只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



新年最初の週末もグルメライド・後編
前編からのつづき。

引き出しの多い人と話していると退屈しない。
まるで自分が聞き上手になった様な錯覚。
引き出しの多い人になりたい。
話し上手になると、周りの人々を笑顔にする力が備わる。

引き出しを多くするには、好き嫌いをなくし、色々な事に挑んで、経験を積んで行くのが近道だろう。
自転車にも同じ様な事が言える。
向かい風が嫌、坂道が嫌、長距離が嫌、だと経験が蓄積する事は無いだろう。

昨日の作戦会議において、今日の目的地は決まっていた。
今回はルートを考える必要もなく、メンバーの先導に甘える事を決めていた。
昨日は出発直前までアレグロを準備していたのだが、家を出て雨が降っていたので、止む無くレイダックに乗り換えていた。
本来ならレイダックを挟みたくなかった。
と言うのも、そうする事によって感覚がリセットされる様な気がしたから。

転倒から復帰し、アレグロにはXBL4.2を履かせてばかりだった。
だから他のホイールとの違いを感じ取れなかった。
XBL4.2の素性を知る為には、一度違うホイールを履かせたかった。
そして履かせていたのに、雨が降っていたので、レイダックと取り替えてしまっていた。

今日はアレグロとR-SYSの組み合わせを初めて体感する。
レイダックに履かせていた時は、登りに特化したホイールだと感じていたので、アレグロでも同様の感覚が得られるだろう。
いや、それ程感じ取れなければ、XBL4.2は登りでもR-SYSに負けないホイールだと言えるのではないか。
レイダックから乗り換えると、手で持ち上げた時点からアレグロの軽さが際立っている様に感じた。

集合時間に合わせて出発する。
集合場所に向かっている間に、リアの変速がイマイチ決まらないのを感じた。
チェーンがチェーンステーやホイールへ落ちない様に、ディレーラーの稼動範囲がしっかりしているかを見ただけで、まさかインデックスが微妙にずれているなんて事は考えていなかった。
稼動範囲は調整する必要がなかったので、同じ11速のスプロケを使用していたのでインデックスも無調整で行けると思い込んでいた。

シフターをこまめに操作する事で、チェンジがイマイチ決まらないのを誤魔化した。
さっさと調整すれば良いのに、何故か気が向かなかった。
それはXBL4.2に履き直した時に、また調整しなければならない気がしただけで、そんな時間が掛からないのに頑なにしなかった。

今日の面子は昨日のメンバーに加え、イニシャルdさんが加わった。
年末年始に体調を崩され、今日まで無理をされなかった。
久しぶりのライドだろうし、あまりペースを上げない方が良さそうだが、今日のペースコントロールは私の役目ではない。

takumaさんが到着されていなかったけれど、近江大橋でパンクされ、その修理中だと言う事を連絡されていたので、近いと言う事でそこまで移動する事になった。
takumaさんはまだ修理中で、その場面に合流した。
修理風景を眺めつつ、慌てて作業しないようにと声を掛け、プレッシャーを掛けてしまわないように心掛けた。

takumaさんが修理を終えると、takumaさんを先頭にして走り出す。
今日のペースメイクはtakumaさんにお願いした。
近江大橋の西岸側から琵琶湖沿いを南下し、そのまま鹿跳橋までのんびりと進んだ。

鹿跳橋で瀬田川を横切り、そこから猿丸神社へと向かった。
条件さえ許せば、そこから大峰林道を走る予定だった。
takumaさんの修理中にリアディレーラーのインデックス調整をすれば良かったものの、頑なにシフターを忙しなく操作する事を選んだ。

猿丸神社までの登り基調で、病み上がりで久しぶりのライドになるイニシャルdさんは遅れ気味だった。
大峰林道への道を眺めてみると、路面がしっかりと濡れていたので、予定通り走る事も無いだろうと思っていた。
しばらく話していると、大峰林道をパスする代わりに、その代案と言う訳ではないけれど、天ヶ瀬ダムから少し登る道がありますと伝えた。
いや、少し登るどころか、そこへ向かうのには一番登らなければならないルートだったりするが、大峰林道を走るつもりだったのだから、それくらいは問題無いだろう。

猿丸神社を再出発する時も、takumaさんに先頭をお願いした。
その真後ろに付け、道案内をする。
宇治田原の裏道的な道を進み、田原川に沿って天ヶ瀬ダムを目指す。

天ヶ瀬ダムを越えてすぐに左へと入る道がありますと伝え、強めの斜度の上り坂に取り組んだ。
この日のミネ君は、登りに差しかかると積極的に前に出た。
その行動は後を引っ張ると言うより、登りに掛ける意気込みの表れだった。
takumaさんもつられる様にペースアップを図る。
少しだけ逡巡したが、今日はR-SYSを履いているので遅れる訳には行かないと、そのペースアップに従った。

一旦、ピークと思わしきトンネルに辿り着くと後続を待つ。
やはりイニシャルdさんは久しぶりなので遅れ気味だった。
それを待ってからトンネルを抜けるが、一旦下りはある物の、登りはまだまだ続いた。

ミネ君はまた頑張って先頭に出た。
が今度は追いかける事もせず、後続との間でペース作りを心掛けた。
しばらくはそんな感じだったが、ミネ君が折り返してきたので、登りはもう終わりそうだと後続に伝えたが、その声が届いているのかどうかは非常に疑わしかった。
すぐに上りは終わり、丁字路に出る。
それを右に折れると宇治市内へと向かえる。

宇治の市街地に入る前にコンビニがあったので、そろそろ頃合だと思いそこで休憩する事を提案した。
そこで今日の目的地であったお店の営業を調べる。
本来なら定休日だが、新年を迎えてすぐの週末、成人式と合わせると三連休の中日だったので営業している可能性が僅かに有る気がした。
その微かな望みに期待を込めてみたが、やはり定休日は定休日だった。

さて、何処に向かおう?
メンバーのほとんどはラーメンの口になっていた。
しかし、これと言ったお店を知っているのは僅か。
takumaさんの引き出しに面子のほとんどは期待して、その引き出しから出される店名を吟味した。
なんとも決定打が出ない感じに、その周辺に行けばどうにかなるだろうと言う空気が漂い始めた。
そんな空気を一変させたのが、takumaさんの違った引き出しだった。

焼肉と言う言葉に過敏に反応したのはイニシャルdさんだった。
他の面子もラーメンの口になってはいたが、焼肉…それもリーズナブルでお腹いっぱいになりそうと言う事で、異論は出なかった。
満場一致でそのお店に向かう事になった。

JR宇治駅前を通り過ぎ、宇治川に沿って観月橋を目指す。
京都南部のラーメン屋さんを目指して走るお馴染みの道。
お店の場所を詳しく知るtakumaさんが、やはり先導を買って出た。

観月橋からは適当に北上して行き、やがて川端通りを北上し始めた。
正月三が日は過ぎたとは言え、まだ松の内。
初詣に訪れている人も多いだろうと思っていたが、混雑は思った程大した事は無かった。

小さな紆余曲折が有りはしたが、お腹が減ったと腹の虫が騒ぎ出し始めた頃に、目的のお店に到着した。
混雑もしておらず、無事に小上がりの席へと案内してもらえた。

2018010901.jpg
takumaさんの引き出し…と言うか以前からのBMだったお店。

2018010902.jpg
A(バラ)セット大盛り…だったかな?
ご飯は一度に限ってお替りが出来る。

2018010903.jpg
小さなコンロを囲んで、各々で肉を焼いていくスタイル。

店内もコンロの暖かさで暖かいし、寒風の中で立ち寄るにはとても良いお店だった。
値段の割には悪くない肉も出てきて、舌もお腹も満足出来たお店だった。

三連休の中日。
とは言え、明日の天気予報は絶望的だったので、自転車で走れるのは今日までだろう。
このまま帰ってしまうのは時間的に勿体無い気がしたので、少し遠回りして帰る事を提案した。
その方が少しお腹も空いて、余裕が出来るだろう?

いつもは大原側から越える江文峠を、静原側から越えてみようと言う案。
本当はもっと大回りしたかったけれど、病み上がりのイニシャルdさんも居るので、無理はしない方が良い。
それくらいなら…と言う事で、メンバー全員の了承を得た。

宝ヶ池に向かいますと言うと、そこまでは先導しますとtakumaさんが先導してくれた。
北山通りに出ると、宝ヶ池は眼前だった。
そこで先導を代わり、府道40号へと入る。
この道を進んで行けば江文峠に行ける。
北山通りをわずかに西に進んで、標識に従って北上する。

深泥池…そこに行くまでは丘越えがあるなと、後続の面子に伝えると「結構きつい登りですよ」と声が返って来た。
そうだったっけ?
北側からしかこの道を通った事が無いので、イメージが噛み合わなかった。
takumaさんに進路を確認しながら走っていると、道が登り始め、それを機会にtakumaさんは加速されていった。

その後姿を眺めていると、眼前には記憶の片隅にも無い道が現れた。
真っ直ぐに伸びる坂道。
どう見てもやさしい登りではなかった。
これは紛れもない激坂。
京都市内にこんな激坂があったなんて…と、路傍に立つ黄色の標識に目をやると、その標識は勾配を示す物で、そこに書かれていた数字は25%。
勿論、下りの勾配ではない。

20%を越える勾配は、気持ちを引き締めて行かなければならない。
こんな道にメンバーを連れてきた事を早速後悔したが、takumaさんはご存知だった様で、どちらかと言うと私も騙された側だ。
いや、こんな時に限ってR-SYSを履いていて良かった。
そのお陰か、しっかりとアレグロを進める事が出来、不安な事はなかった。

メンバー全員、無事に激坂を越える事が出来たので、胸を撫で下ろす。
既に府道40号とは分かれてしまっていて、再び合流するべく、道なりに進んだ。
無事に府道40号に出ると、それから外れない様に江文峠を目指した。

緩い登り基調でいつものコンビニを越え、いつも下って来る道を遡って行った。
度々通る道だけれど、こうして遡る様に走ると、いつもの印象は薄れ、少しだけ新鮮な気分になる。
江文峠を目前にすると、道は斜度を強め始める。
そんな時はミネ君が元気だった。

視界から消えかけるほど勢いが良かったが、しばらくしてR-SYSの力を試したくなった。
あの激坂も問題なく越えさせてくれたその力。
やがてその姿は視界に入り、徐々に大きくなって来た。
大人気無く、ピークで追い越す事も出来そうだったけれど、そうすればその後は喘いだ姿を見せなければならない。
追い付くだけで十分と天秤にかけ、大人しくしている事にした。
何と言っても今はまだリハビリ中。

江文峠から鯖街道に出、京都市内へと折り返す。
お腹に余裕を作るのには、丁度良いルートだっただろう。
花園橋を迂回する道に入り、最後の選択。
北山通りに出るか、白川通りに出るか。

いや、帰り道は白川通り一択だけれど、お腹に余裕が出来たと言う事はパンを食べたくなるだろう?
そのパンを食べる為の遠回りなんだから。
そう言う気分になっているのは、どうやら私一人で、他の面子はこのまま帰り道に就いても良いと言う雰囲気を醸し出していた。
醸し出しはしていたけれど、選択権をtakumaさんに委ねた。

ありがた迷惑の様に表情を歪められたので、回り道の無い白川通りへと出る事にした。
白川通りに出ても、パン屋さんはいくつかある。
takumaさんもそんな気分だっただろう。
しばらく南下して、度々立ち寄るパン屋さんに立ち寄る事にした。

2018010904.jpg
グルメライドのメンバーにはお馴染みの『グランディール』さん。
割れショコラブラウニー(?)の試食で、すっかりそれの虜になっていたが、いまだそれを持ち帰った事はない。

2018010905.jpg
サービスされていて、オススメのポップも出ていたクロワッサンとメロンパンを購入。

パンの購入後は少し走ってコンビニで休憩。
明日の天気に僅かな光明が見えるかもと、天気予報を確認してもらったが、予報は更に悪い物に変わっていた。
少し遠回りをした意味が、別の意味でも良かった様に思えた。
なんやかんや言っても、メンバー全員パンは購入していたし、それなりに走りも楽しんだだろう。

覗いていた太陽は、やがて雲に遮られ、その陽光が届かなくなって来た。
そうなると寒さが沁みる。
今の状況でも、明日の天気が思わしくないのが伝わってくる。
しかし私は諦めない、明日の朝起きて、窓を開けて雨の存在を確認するまでは。

長い立ち話が終わると、帰路へと就いた。
すっかり走り慣れてしまった道。
走り慣れてはいたけれど、足元のR-SYSが、その雰囲気を少しだけ違った世界に変えてくれていた。


今回(1/7)のルート

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>takumaさん
里乃家さんは、再訪確実のお気に入りの店になりましたね!
いや、takumaさんに紹介してもらって、外したお店なんて記憶にありませんから、いつも頼りにしています(笑い

私なんて、引き出しに仕舞っておくと言うよりは、机の上に広げっぱなしにして
見て!見て!と言う感じなので、
奥ゆかしさがまるで無いでしょう?
…こいつに聞いても、そのどれかを摘み上げるだけでしょう…って言う、そう言う感じじゃありませんか?
【2018/01/10 17:11】 URL | ドギー #- [ 編集]


里乃家さんを皆さんが気に入ってもらえて良かったです。

いつもルート選択からお店のチョイスをして頂いてるドギーさんの引き出しは
多いと思いますよ!これからも私達を愉しませて下さいね‼︎
【2018/01/09 22:00】 URL | takuma #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/3001-5a9be4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking