FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



別れの季節
年度末となるこの時期は、出会いと別れの季節になる。
出会いとは、別れの始まり。
これは覆しようのない摂理である。
素晴らしい出会いであるほど、別れは辛くなる。

ロケーションや嗜好品など、そして人物。
実は辛い別れは、自分自身を成長させてくれる。
辛い別れを数多く経験するには、その数と同じだけ素晴らしい出会いを経験しなければならない。
素晴らしい出会いに恵まれるよう、送り出す側にも志はある。

自転車仲間のミネ君が、異動で会い辛い環境に変わる。
その壮行会的なイベントをしようと、自転車仲間で画策していた。
今生の別れと言う訳ではないし、普段ではなかなか行けない場所が良いだろうと言う事になった。

炎の餃子を食べさせてあげたいと言う事で、行き先はそこになった。
ミネ君のヒルクライムをたっぷりと堪能したいと言う希望も盛り込むと、その周辺では池田山と二ノ瀬峠が著名なヒルクライムスポットなので、それを効率よく楽しむルートを考えた。
ライド後には食事会もあるし、あまり遅くまで走ってはいられないけれど、近くまでトランスポートすれば問題も無いだろう。

『万葉の里公園』までトランスポートする事にし、そこで現地集合と言う事になった。
3台に分乗して向かう事になり、私は拾ってもらう事になった。
『万葉の里公園』は詳しい場所は分からなかったけれど、近くまでは分かるので、そこに近付くまではナビゲーションをする事を買って出た。

結果的に言えば、集合時間に遅れてしまった。
道中、道を間違えたからだ。
勘違いして道を覚えていて、遠回りしてしまった。
その遠回り分だけ遅れてしまい、のっけから反省をしなければならなかった。

半時間遅れで現地集合し、時間的に気掛かりだったので準備が済むと早速走り出す。
ルートの概要はメンバーの大半に伝えていたが、それをサイコンに登録して下さったのはtakumaさんだけだった。
ガーミンのサイコンを使っているメンバーが大半なので、気を効かせたつもりだったが、その機能を生かせて貰っていない。
私は完全にルートを記憶していないので、帰り道に不安を抱えていたが、一人でも登録してもらっていると問題は無いだろう?

万葉の里公園から県道を経て、R306(R365との重複区間)へと出る。
そこを少し北上し、県道107号へと入る。
交通量の少ない比較的走りやすい、それでいて小さなアップダウンを繰り返しながら少しずつ標高を上げて行く道は、程好いトレーニングロードに思えた。
その証拠に、路傍には1km間隔で小さな看板が設けられており、ツアーオブJAPANのいなべステージと記されていた。
なるほど、この道ならばそう言うイベントに採用されるだろうと納得出来る。

いなべステージのコースは中里ダム周辺で右に折れた。
ピークはもう少し先にあり、ミネ君が先頭を代わってくれてからはペースが上がってしまって、後続とは差が出来てしまった。
ついでに言うと、私もそれで疲労させられた。

R365に戻って、関ヶ原を目指す。
関ヶ原まで近いと思っていたけれど、思った以上に遠かった。
遠いのはそれ程苦痛ではなかったけれど、上石津にあった4km程のトンネルが、歩道が無く路肩も狭いので非常に気を使ってしまった。
トンネルを抜けるルートは失敗だと思ったけれど、ここを走る以外道は無いので、致し方ない。

穏やかだった天候は、関ヶ原周辺に辿り着くと強い西寄りの風に変わっていた。
比較的路肩の狭いルートを走っていたので、横風に煽られるのは恐かった。
関ヶ原インターを越えて進路が東に変わると、追い風に乗って走れた。
その追い風の乗りつつ、チェックしていたパン屋さんに辿り着いた。

2018032601.jpg
チェックしていた『グルマンヴィタル』さん。

想像以上に大きいお店で、お客さんも多く、ゆっくりとパンの選べる状況ではなかった。
しかし、ここである程度補給しておかないと、この後は前半の難所、池田山が待っている。
それをメンバーに伝え、補給してもらった方が良いと思えたので、騒がしい店内へと歩を進め、パンを選んだ。

パン屋を後にすると、池田山を目指し、県道を乗り継いで行く。
池田山へと上る麓に辿り着くには、旧道を通るか新しいトンネルを通るか。
先程の狭く長いトンネルを経験しているので、旧道も頭に入ってきたが、その道の様子を眺めると廃道状態に見えたのでトンネルを選ぶ。
目をトンネルの入口に向けると、歩道が整備されていたので、迷わずそこに入った。

トンネルは池田山の麓に向けて下っていた。
そして交通量も大した事は無い。
歩道には落し物も多く、これなら車道を走っている方がだいぶマシだと思え、選択ミスを嘆いた。
時間的に池田山を登ると厳しいとは思ったが、こんな機会はいつやってくるか分からないので、そこに向かう。
ミネ君の期待に応えなければならないし。

登り始めてすぐに通行止めと書かれた看板があったけれど、それは旧道の事だと思った。
ミネ君が「マイペースで行きます」と先行していった。
真っ直ぐ行って旧道に入られると困るから、途中で右折する場所があると伝えつつ、そこまでは一緒に走ろうとペースを上げた。
その問題の場所に辿り着くと、右に折れると言うか道なりに右に曲がる感覚で、真っ直ぐ行く旧道は、どちらかと言うと左に逸れる感じで伸びていた。

道なりに右に曲がったその先はゲートで仕切られていて、崖崩れの為通行止めと看板が出ていた。
先週までは走っていた人が存在していたので、走れるものとばかり思っていたので残念だったが、時間的には助かったと思えた。
ただ、ミネ君が名残惜しそうにゲートの向こうを眺めていたのが印象的だった。
「また走れる機会はあるさ」と、慰めにならない様な慰めの言葉を掛けた。

ここまでの道は頭の中に入れていたが、後はあやふやなので、takumaさんに先導をお願いした。
目的の『下町の空』には良い時間に辿り着いた。
ただ、池田山に備えて補給したパンが、まだ十分に消化出来ていないのが心掛かりだった。
と言うのも、ここの炎の餃子、いや、餃子の特盛りを相当のボリュームで注文する事が目に見えていたからだ。

餃子をねぎと刻み海苔を乗せて醤油で味を調えたご飯でかき込んで行く。
7人で198個の餃子だから、一人当たり30個弱となる。
途中で餃子に飽きたと言われる人が続出したが、私は元々、食べきれなかった分を頂こうと、スローペースで入っていたので、飽きると言う事はなかった。

2018032602.jpg
特盛り餃子3皿(←皿と言う表現が正しいのか謎)は、なかなか壮観な眺め。
※写真はミネ君から拝借

餃子を堪能した後は、二ノ瀬峠へと向けて復路を走っていく。
ここでもtakumaさんのサイコンに入ったルートが頼りなので、先導をtakumaさんにお願いした。
大垣の市街地を抜けるのに住宅地や河川敷を交えつつ走り、県道96号に抜けるとようやく帰り道までのルートがはっきりと頭の中に思い描けた。

小休止を挟みながら、アップダウンの続く道を走り、二ノ瀬峠の麓に辿り着いた。
冬季閉鎖中と言う表示は出ていたが、今月に入ってかなりの人が走っているようなので問題には思っていなかった。
走り始めてすぐにミネ君が飛ばして行った。
若い者は元気があって宜しい。

後続を引っ張るつもりで走っていたけれど、冬季閉鎖のゲートは形だけの物で、自転車は勿論、車もその隙間を通り抜けていた。
そのゲートを過ぎて後ろを振り返ると、誰も着いて来ていない事に気が付いた。
そうなると後を待つよりも前を追いかける方が性に合った。
飛ばして行ったミネ君の背中は、まだ見えている。

ゆっくりとその差を詰めて、二ノ瀬峠が谷を挟んで向こう側に入る、丁度中間地点的な所で追いついた。
サイコンが心拍数が上がりすぎていると警告を発し続けているが、追いついた事で少しは落ち着くだろうと思えた。
ミネ君を刺激したのだろうか、心拍数は落ちる事無く、サイコンの警報だけが煩わしく感じた。

そんな状況が10分ほど続いただろうか?
車の通りが極僅かだったので、並走したり、後に付いたりしていたが、そろそろ前を牽かなければミネ君に申し訳ないと思い、前に出ることにした。
ペースは前に出る時だけ上げたが、すぐに元通りにした。
いや、心拍数が限界に達していたし、ペースを上げるなんて事は無理だ。

そんな感じで、ミネ君は後ろに付いているものだとばかり思っていた。
振り返る余裕も無い。
ピーク付近で仕掛けられ、そのまま発射台としての役目を終えるつもりだったが、何故かミネ君は付いてこなかった。
心拍数は最後まで落ちなかったので、自分自身では頑張れたと思う。
こう言った事も刺激になるし、ミネ君には感謝しなければならない。

二ノ瀬峠を越えると、出発地点の『万葉の里公園』はすぐそこだ…と思っていた。
が、意外に距離もあり、しっかりと使い込んだ心肺には辛かった。
無事に戻ると、途中で入浴出来る時間は十分にある感じがした。

が、ここから戻る道も間違えてしまった。
間違えているような気もしながらだったが、流石に走り過ぎている感じもしたのでナビを確認してもらったが、もっと早くに
その意見を言えば良かったと思えた。
今回は反省すべき点が多い。
これは次に生かせる機会だと良いのだが。

結局入浴する時間も無く、食事会へと向かう事になった。
しっかりと走った後の食事会は、感想戦も弾み、非常に楽しい物だった。
次は歓迎会等あれば良いのだが、その予定は全く無い…な?


今回(3/24)のルート

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/3009-e639786b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking