FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



デカ盛りライド・満腹屋(後編)
前編からの続き。


『ベイクハウス・メール』で期待していたショコラブラウニーは無かったけれど、他にも魅力的な商品が並んでいた。
気になる商品が二つあったけれど、そのどちらもが残りひとつ。
私とtakumaさんの好みは被る事が多いので、先ずはその内のひとつだけ取り上げる。
そしてしばらく様子を伺っていると、やはりtakumaさんはもうひとつの方を手に取られた。

順番を譲っていただいただけに、一安心と言う所か?
さらにしばらく様子を伺って、takumaさんが二つ目の商品を取り上げると、その間に候補に上がっていたパンを取り上げた。

2017012404.jpg
つぶあん入りクイニーアマンとクリームチーズのブリオッシュ。
クリームチーズが好きなので、それを用いたパンが第一候補。
そして、私の知っているクイニーアマンとはかなり見た目の違うクイニーアマンに興味が惹かれた。
パンを食べる事は好きだけれど、知識については素人同然。
だった物が、ここ最近、急速に知識を取り入れている。

ブリオッシュとは何ぞや?
”菓子パンのひとつで、水の代わりに牛乳を加え、バターと卵を多く使った口当たりの軽い発酵パンの一種である”
ウィキペディアから。

当初はその形からくるものだと思っていたが、調べてみると違うと分かった。
これからのパン選びで、見た目だけでなく、ある程度目処が付けられるようになった。

クイニーアマンとは何ぞや?
”洋菓子の一種で、名称は「バター(amann)の菓子(kouign)」という意味から名付けられ、洋菓子店の他にパン屋でもしばしば菓子パンの一種として売られている”
同じくウィキペディアからかなり要約。

私の中で、固定概念が覆させられた瞬間だった。
てっきり、デニッシュ生地のあの形(薄い円筒形)の物をそう呼ぶんだと思っていた。
勉強になる。

----------・----------・----------
コンビニまでの道案内…と言うより、ここからはtakumaさんの案内で進んで行く事にする。
takumaさん的に、だいぶ走り足りなさそうな気もしたので「お好きな道を走っていただいて結構ですよ」と伝えた物の、この先は京都市内なので、走り甲斐のある所は非常に限られる。

コンビニで小休止と共にホットコーヒーで先程購入したパンを頂く。
先ずは、いの一番に目を付けたクリームチーズのブリオッシュから。
レモン風味の効いた、レアチーズ風のクリームチーズが贅沢に乗ってあり、柔らかいパンと相まって予想以上の美味しさだった。
そしてつぶあん入りのクイニーアマン。
クイニーアマンと言うより普通のあんぱんに見えるが、何がクイニーアマンなんだろう?と訝りながら食べてみる。
クイニーアマン自体、それ程食べた事が無いけれど、ややしっとりとしたデニッシュ生地のあんぱんだった。

十分にパンを楽しめたし、ここで私のプランは終わった。
さて、後は帰るだけだが、takumaさんに残りのルートは任せてある。
走り足りないtakumaさんに、今休憩をしているコンビニにつれてこられた時に、ある程度予感はしていた。

思った以上に北に来たな。

これは滑石越えを通るかも知れない。
走り応えのある場所と言えば、ここか将軍塚くらいだと見当を付けていた。
そしてその予感は的中し、滑石越えへと入って行く。

信号からの再スタートで、takumaさんはサドルから腰を浮かし、ペダルを踏みしめて行く。
少しは強度を上げるだろうなと言う事は承知していたが、序盤からダッシュをして行く。
遅れない様に、フロントのギアをインナーにチェンジし、ケイデンスを上げて付いて行く。
そこで開いた数mの間隔は縮まる事も無く、むしろ広がって行く様に見える。

これは遅れる事は許されないな。
私がこれまでtakumaさんを牽いている時もtakumaさんは付いてきた。
それに対する礼儀がある。

重いギアを踏むtakumaさんに対し、軽いギアを回す。
ゆったりと走っている感じに対して、忙しなく動いている気がする。
斜度が緩んできてギアチェンジしようにも、その僅かな隙に逃げられそうで、ギアチェンジをしないまま追いかけた。

結局差を詰められないまま、数m遅れでピークへと辿り着くと、喉の奥から鉄の味がしてきた。
久しぶりに追い込んだ。
こう言う5分前後のヒルクライムが一番しんどい。
その5分で全てを出し切るべく走るものだから、持つか持たないかを考えている暇が無い。

しっかりと使い込んだから、この後は帰るだけかな?とtakumaさんの動向を見ていると、R1を横切って更に北へと向かっている。
まだ走り足りない様だ。
それを感じ取ると、滋賀までエスコートするつもりだなと感じ取った。

東へと進路を変えつつも、本来のルートより北寄りな感じがする。
これはもう一度使い込む気だと感じ取った。
大方の予想通り、takumaさんはR1よりも北側のルートを黙々と走り続ける。
その予想通り滋賀までエスコートしてい貰い、ついでと言っては何だが小関越えを越えるルートを取られた。

ここも強度を上げられたが、斜度がきつめでどちらかと言うと私の得意分野になる。
序盤の元気のある内は付いて行くのがきつかったが、やがて垂れてくると余裕を持てるようになった。
垂れてくれて良かった…と油断してしいる所で、ラストスパートを仕掛けられた。
そんな余裕がまだあったか、と追いすがり、何とかくっつきながらピークへと辿り着いた。

これで今日のトレーニングは終わりだな。
何処か安堵しながら、凍結に注意しながら滋賀側へと下って行く。

麓に辿り着いて、takumaさんから「ドライリバーってパン屋知ってはります?」と。
いやと応えると、取り敢えずいそこに向かってみようと言う事になった。
サイコンを眺めると、takumaさんの走行距離が80kmを越えた所で、この調子だと100km未満になってしまうと考えた。
今日の目標として100km走行を目指しておられるので、少し遠回りするかと、唐崎に評判のパン屋さんがある事を思い出した。
そこに向かえば、100kmはクリア出来るはずだ。

取り敢えず『ドライリバー』さんに立ち寄ると、takumaさんはいくつかのパンを購入してから唐崎へと向かう事になった。
私は補給気味に感じたので自重する事に。
と言うか、興味の惹かれるパンが無かったと言うか。

JRの唐崎駅を目指しながら適当なペースで向かう。
目的のパン屋さんの位置、営業時間等は全く分かっていない。
近くまで辿り着きさえすれば、takumaさんのスマホに頼れば良い。

唐崎駅の周辺に辿り着いて、takumaさんに情報収集のお願いする。
評判のパン屋さんは休みだと分かった。
しかし、唐崎には多くのパン屋さんが点在する。
その内の近くのお店に向かう事になった。
向かう強い理由は、商品にチョコレート系のパンがあると言う事だった。
『ベイクハウス・メール』さん以降、ずっと心に引っ掛かっていたから。

2017012405.jpg
何とかショコラと言うパンがメニューにあったので、立ち寄った『ラパン』さん。
検索した場所から近くて分かりやすいと言うのも理由のひとつだった。

店内に入ると、税別で100円均一の場所と120円(130円だったかも?)均一の商品が並べられていた。
120円均一の場所にココア生地にチョコレートクリームの入ったパンがあった。
それを迷う事無くトレーに取り、100円均一の所から苺のカスタードクリームパンを選んだ。
前回も同じ様な商品を選んだ訳だが。

2017012406.jpg
苺の(と…か?)カスタードクリームパンと名称は失念したチョコレートクリームのパン。

イートインがあり、暖かい店内で頂く事にする。
どちらも非常に甘いパンで、疲れた身体には染み渡る感じだった。
勿論、こう言う効果を狙ったわけだけれど、少し甘過ぎる感じもした。

外に出ると、比叡山から雪雲が迫り、今にも雪が降り出しそうだった。
出発してすぐに雪雲に飲み込まれ、体の前面に雪が溜まって行く。
早く帰りたい気持ちが芽生え、焦りを生む。
R161に出てしばらく、takumaさんが「牽きます」と言って加速されたけれど、その加速について行けず、10数m後方を進む事になった。
takumaさんは気付く様子もなく、その勢いのまま走られたので、差は開く一方だった。

牽くつもりなら後ろを確認しろや!
と悪態をつきながら、後姿を見送った。

雪は勢いを増しながら、路面を濡らして行く。
最後の最後に転倒しては何にもなら無いと、自分に言い聞かせた。
流石にtakumaさんは途中で気付いてくれたが、追いかけるのに力を使い果たしていた。


今日(1/24)の後半のルート


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
↑これだけ食べても消費カロリーがトントンのロードバイクって素晴らしい趣味だ!と思われた方は応援クリックよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2939-f152595e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking