FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



Festive500・3日目
日程的にも、距離的にも折り返しを終えたFestive500。
走れる予定の半分の日数で、半分以上の距離を走れた事は悪くないペースだと思えたが、天気だけがどうしようもない。
予報では、今日の天気は崩れる事はなさそうだったが、明日の予報が午後から怪しい。
そんな訳で、今日は出来るだけ多めに走っておきたい。

今日の目的地は以前から決まっていた。
普段グルメライドに参加出来ないゲストを迎え、伊賀にある美味しくてそこそこのボリュームある食事を提供してくれるお店に向かう、筈だった。
そう、筈だった。
残念な事に、ゲストは仕事の都合で午後にならないと予定が空かなかったらしい。

今回のメンバーは都合の付かなかったゲストにプラスして、体調不良で断念する事になったメンバーもいる。
けれど、普段のグルメライドのメンバーに加え、仕事の都合で地元を離れる事になったオペラMくんは参加してくれた。
普段のグルメライドの面子に欠員はあるけれど、全員で6名、予定通りの場所へと向かう事になった。

Festive500の期間中であったのと、なかなか自転車に乗れていないオペラMくんが居たので、少し遠回りはするけれど平坦基調で伊賀まで行けるルートを通る事にする。
平坦基調なら少々の距離が嵩んでも、オペラMくんなら問題ないだろう。

集合場所から琵琶湖岸を北上すると、程なくしてSGWさんが合流。
これで私、ケイムラさん、ミネ君、takumaさんのいつもの面子を加えると6名になった。
琵琶湖岸を数kmほど北上するとtakumaさんが先頭を代わってくれた。
それも数km程で琵琶湖岸から離れる事になるので、そこまでだった。

田園地帯を真っ直ぐに突っ切る道に入り、住宅地を200mほど抜けてからR477を横切り、県道323号へと入る。
そこから進路を東寄りに変え、全員に伊賀に向かっている雰囲気を伝える。
そう、全くルートの説明はしていない。
ただ「出来るだけ平坦路で向かいます」と言う事だけ伝えてあった。

伊賀に向かうとなると、どうしても信楽に向かわなければならない。
となると標高のある信楽へと行くには登り基調になってしまう。
そんな厳しくない登り基調も避けようと思うほど、距離を稼ぎたい。
信楽を迂回するように伊賀に向かうルートには、別の思惑もあった。

県道323号からラウンドアバウト交差点のある道に入り、その道を突き当りまで進んで野洲川南岸の堤防を走る道に入る。
その道でミネ君が「このまま真っ直ぐですか?」と先頭を代わってくれようとしたが「もうすぐ橋を渡るんで」と引き下がらせた。
道は一本目の橋の袂を潜り、二本目の橋の袂で交差していた。
その二本目の橋で野洲川を渡り、北岸に出ると真っ直ぐ三上山の麓を突き抜けて行く道になる。
そうなると「しばらく道なりや」とミネ君に伝え、代わりたがっていた先頭を譲ってやる。

三上山の麓を過ぎて、しばらくすると左手にコンビニがある。
この先のルートを考えると、コンビニで休憩するような事は出来ないなと思い立ち「休憩は必要ですか?」とメンバーに伝えた。
しばらく思案している雰囲気があり、このまま休憩無しでしばらく行くかと思い始めた所「休憩を取りましょう」と声が掛かったので、ミネ君に先のコンビニに入って貰う様に伝えた。

オペラMくんが慌て気味に家を出てきたらしく、ボトルに何の水分も入ってなかった。
ここで給水出来た事は良かった。
小休止を終えると、この先は道なりではなくなると思われたので先頭に立って出発する。

しばらくすると道はR1と合流する格好になるが、その手前でR1と野洲川の間を走る道に入りたかった。
しかし、その道に入るには中央分離帯を横切って反対車線に出なければならなかったので、そのまま道なりに進む事に決めた。
道なりに進んでR1に入ってすぐに信号に捕まった。
その機会を利用して、交差点の歩道を進んで反対車線に出る事にし、そのまま走る予定だった道へと進んで行く。

交通量が無いに等しい道だったので、車に気を使わずに進んで行ける。
それを道なりに進むとR1を潜って”ある地点”まで進めると思っていたが、道なりに進むとR1と合流してしまった。
仕方がなく”ある地点”までR1を進み、そこだと思われる場所に辿り着くと旧R1へと抜けられる野洲川を渡る橋を進む。

旧R1…と言うか県道4号…に出ると、それを少し走り、JR草津線と並行するように走る道に入り、三雲駅前へと出る。
そのまま三雲駅を通り過ぎ、JR草津線に沿って走る道を突き当りまで進む。
そこから県道4号に抜け、それをしばらく進んで県道133号に入る。
この道は三重県に入っても同じ県道番号を保つので、この道を進んで行けば良い。

ここからはアップダウンが始まり、一部区間で道が細くなる。
路傍にある看板も通行困難と示してあるから、車なら離合困難な場所が散見出来た。
あまり車が通らないのだろうか、落ち葉に埋め尽くされた路面には、轍の部分だけアスファルトが顔を覗かせていた。
そのアスファルトに沿って進んで行くと、二車線の確保された道に出た。
ここは道なり方向…阿山方面?…に進む事にした。

しばらくしてガードレールの切れ間の所に県道表示が貼られていた。
その番号を確認すると、あのちょっとした判断は間違っていなかったと安堵した。
その安堵と時を同じくしてtakumaさんが先頭を代わってくれた…いや、奪われたと言った方が良いか?
私が「この133号を道なりです」と県道4号から左に折れた時の言葉を覚えておられたのだろう、一転安堵の気持ちは吹き飛ばされ、ペースが早くなる事に気持ちを集中させた。

takumaさんの背中が遠くならない様に集中しながら、いくつかの分岐が過ぎ去った時に、ふとこのルートを選んだ思惑を思い出した。
思い出したと同時にtakumaさんに「少しペースを落としてください、この辺りにパン屋さんが…」
と、声を掛けた時と同じくして、右手にパン屋さんの看板が現れた。
takumaさんは私の声が届いたのか、それともその看板に反応されただけなのか、そのパン屋さんの前でぐっとペースを落として、無事に立ち寄る事が出来た。

2018010101.jpg
伊賀方面に行く事があるならばと、少し以前からチェックしていた『パン・トルタロッソ』さん。
定休日が日曜、とだけしかチェックしていなかったので、この年末に開店しているかは分からなかった。
店舗改装中と出ていたので、一瞬冷や汗をかいてしまったが、臨時店舗?で営業されていた。

臨時店舗に入ると香ばしいパンの香りに包まれた。
甘い香りがやや優勢で、甘いパンが多いのかと入念にチェックしようとしたが、店舗が小さく、しかしパンの種類は多くお客さんも多かったので入念にチェックしている場合ではなかった。
お手ごろ価格のパンが多く、こんな日でなければ2~3個は見繕いたい所だけど、目的地はここから近く、そこそこボリュームがあるので、それを美味しく食べる為には1個で我慢するしかなかった。

メンバーも皆同じ気持ちだっただろう。
takumaさんに至っては、断腸の思いで「1個にする」と言われていたが、結局は2個、ひとつはお持ち帰り用とされていた。
他の面子も1個ないしは2個。
2個を選らんだ面子はその内の1個は持ち帰り用にしていた。

2018010102.jpg
選りに選って選んだのはベリーフロマージュとか言う感じのデニッシュ系のパン。
香ばしく焼きあがったサクサクのデニッシュの中に、ラズベリーとクリームチーズが入っていて、その組み合わせの妙が美味しかった。
あ!takumaさん、福神漬に入っているナタマメの様なコメントは要らないので(笑い。

ここを目的地にして走りに来ても良いな。
と言うメンバーの意見は概ね一致していたので、近い内に訪れる事になるだろう。

後ろ髪を引かれる様な思いでパン屋を後にすると、今日の本来の目的地を目指した。
県道133号からR25に出ると、西から北寄りの風が強くなっていて、向かい風に抗う様になった。
それを感じ取ったのか、ミネ君がしばらくして先頭を交代してくれた。
目的のお店までは数kmと言う感じだったので、それだけを伝えた。

開店時間の11時直前に目的のお店に辿り着いて、自転車を止めて施錠している間に開店した模様で、その流れのまま小上がりの席へと腰を落ち着けた。
メニューは豊富だったけれど、目に付いたのは冬季限定メニュー。
いや、それが今回の目的と行って良いだろう、面子のほとんどもそれ以外のメニューは目に入らないようだった。

2018010103.jpg
今回の目的地『お食事処・弁慶』さん。
去年の年末にたまたま立ち寄って…と言うか目的のお店が年末で休業していたので…美味しかったから、今年の年末はここを目的地にした。

2018010104.jpg
冬季限定メニューのとん汁定食。
秋刀魚の開きと串カツ、出汁の非常に良く効いたとん汁は具沢山で美味しい。
ボリュームもあり、食べ終わるとお腹も満足出来た。

メンバーの2名は同じ物、もう2名は同じ冬季限定メニューのとり南蛮定食にとん汁を付けて、残りの1名は和風トンカツ定食。
和風トンカツ定食を選んだメンバーは、何故冬季限定メニューにしなかったのかとメンバー内で詰られた。
「そんなんいつでも食べられるメニューやん」と。

皆、味にもボリュームにも満足したように見受けられ、後は帰り道をどうするのかとなった。
とは言え、ここに至って道に明るいのは私とSGWさんくらいか?
はっきりと帰り道を思い浮かべられるのは、おそらくそれだけだろう。
残りの面子はスマホでも弄りながらじゃ無いと、帰られないかも知れない。

と言う事で、私の一存で帰り道を決めさせて貰うが、来た道をそのまま引き返すのは面白くない。
違う道で帰るとなると、どうしても信楽に向けて登り基調の道を進まなければならない。
いや、ここから滋賀に戻るには何処かで登り基調の道があるので、完全に避けて走る事は出来ないので、そのルートも悪くはないけれど、走り慣れた道を通る事になるので、折角ならば…メンバーにまだ体力的余裕があるのならば、木津川に沿って木津へと向かい、そこからサイクリング道に出て帰るならば距離も稼げて良いと思えた。
そして有無を言わせずにそのルートで帰る事になった。

R163は京都との県境を迎える前に、大きなアップダウンがある。
そのアップダウンはtakumaさんが先頭を引っ張って下さったが、県境を越える辺りまでは一団だったが、県境を越えてからは後方部隊との差が出来てしまった。
私は振り返る余裕を失っていたので、その差を伝える事が出来なかった。
いや、takumaさんが度々振り返っていたので、その差を認識している物だとばかり思っていたが、私とミネ君だけを見ていた様だった。

大河原トンネルは自転車で走れないので、そこで後続を待つ。
後続と合流した後は私が笠置の外れのドライブインまで先導する。
そこで小休止してから木津川のサイクリング道を目指す。
風は西から北寄り傾向だったけれど、今ははっきりと北寄りと言える状況で、その強さが午前中よりも強くなっている。
この後は北に向かって進む事になるので、この傾向ははっきり言って好ましくない。

小休止を終えてR163を西に進み、加茂市内へと向かう道に入ると追い風に背中を押された。
この短い南下区間でこれほど恩恵を受けるのだから、北寄りに進路を変える事を考えると憂鬱だった。
木津川を渡り、その南岸を走る道に入る。
その区間は再びtakumaさんが先頭を交代してくれ、それは木津市内まで続いた。

木津の市街地に入り、R24を潜ってすぐに木津川の堤防を走るサイクリング道へと入る。
やはり北風の影響を色濃く受け、ペースは全く上がらない。
後続の…特に最近は走れていないオペラM君の疲労の色が濃い。
それを考えるとペースアップはしない方が良い。

そう考えていると私のペースが落ちたと勘違いしたのか、ミネ君が先頭を代わってくれた。
いや、ペースアップはあくまで後続の状況を見てからして欲しかった。
ミネ君は振り返る事無くペースを上げて行く。
後続の状況が分かっているのだろうか?

2~4車体分くらい離れて追走する。
あまりくっつき過ぎると更にペースアップしそうだったから。
しかし、少し離れて追走する私にも気付かない様子はしばらく続いて、後方との距離が空いてしまった。
10車体分以上離れると、気配が無い事を察したらしくペースを落としてくれたが、遅すぎる。

北風が強く、オペラM君を相当削っている様だった。
ケイムラさんとSGWさんはそんなオペラM君のサポートに当たってくれて、何とか気持ちを繋げて下さっていた。
向かい風が非常に鬱陶しく、これなら登り基調でも良かったと思えたほどで、信楽に向かって距離を詰めた方が良かったかもと考えさせられた。
しかし、信楽に向かうのも北上しなければならず、登り基調でのこの風に遭っていたとしたら、明日に疲労を残してしまう、そんな感じがしてしまった。

木津川サイクリング道が山城大橋に達すると、ようやく吹きっ晒しの中を走るこの道ともお別れする事が出来た。
山城大橋を渡りきった所にあるコンビニで休憩を取り、この後待っている登り基調の道へと備えた。

メンバーに疲労の色が見え始めているのも分かったが、オペラM君はもう限界に近い。
出来るだけ強度を抑え、風除けの役目に徹しなければと思った。
休憩を終えるとR307を宇治田原に向けて走り出した。
緩い登り基調が続いたが、山が近くに迫っている所為だろうか、風の強さは収まっていた。

メンバー全員が一塊になって走っているの分かったので、ペースは問題無いと思った。
そのペースを保ちながら宇治田原へと入る、やや勾配の増す区間へと入った。
強度は上げたつもりは無かったけれど、やはりオペラM君の疲労は私の想像以上で、勾配が増した地点から少しずつ遅れ始めたようだった。
ピークを越え、少し下った所で追いついてくるのを待つ。
ここからは少し遠回りすれば、もう登り区間は無い。

少しの遠回り。
それがオペラMくんとってありがた迷惑かも知れないが、登りを走るよりはマシだろう。
田原川に沿って下り基調の道を進み、宵待橋から宇治川ラインに入る。

ここでtakumaさんとはお別れする事になった。
この後、グルメ部の忘年会があり、それは焼肉の食べ放題の店で催される。
残念ながらtakumaさんは先約があり、そちらを優先されるので欠席される。
焼肉の食べ放題が待っている…と考えると、明日への回復は相当見込めるので、それだけが心の頼りだった。

ここからもペースを上げず、オペラM君に負担の無い様にと走り、滋賀県へと戻ってくる。
立木神社は年始を迎える準備が整っているようだった。
それを横目に通り過ぎ、瀬田の洗堰が迫ると、この先の道を勘案してそれを渡る事に決めた。
ミネ君にそれを伝えると、ミネ君はそのまま真っ直ぐに帰ると言い、この後の場所と時間を確認すると、背中が遠退いて行った。

ミネ君を見送った後、信号が変わるタイミングで洗堰を渡り、瀬田川の東岸を北上して行く。
そのまま北上して行き、出発地点の帰帆島を目の前にすると、オペラM君とSGWさんとはお別れになる。
オペラM君にまた後でと伝え、SGWさんには突然連れ回してしまいましたがお疲れ様でしたと伝えた。
この後の忘年会にSGWさんは参加されない。
残りの4名が参加するが、それは今回のライドに参加していない面子も同じ数だけ含まれる。
それはゲストとして呼ぼうとしていた方も含まれる。

出発地点でケイムラさんとお別れすると、また後でと言い残して、残りの僅かな帰路を急いだ。
明日は午前中だけでも走れると、Festive500の達成が出来そうな所まで来られた。


今回(12/30)のルート

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/2998-214952f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking