FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



ニューフレームを購入してしまった・概要
天啓からの続き

フレームセットだけを購入しても自転車としての機能は果たせない。
ホイールから生えたので、ホイールはあるが、それだけでも十分とは言えない。
自転車として機能させるならば、周辺パーツも購入しなければならない。
いや、移植と言う手もあるにはあるか…

自転車をフレームセットで購入すると、周辺パーツを自由に選ぶ権利が発生する。
これは自転車として完成させて行く上で、楽しみな部分でもある。
完成車からパーツを取り替えて行くと言うのも、楽しみな部分ではあるが、フレームセットから完成車として仕上げていくと、ある意味自分の理想の形として仕上がるのではないか?
先立つ物があれば、理想形として仕上げられるが、そうでない場合は妥協しなければならない部分も含まれる。
この妥協こそが、自転車ライフを長く続かせるコツだと思う。

妥協する事。
肩肘張らない事が未来への分岐点を多くし、楽しみが残される。
そう考えても良いだろう?

周辺パーツを購入するにしても、統一された規格と言う物が、実はない。
なので、おいそれと購入する訳にも行かないのが、難しい所。
先ずは購入したフレームの規格を知る、と言うのが大事。
大体はカタログに載っているものなので、難しくは無いが、Guerciotti(以下グエルチョッティ)のE740に至っては情報が錯綜していた。
先ずはどの情報が正しいのか、フレームの身体測定をしてみた。

2018042301.jpg
ヘッドチューブにはグエルチョッティのトレードマーク。

2018042302.jpg
フロントフォークに検品を行った際に貼られたと思われるシール。

2018042303.jpg
フレームのBB下部にも検品を行ったと思われるシール。
シリアルナンバーはクリア塗装の前に刻印される様で、クリア塗装で上塗りされてしまっている。

2018042304.jpg
ケーブルは内装になるので、ケーブルライナーが通されている。
ケーブルライナーはシフトケーブル用のみで、ブレーキケーブル用は通されていない。
ケーブルライナーと言っても、ケーブルを導くだけの用途にしかならず、別のライナーを用意する必要がある様な代物。
と言うのも、途中で折れ曲がったりしているし、耐候性の無い物に見えるし。

2018042305.jpg
BB取り付け前の様子。
BBを取り付けた後でも、蓋があるのでケーブルを通すのは難しく無さそう。
ケーブルライナーはケーブルを通す際に取り替えなければならないけれど。

2018042306.jpg
リアディレーラーへのケーブル取り回し。
専用の?ケーブルエンドキャップが付属。

2018042307.jpg
シートチューブ下部、BBとの接続部にサイズを示す刻印(ステッカー?)がされて、その上からクリア塗装されている。
あれ?私が注文したのはXSだった筈。

間違ってSサイズが送られて来たのかと、慌ててジオメトリー表とにらめっこして、シートチューブやトップチューブ、ヘッドチューブの寸法を計ってみた所、注文したXSの通り。
大抵のロードバイクは、このサイズを示すステッカーを剥がす事が可能。
しかし、この様な刻印か、ステッカーにしても上からクリア塗装されてしまっている場合は、簡単に剥がす事ができない。

そしてこのフレームが本物だと言う事を確信。
ただし、アウトレット品。
アウトレットの理由は、このサイズを示すステッカーの張り間違い。

色々と噂の絶えない海外通販を利用したが、その悪い噂のひとつに、シリアルナンバー削り、検品落ち、等が囁かれていた。
これも所謂検品落ちになるのだろうが、サイズを示す刻印間違いだけで、後は検品を通過した物だとすると、これだけの理由で10数万円値段が下がるのならば、逆に歓迎するところ。
そう言う悪い噂も含めて購入したが、これだけの問題なら、個人的には問題が無かったのと同じだ。

2018042308.jpg
シートポストクランプが無かったので、それを注文する為にシートチューブを観察。
この様に切り欠き…と言うか、歪ませる余裕のある作りだと、シートポストクランプはシートチューブとシートポストを共締めするタイプで良い。
別々に締めるタイプもあるけれど、高価になる事が多い。

2018042309.jpg
シートポスト径はカタログ…と言うより、通販サイトの概要通り27.2mm。
なのでシートポストは27.2mmの物を注文する事にする。

2018042310.jpg
シートポストクランプはシートチューブの外径で注文しなければならない。
31.8mmの物を注文する事にする。

2018042311.jpg
情報が錯綜していたBB。
海外通販だとBB86と書かれていたが、国内代理店のサイトではPF30と言う表記も。
雑誌などのWEBサイトで取り上げられている所はBB86と書かれているところが目立っていたが、実際はPF30。
φ46だったので、最初はBB386かと思ったけれど…

2018042312.jpg
BBシェル幅が68mmなので、PF30と言う事になる。
シマノのクランクを使用するならば、スレッドフィットBBの様に、BBがフレームから少し飛び出る感じになる。
当初はBB86ならばTOKENのスレッド式にしようかと思っていたが、PF30だとカラーが不恰好に見える。
但し、スギノのパワースリーブが使えるようになった(BB86には未対応だった)ので、第一候補はそれになるかな?

2018042315.jpg
リアディレーラーハンガーも予備が欲しい所。
だけど、今の所何の情報も無いので、自転車が完成した後にでも考えるかな?
しかし、こうして改めて見ると随分と凝った造りのハンガーではないか?
サードパーティー製では売って無さそうな雰囲気。

取り敢えず、『ニューフレームを購入してしまった』編はこの辺にして、この後はパーツ購入から組み立ての様子をお届けする予定。

ニューロードバイク組立・パーツ注文その1へ続く
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/3013-5a35d6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking