只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



新年最初の週末もグルメライド・前編
お気に入りの所へ行く。
と言うのも確かに楽しみだが、知らない道、知らないお店に行くと言うのも、自身の見聞を広げられるし新鮮な気持ちになれる。
何より失敗が含まれると言うのは、冒険心をくすぐられる。
失敗をしたくない。
と言う人も多いが、失敗をする事こそ、自身を成長させる起爆剤になる。

新年最初の土曜日はグルメライドのメンバーで集まって走りに行く事になった。
ただ、色々と制約があって、近場で済ませなければならなかった。
案を持ち合って、それを吟味し、行き先を決める。
特に目当てが無い日の、スタート前の風景。
しかしこの日、案を持っていたのは私ただ一人だった。

集合場所に辿り着くと、既にケイムラさんとミネ君が待ち構えていて、簡単な挨拶の後「今日は何処に行くか決まっていますか?」と尋ねた。
二人とも特に案は無さそうだったので、takumaさんを待って、彼にも案が無ければ私の案で行こうと思った。
おそらくtakumaさんにも案は無いだろう。
と言うのも、今日のライドで行き先の案を考えておくと答えていたからだ。

takumaさんが集合場所にやってきたので、同じ様に尋ねてみたが、その答えは私の思っていた通りだった。
ならばと言う事で、今日の行き先と、簡単なルートの説明をした。
行き先は去年の年末に微かに持ち上がったお店。
そしてそこまでのルートは、去年の年末の様な平坦基調で距離を稼ぐような物では、無い方が良い様に思えた。

身振りで琵琶湖の南湖をぐるっと指し示し「今日はこんな感じで走ります」と伝えた。
流石にそれだけでは大まか過ぎると思ったので、目的地までの道のりを非常に簡単に伝えた。
そして、そのルートは走るだけでもお腹が空かせられるアップダウンの続く道だとも。

細かい雨が降っていた。
天気予報では雨の心配は少なそうだったけれど、朝の内は雨雲が掠めて行った。
琵琶湖の東岸を南下し始めてすぐに雨は上がった。
けれど、路面にはその跡が残っていた。
それを眺めると、山間部には行かない方が良いように思えた。

瀬田川に沿って、その流れに従うように下流へと進んで、大戸川を渡ると、それを遡上するように進んだ。
大戸川を遡上する様に走るのも長くは続けず、草津川の源流方面へと向かった。
途切れ途切れの緩やかな登り基調。
これは石部の工業団地を抜けるまで続いた。

石部の工業団地を抜けるとコンビニで小休止する事にした。
おおよそ道のりの半分。
そしてこれから先は目ぼしい休憩場所が思い浮かばなかった。
と言うよりも、私自身、走った事の無いルートだったので、何処かに休憩する場所があると考えない方が良さそうに思えたからだ。

小休止を終えると野洲川を渡って行く。
当初は野洲川を渡ってすぐに『ゆらら』へと向かう道を走るつもりだった。
しかし、路面が濡れていたので、そこへ向かうのは良い様に思えなかった。
そこから希望が丘の東口へと向かう道を走る。
ここも緩い登り基調だった。

名神高速の脇はしっかりと登る感じになったが、それは長続きしなかった。
竜王ICの手前、三井アウトレット入口の交差点を右に折れる。
ミネ君に「行き先とは逆方向じゃないですか?」と尋ねられたけれど「時間が余りそうだったので少し遠回り」と、少しだけ嘘を吐いた。
時間が余りそうに感じたのは事実だけど、道のり的にそんなに余裕があるとも思っていなかった。
ただ、知っている道ばかり走るのが面白く無さそうだった。

緩く登るその道をしばらく進むと丁字路が現れ、左手に行くと『竜王工業団地』と書かれた標識が目に留まった。
竜王工業団地なら方向的に間違っていないなと、その丁字路を左に折れた。
雨に濡れて真っ黒に光る真新しいアスファルト。
交通量が皆無で、その綺麗な道を我々が独り占めにしていた。

その道を進むにつれ、私の中にあった小さな不安が急速に大きくなっていった。
「この道は本当に抜けられるんだろうか?どこかで行き止まりになっていて引き返す必要が出てくるんじゃないか?」と。
竜王工業団地と言うのは、私の知っているそれではなく、これから整備されて行く場所の様だった。
ただ更地だけが広がり、その更地の一段高くなっている場所に『竜王工業団地』と書かれた、看板が掲げられていた。

不安の色を顔に出さずに居ると、後方でメンバーの話し声が聞こえて来た。
こんな綺麗な道なのに交通量が無いだとか、そんな現在の状況が不思議な感じの。
益々、胸に秘めようとしていた不安が…と言うより申し訳なさが…膨らんでいった。
メンバーは私の行動に些かの疑問も無さそうだったので。

川沿いの道に突き当たり、それを右に進む。
左に行くと、車止めの様な物が見えたからだ。
方向的にはそっちに進みたかったが、道が続いている感じがしなかった。

しばらく川沿いを進むと、向こうに川を渡る交通量のある道が走っていた。
その道に出る事にして、きつめのスロープを登って行く。
そして川を渡り丁字路に出る。
その丁字路には道案内の看板が出ていたが、私の思っている方向を指し示していなかった。
ただ『近江八幡』と言う案内だけを頼りにして、左へと折れた。

いったい何処を走っているんだ?
滋賀県は琵琶湖を中心とした盆地になっている。
ぐるりを見渡すと、その盆地を形成している山々が遠くに見える。
その象徴的な山が比叡山。
比叡山が何処に見えるかで、どの方面に進んでいるのかが分かる。
今はその比叡山に向かって走っていると、方向的に間違っていない。

比叡山を見つけようと、頭を振りながら周囲を見渡す。
しかし薄い雲に覆われてしまって、周囲の山々、特に比良山系から比叡山にかけては、白いベールの向こう側にありそうだった。
ありそうだった…と言うのは希望的観測か?
その白いベールに向かって走ってみた。

国道8号線まで5km。
そんな標識を見つけて安堵した。
現在地が大まかに浮かび上がって来て、落ち着いて周囲を見渡してみると、見た様な景色も見つけられた。
R8に出るとそれを少し南下して、R477へと入る。
篠原駅の前を走る県道48号をひたすら走れば良い。

篠原駅の周辺で少し近道をしようと試みたが、あっさりと退けられ、ただ単に遠回りをしただけだった。
その少しの遠回りを経て、無事に県道48号に出ると、takumaさんが先頭を代わってくれた。
「この道をひたすら行けば良いだけです」と伝え、野洲川を越える手前までは任せる事にした。

野洲川を越える手前で道案内役として再び先頭に立つと、問題なく目的地の『おうみんち』へと辿り着いた。
ただし、時間的余裕があると思っていたが、その余裕は既になくなっていて、予定の時間には辿り着けなかった。
辿り着けなかったけれど、待ち時間は無さそうだったので、その点には安堵した。

自転車ラックに自転車を留めると、レストランへと向かった。
お客さんの入りはまだ二割程度だったので、自転車の見える席を確保すると、バイキング形式の食事を楽しんだ。

2018010801.jpg
家庭的なメニューが多く、バイキングにしては罪悪感の少ない食事になった。
これはその一部で、数回はお替りしに行ったな。

バイキングにも和菓子を中心にしたデザートがあったけれど、美味しいパンが食べたいと言うメンバーも居たので、この後もルートを決めていた。
その為には少々お腹をすかせる必要があると思えたので、これまでと同様にアップダウンの続くルートを走る事にする。
そう、出発前に琵琶湖の南湖をぐるりと回した手の様に。

『おうみんち』を出ると、道を挟んで正面にある公園の脇を通る道に入り、琵琶湖大橋の袂へと出る。
琵琶湖大橋を渡り、そのまま伊香立へと向かう。
緩い登り基調の道を進み、香の里史料館へと向かう強めの登り坂へと入る。
ピーク付近の右手に神社があり、そこに立つ背の高い杉が、左へと折れる目印だ。

左に折れ、県道47号に入るとアップダウンが続く。
しばらくは狭い道を進まなければならないが、2車線を確保しだすと、それは比叡山ドライブウェイの麓まで続く。
比叡山ドライブウェイへと続く道に出ると、それを琵琶湖岸方面に進み、県道47号から離れて行く。
道が湖西道路と交差する手前で「勝負を掛けます」と右手の小路へと入った。

takumaさんが「今更勝負を掛けますって…」と、やや非難めいた事を呟かれたが、「実は何度も勝負を掛けてます」と、ここに来るまでに、適当に走っていた事を告白した。
この勝負には完全敗北した。
再び県道47号に戻る羽目になった事は言うまでも無く、湖西道路に沿って激坂と言って差支えが無いほどの強い坂があった。

その坂に備える為、インナーにギアを落とし、強めにペダルを踏みしめると、ブレーキがリムを掴んだ時に発するような、キューッと言う音と共に大減速。
ブレーキを掛けた訳ではない。
リアのクイックの締め込みが甘かったのか、スプロケからフリーボディに強めのトルクが掛かってしまうと、リアタイヤが左にかしいで、左側のチェーンステイと干渉してしまった。

この症状は以前にも経験していて、しっかりとリアのクイックリリースを締めるようにしていたけれど、R-SYSから履き直した時に油断していたのだろう、少し甘かった。
咄嗟にペダルをリリースしたので転倒はしなかった。
しかし、その後落ち着いて作業出来なかったのか、再出発の度に同じ症状を連発させてしまい、メンバーに心配を掛けてしまった。

ギアを軽くし、トルクを掛けるよりも回転でパワーを出すようにし、その場を脱出する事が出来た。
同じ様な強めの坂が三度襲ってきた。
出来るだけペダルに強いトルクを掛けないように、ギアを出来るだけ軽くしておいたので、その時はその症状に襲われる事はなかった。

湖西道路に沿って走る道を走っていると思っていた。
その道が再び登り基調になり、見覚えのある丁字路、そしてそこに掲げてあった行き先の看板。
その行き先表示を見て「何故ここに出てきたんだ?」と訝っていると、不意に前を走っているメンバーと差が開いてしまったので、強めにペダルを踏みしめてしまったんだろうか、先程の症状がまたしても襲ってきた。

メンバーの中には、私がこのまま離脱するんじゃないかと思う方もいた。
必要以上に強くクイックレバーを締め、次に襲ってくるならば、レイダックもいよいよお払い箱だな、と思わざるを得なかった。
その後、この症状に襲われる事はなくなった。

しかし、県道47号に戻って来てしまったのはどう言う事だ?
全く理解の外だったけれど、現実は受け止めなければならない。
その現実を受け止め、ここは避けたいと思っていた道を走る事にした。
そう、湖西道路沿いの道を走ろうと思ったのは、この区間の県道47号は道の状況が思わしくなく、避けた方が賢明だと思えたからだった。

日吉大社の脇を抜けて、そこからJRの駅方面へと下って行く。
比叡山坂本駅前から、湖西道路の真下を走る道に入る。
そこから唐崎まで道なりに進み、高架部分を越えて唐崎駅前へと出る。
そのまま道なりに進むと、チェックしておいたパン屋さんに辿り着いた。

2018010802.jpg
「美味しいパンが食べたい」と口癖の様に呟く面子が居たので、見繕っていたパン屋さんの『シャトン』さん。

パンを購入して外に出ると、今まで我慢してくれていた空が、悲しみを堪えられなくなった様に泣き出していた。
その悲しみの涙雨から逃れる様にコンビニを目指す事になったが、コンビニはあっても雨を凌げるような感じではなかった。
そんな風に彷徨いながらも、大津港に近付いてきた。
これ以上先に進めばtakumaさんとはお別れしなければならないし、大津港の待合室が良さそうに思えたので、大津港を目指す事にした。

大津港の待合室は、乗船客がまばら…と言うか、ほとんど見受けられないのに、程好く暖房が効いていて、このまま長居していると腰から根が生えそうだった。
ここで購入してきたパンを食べつつ、明日の作戦会議が始まった。

2018010803.jpg
レーズンとくるみのロールパン。
もっちりとした生地にクルミが良いアクセント。
レーズンの酸味はパンの甘さを引き出していて、美味しかった。

作戦会議では今日の様な身体に優しい食べ物より、ジャンクな食べ物が俎上に載った。
そして方針があらかた決まると解散となり、明日への期待が膨らんだ。


今回(1/6)のルート



後編へつづく。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/3000-84160d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking