン麺はもちろん、うどんもメニューにあるので、麺屋さんと言った方が正しいのか?

----------・-----------・----------
開店時間の10分ちょっと前に辿り着いて、もう一度大盛りに挑むか腹具合を確認してみる。
ディスプレーされているチャンポンは至って普通の量に見えたし、食べられない事は無さそうだったので、当初の予定通り大盛りを注文する事に決めて開店を待つ。

開店前に行列が出来るお店とは思っていなかったけれど、数分前から開店を待つお客さんが目立ち、開店と同時に私達を含めて数人が入店して行く。
予定通り大盛りを注文し、出来上がりを待つ間にも続々とお客さんが増え、目の前にチャンポンが届く頃には入口付近で待ちが出来るほどだった。

2017012207.jpg
野菜がたっぷりだから…と自分自身を納得させる。

個人的にチャンポンを評価する時は、具材の多さといギリ及第点と言った所か。
具材はキャベツ、モヤシ、ネギにニンジン、木耳に豚肉と非常にオーソドックス。
可もなく不可も無いと言った感じ。
炒め加減は出来れば油が香り立つくらい炒めている方が良いのだが、一旦湯通ししてから炒めているようで、この点は残念だった。
お客さんが多いので、ある程度火が通ってから炒める方が時間が掛からないと言う事情もあるかも知れないが。
出て来るまでにそれほど時間が掛からなかったのも、そういう理由からか?

滋賀県内で提供されるチャンポンは和風出汁が多い。
このお店もその例に漏れず和風出汁のチャンポンだった。
これは完全な個人的な好みになってしまうけれど、私は長崎チャンポンの様な白湯の方が好みなので、この点も少々残念ではあった。
そしてチャンポン麺としては珍しく、麺はかなり細かった。
これも個人的な好みになってしまうけれど、博多ラーメンに代表されるストレート麺以外は、太麺の方が好みだ。

先ず野菜の多さに、麺に到達するまでかなりの時間を要する。
その間に細麺がスープを吸ってしまったのか、麺が団子状に固まりかけていた。
あわてて麺をほぐし、固まる前に食べ進めて行く。
何となく急かされる様に食べなければならない。

野菜も麺も中程まで食べ進めると、満腹中枢が反応しだしてくる。
まだ普通のチャンポンくらい残っているけれど、何とか食べられそうだ。

無事に食べ終わると、すっかりお腹がパンパンに膨れ上がった。
この様子だと、しばらくは強度を上げられないなと、takumaさんと話す。
takumaさんの方はと言えば、まだ余裕があるそうな。
ここまで変わらない補給をして来たと言うのに…

外に出れば怪しくなっていた天候はすっかりと何処かに消え、太陽の日差しと青空が戻って来ていた。
これに少し気分を良くし、復路へと向かう。
本来はここで打ち止めして、帰り道に何か工夫を入れる所だった。
工夫と言うのは、走りやすい道や景色の良い道を走ると言う事だが。

そう言う工夫を入れる気持ちが無くなったのは、風が強く吹き出していて、それがまともに向かっていたからだ。
琵琶湖岸に出るとこの影響をまともに受けそうだし、内陸部を進む。
荒神山に登ってみようと思ったけれど、日陰部分がことごとく凍結していた物だから、下りに非常に気を使うと言う事で回避。
結局県道2号に出て、それをひたすら戻る事を選択する。

県道2号に出れば後は道なりなので、takumaさんに牽いてもらう。
向かい風だが、走り足りないtakumaさんにとっては好都合だろう?
ようやく脚が休められると思うだろうが、その考えは間違っていて、離されない様に神経を集中させ、都度、強度を上げなければならなかった。

ここで私の中にひとつの考えがあった。
「帰りに何処かで甘いパンでも食べましょう」
良い案ですね、とtakumaさんにも同意を貰って、あるお店に向かう事を決めた。
それは私の中で最高の『ショコラオランジェ』を食べたお店だった。
この『ショコラオランジェ』を是非ともtakumaさんに賞味して欲しかった。
と言うのも、takumaさんが選びがちなパンの代表のひとつだったからだ。
ただ、少々お値段が張る事が気掛かりではある。

強風に抗いながら野洲の市街地を目指した。
目指している間にもうひとつのパン屋さんにも立ち寄ってみたい衝動に駆られた。
「洋菓子が美味しいと評判のパン屋さんがあるのですが」
小声で…(パンはそれ程評価を貰っていないようですが)…と付け加えつつも。

同意は得ていないけれど、取り敢えずそこを目指してみる。
野洲の市街地に差し掛かると先頭を交代して、案内役になる。
周辺の気になるお店をtakumaさんに話しつつ、野洲駅前にやって来るとそのお店が営業している事を先に確認する。
「暗っ!」とtakumaさん。
確かに照明の明るさは無いけれど、大きなガラス張りの壁を覗くと、ケーキが並んでいるのが見えたので営業はしているようだ。

2017012208.jpg
フランス菓子とフランスパンのお店と謳っている『ル・シエル』さん。

不思議な事に、『まるいし』さんを後にした直後はお腹がいっぱいで、しばらくは何も食べられそうに無かったけれど、ここに来て急速にこなれて来ていた。
1時間少々しか経っていないので、これは意外なほどの速さと言える。
チャンポンはお腹に溜まり難いのか?
とは言え、この後も個人的に最高の『ショコラオランジェ』のお店があるし、自重しなければならない。
洋菓子が評判のお店だけれど、フランスパンに自信を待たれているようで、ハード系のパンも目立つ。
とは言え、甘いデザート系のパンはソフト系に偏っている。
そんな中で選んだのは…

2017012209.jpg
苺のクリームデニッシュとか言う感じのパンを。

イートインもあるようだったので、店内で食べると言うと、支払いは食後と言う事だった。
そしてパンを一旦厨房へと持って行かれると、リベイクとカットをして持って来て貰える。
これはなかなか気の効いたサービスだ。
一瞬、ワンドリンクの注文が必要かと思えたけれど、断る事が出来たので、その辺は謎。

件のパンだけれど、てっきり苺のクリームと思っていた。
出てきたものは苺のジャムとカスタードクリームの入ったデニッシュだった。
よく思い返してみると、苺とカスタードクリームのデニッシュだったかも知れない。
知れないかも知れないけれど…苺とカスタードクリームだったとしても…それを混ぜた物であって欲しかった。
とは言え、温められて食べやすくカットしてあるので、綺麗に美味しくいただけた。

少し満足気味だったけれど、やはり向かわなければなるまい。
再度takumaさんに確認してみると行ってみたいと。
かなり近いので消費が進むとも思えなかったけれど、件のお店に向かった。

2017012210.jpg
程なくして辿り着いたのは、ベーグル獲得ライドの際に立ち寄った『ブーランジェリー・コフレ』さん。
ベーグルよりも一緒に購入したショコラオランジェが本当に美味しかった(なぜ過去形?)。

店内に入り、早速確認したのはショコラオランジェがある事だった。
幸いにも1つだけ売れ残っており、takumaさんに「如何ですか?」と尋ねた。
takumaさんは他のパンにも興味があるようで、「ドギーさんどうぞ」と譲って頂いた。

それを目的としていたので迷わず購入。
ただ、どうしてもtakumaさんにも味わって欲しかったので、おすそ分けする事は決まっていた。
こちらもイートインスペースがあったので、そこで食べる事に。

2017012211.jpg
初めて見た時はハード系のパンに見えたけれど、改めてみると間違いなくデニッシュ。
何故見間違えるような真似をしたのだろう?

takumaさんはお腹に余裕があると言う事で、二品購入。
私は早速、ショコラオランジェを半分…に、しようと思ったけれど、デニッシュのサクサクの生地の所為で上手い具合に半分に出来なかった…をtakumaさんに賞味してもらう。
ナイフがあれば…と思いつつも、そんな事態はこの先も起こらないだろうし、考えるだけにして…綺麗に半分に出来たのにとtakumaさんに話す。
その代わりに『ショコラフランボワーズ』と言う小さなフランスパンにヘーゼルナッツをあわせた板チョコとラズベリーソースの入ったパンを半分頂いた。

濃厚なチョコレートに、酸味の利いたラズベリーソースが意外にマッチしていて美味しく食べられた。
が、フランスパンとあわせる意味が少しだけ疑問だった。
takumaさんが『ショコラオランジェ』を食べる際にイチイチ薀蓄を語り、そして改めて私も食べる事にした。

が、以前食べた時ほどの感動が無いのは何故だろう?
先に濃厚なチョコレートを食べてしまった所為だろうか?
それとも期待値が高くなり過ぎた所為だろうか?
そのどちらとも言えるけれど、やはり私の中で偶像化しすぎた為だろう。

ここまで補給…と言うより楽しく食べる…つもりは無かった。
過補給になってしまった事は明らかだったので、少しだけ遠回りして、走りやすい道を帰る事にする。
とは言え、相変わらず強い風は向かい風基調で、心配していなかった天候は悪い方向へと向かっている。
距離を稼ぎつつも時間をロスしないようなルートで帰路に就いた。


今日(1/22)のルート

帰宅して体重計に乗ると、朝の体重とほとんど変わりが無かった。
自転車は効率よくエネルギーを消費してくれていると、糖質をたっぷり食べる事への罪悪感を薄めてくれる。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
↑これは自転車ブログなのか?と思われた方もグルメな方も応援クリックよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2937-218c51c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking