只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



Festive500・2日目
STRAVAのFestive500にエントリーした物の、あと走れるのは年末の三日間だけ。
その三日間も天気が悪ければ達成が困難になる事が容易に想像出来た。
達成が困難になろうとも、こんな時期に遠出する機会のきっかけになれば良い。
そう言った理由の方がエントリーした意味が大きい。

残り400km程度。
年末の残された期間で走らなければならない距離。
天気さえ問題なければ、それ程困難とは思えない。
出来ればその距離をなるべく減らしておきたい。

うってつけと思えたのは、鈴鹿のあの店に行く事。
ただ距離を稼ぐだけではモチベーションを保つのが難しいけれど、そこにご褒美があれば、モチベーションの維持に役立つ。
この期間に訪れようと、グルメライドのメンバーに振っておいた。

メンバーは私の意図を汲んでくれた様で、行き先が鈴鹿のあの店、ドミニクドゥーセに決まった。
そこまでのルートも私に任せてもらえた。
そして今回のメンバーはケイムラさんとミネ君、そして私の3名。
思ったより集まりが悪く感じたのは、体調を崩された方が多かったから。
まあ、3人くらいの方が融通が利きやすいし、動きも軽くなるので好都合かも知れない。

集合場所から国道1号線に出ると、三重県に入るまでそれをひたすら進む事になる。
そこまでは道案内も不要となるので、安全に先頭交代するために「信号で停まる毎に先頭交代しましょう」と伝えた物の、その意図がしっかりと伝わらず、信号停止しないのにいくつかの信号をパスする度に交代されてしまった。
危ない場面が無かったので、敢えて言い直さなかった。

そんな調子で道半ばに達した所で、コンビニ休憩を入れる事にした。
ここまではケイムラさんとミネ君が先頭に立つ時間が長く、私は短くて済んでいたけれど、何よりこの先は鈴鹿峠が待っている。
滋賀側から越えるのは比較的楽だが、その先の高架部分で凍結している可能性が高いので、その点を注意してもらう意味もあった。

ペースコントロールする為に私が先頭で再出発する。
強度を高めずに、難なく峠を越えるトンネルに入る。
トンネルを抜けると路面凍結に注意しながら下って行く。
凍結していた跡はそこそこあったが、凍結している部分は無く、問題なく関まで降りられた。

さて、ここからは私だけが道を知っている。
と言う事はここからドミニクドゥーセまでは先頭を走らなければならない。
そう言う事が分かっていたので、滋賀県から抜け出るまではケイムラさんとミネ君には長めに牽いてもらっていた。

国道1号線を離れると、県道10号から県道648号、県道54号と進み、中勢バイパスのR23へと入る。
サーキット道路までの僅かな区間だけ走り、サーキット道路から最短経路と思われる住宅地を抜けて件の店、ドミニクドゥーセに辿り着いた。
時間的には11時を10数分過ぎていたのが少しだけ気掛かりだったけれど、無事にすぐに席に案内してもらえた。

2017123101.jpg
パン屋さんがやっているブッフェスタイルのレストラン。
当然の事ながら豊富なパンの食べ放題が売りで、月毎にサイドメニューのテーマが変わる。
今月のテーマはクリスマスなので、チキンを使った料理があった。

パンも食事に合うプレーンな物、ピザ系、惣菜系、甘い系が揃う。
サラダも有り、ドリンクも冷たいものと温かい物がそれぞれ2~3種類ほどある。
カヌレや小さなケーキ、カップデザートやチョコファウンテンも有る。

美味しいパンと美味しいサイドメニューは、これからの鋭気を養うのに十分だった。

ここに来れば一通り食べるので、食事後はかなりお腹がいっぱいになり、自転車に乗るのが辛くなっている。
自転車に乗りつつ腹ごなしをしようと思っても、パン系の食事は異常に腹持ちが良いのか、こなれて来るのに2時間は十分に掛かってしまう。

往路は比較的平坦基調だったけれど、復路にただ単に来た道を辿るのが面白くないだろうと、アップダウンの続くルートを帰る。
ミネ君は今日は調子が悪いと、脚が動かない様な事を食事中に話していたが、道がアップダウンの連続する区間に入ると、あの言葉に嘘があったのかと思えるほど調子を取り戻していた。

そして三重県側からの鈴鹿峠越え。
これは往路とは少し訳が違う。
ほとんど来た道を引き返す道だが、ピーク付近の数km程が上り線と下り線に分かれるので、車の往来が気にならない点は良いが、程好い斜度が長く続く印象を植え付ける。

お腹が重く、食道辺りまで昼食が登ってくる。
登るのは道だけで十分なのに、胃の内容物までがヒルクライムしてくる。
それを吐き出さない様に、強度をコントロールしつつ、県境のトンネルが見えると吐き出さなかった事に安堵する。

トンネルを越えるとずっと下り基調になるのだが、風が向かい続けるので、ペースが思った以上に上がらない。
復路は向かい風になる事を覚悟していたけれど、その強さは往路より増している。
折角のご褒美区間が台無しになった。

風さえ弱ければ、距離を稼ぐルートを走ろうと思ったけれど、この風なら諦めた方が賢明だ。
今日で使い込んでしまうと残りの日に走れなくなってしまう。
今日の3人は同じ日を走る事になるだろう。
そう思ったから、無理はせず、早めに帰る事を優先。
優先した物の、向かい風の所為か、予定した時刻より1時間以上遅い復路となってしまった。

明日以降、この疲労が残らなければ良いが。
鋭気を養えたので、回復は早い筈だと言い聞かせた。


今回(12/29)のルート

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

今度はしっかりと名前は訂正されたようですね。
しかし、記事への言及が無いのは相変わらず。
このブログの何処に惹かれたかの一言がない限りは、ご遠慮させていただきますとしか言えませんね。
【2018/01/01 12:14】 URL | ドギー #ckrpDTkg [ 編集]


突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
【2017/12/31 18:31】 URL | さくら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2997-410ec832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking