FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



転倒から復帰への道・助走
取り敢えず一番の懸案事項であったホイールセットを手に入れたので、自転車で走り出すのに必要と思われる物を購入しました。

2017111001.jpg
これで取り敢えずは走り出せる格好には出来ます。
しかし、破損したままの状態の物もあるので、それは私の状態が上向かない限りはまた転倒する可能性があるので、その状態を見ながらと言う事で。

2017111002.jpg
今回ホイールに組み込むのは、以前から使ってみたかったIRCのアスピーテプロ。
インナーチューブもIRC製で揃える事に。

アスピーテプロを使ってみたかったのは、比較的軽量(24cサイズで205g)でビードtoビード(サイドウォールからトレッド)にパンクガードが入っているからです。
今回の転倒もパンクが原因と思われるので、パンク対策のしっかりとしたタイヤを選んだのは心理的な影響が大きかったのかも?

チューブはラテックスが使えるのが売りのホイールでしたが、同じIRCのブチル製(仏式・バルブ長60mm)にしました。
ただ、このチューブはかなり重いので、しばらくして落ち着いたら軽量な物と取替えたい所です。
その時もラテックス製を選択せずにブチル製の物になると思います。
やはりパンクのリスクは減らしておきたいですから。

2017111003.jpg
タイヤの装着完了。

タイヤとインナーチューブを組み込んだ後から分かった事ですが、このホイールのオススメバルブ長が50mmと言う事でした。
50mmのバルブ長のインナーチューブを組み込む事でホイールバランスが取れるとの事でした。
バルブ穴の反対側に内臓のマグネットが仕込んである(U字のマークがある箇所)のがその原因だろうと思われます。

IRCのチューブがかなり重いので、取り替える機会があるならば、50mmに近いバルブ長にしようかと思っています。

2017111004.jpg
ホイールにはローテーション方向が示されていて、フロントのクイックリリースレバーを取り付けるときに迷わずに済みました。
その右には各タイヤサイズにおける最大空気圧も示されています。

バルブ穴にはカラーが入っており、バルブとリムが直接接しないようになっていて、異音の原因を取り除いてあります。
スプロケは以前に装着していたアクシウムから取り外した物を使いましたが、今は手持ちの11速のスプロケがそれしかないので仕方がないのですが、軽さが売りのXeNTiSのホイールにはもう少し軽いスプロケットを取り付けたいと思っているので、余裕があればその時にでも取替えようかなと。

2017111005.jpg
取付けボルトがもがれてしまったリアブレーキは、9100系のデュラエースから8000系のアルテグラにしました。
形状がほぼ同じなので違和感が無いだろうとチョイスしました。
これだけの部品で値段が三倍近くするのでちょっと同じ物を購入する気が起きませんでした。
ボルトだけでも交換出来れば良かったのですが、構造的に見たらそれも不可能なように思えたのでこれを購入する事にしました。

2017111006.jpg
取付けボルトはもげてしまいましたが、取付けてある方のフレームには損傷が無く、無事に取付ける事が出来ました。
何故フレームが無事で、キャリパー側の取付けボルトが損傷してしまったのかは理由は謎。

2017111007.jpg
XBLシリーズもアルミリム用のブレーキシューが使用可能でしたが、慣れない内はカーボンリム用のブレーキシュー(画像右側)にしておきます。
慣れてくればその謳い文句にも乗っかってみようかと思っていますが…

2017111008.jpg
まだまだ交換しなければならない部品があったりしますが、見た目や気持ちの問題が大きい物がほとんど。
取り敢えず走り出せる格好はつきました。
光と影が斑に当たる悪い環境下の中での写真ですが、ホイールが非常にフレームにマッチしたデザインだと思っています。
やっぱり白いロゴは似合うな。

2017111009.jpg
少しでも環境が良化すると思って反対側からも。
しかしそれ程環境は良くなっていない…

2017111010.jpg
ハブのカラーも白。
ゼンティスのコーポレートカラーが水色なので、それもワンポイントとなっている。

2017111011.jpg
リアハブも同じく。

ローテーションマークに合わせてホイールをセットしましたが、自転車の外側から(前なら前から見て、後なら後ろから見て)眺めると文字が読めるような向きになります。
そう言った狙いがあったのかな?

2017111012.jpg
このU字のマークの所にマグネットが仕込んである。
ちなみにこのマークは、U字型の磁石をイメージした物。
ここにスピード計測用のセンサーが来るようにすればスポークにマグネットを取付ける必要はなくなるけれど、今はまだその調整はしていない。

2017111013.jpg
前ブレーキは転倒前のままの9100系のデュラエース。
真っ黒のデュラエースだけれど、ヘッドチューブ付近がブラックなので違和感は無い。
フォークがカーボングレイなので、アルテグラでも良かったけれど、前ブレーキは安心感の高いデュラエースで良いでしょう。

2017111014.jpg
リアブレーキは取付けボルトがもげてしまったので、8000系のアルテグラ。
ガンメタ調の本体に黒の塗装がロゴの上に施してある。
フレームもこの周辺はカーボングレイなので違和感は無い。
と言うか元々これだったような雰囲気。
デュラエースの取付けボルトが取り替える事が出来るならば、そうしたいけれど、この場所にはこのブレーキの方が良さそうに思える。

これで一応は走り出せる格好が付いた。
ホイール交換の効果を試したく、早く走り出したい気持ちで一杯だった。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2986-a07e478e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking