FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



ニューロードバイク組立・パーツ購入その5
ハンドルバー取付からの続き

いよいよR7000系の105が発売されそうだ。
と言うのも、至る所で予約販売が始まっている。
予約販売なので納期は未定になっているけれど、価格はそれぞれの販売店で確定している。
予約しても良いけれど、少し予定している事があるので、受け取れない可能性が非常に高い。
この予定を終えてからだな。

そんな状況になってきたから、E740の組立完了も見えてきた。
実はR7000系の105にしようと思っているSTIと前後ディレーラー、それ以外にも必要な物があった。
BBと略されるボトムブラケット。
自転車のパーツの中では比較的比重が大きく感じるBBを購入する事にした。

2018062001.jpg
BBが入っているとは思えない立派な箱。

BBが重要なパーツと思えるのは、ジオメトリーの基準となっているのがBBセンターだから。
クランクが収まる場所でもあるし、フレームを選択する時にもBBを確認していた。
当初は情報が錯綜していて、BB86だと思っていたけれど、実際にはPF30だった。

本当はBB86かBB386が良かった。
BBのシェル幅が、シマノのクランクを使った場合に幅いっぱいに取られていて、剛性が高そうだったから。
BB386もスピンドル径30φに対応するシェル径だけど、幅はBB86と同じ。
そしてシマノのクランク(スピンドル径24φ)も使える様にベアリング径24φが選べる。
PF30は基本的にスピンドル径30φを使う規格だけれど、BBメーカーからはシマノクランクが使えるように24φ仕様も売られている。

PF30はその名の通りプレスフィットBBだけれど、プレスフィットBBって異音原因になりやすい。
異音の原因はベアリングを直接BBシェルに圧入する事にあるらしいけれど、最近はベアリングをカップに収め、それを圧入する形式にして異音が減って来ているそうだ。
PF30もカップに収めたベアリングをBBシェルに圧入する。

しかし最近は更に、圧入するよりも左右のカップをネジで連結し、ねじ込んで行く事でBBを取り付ける方式が流行している。
各BBメーカーからリリースされている。
左右のカップが連結されるので剛性も上がるし、取り付け取り外しが簡単になる。
圧入するには専用工具が要るし、それだけの為に工具を購入するのは少し抵抗があった。
ねじ込み式プレスフィットBBにも、スレッド式BBと同じ工具が要るけれど、取り外す時にも使えるなら少しだけ抵抗が減るかな?

なので、必然的に購入するBBは、このねじ込み式プレスフィットBBになった。
候補はいくつかあった。
このねじ込み式プレスフィットBBの先駆者であるウイッシュボーン、プラクシスワークス、最近はスギノもこの方式のBBを発売している。
しかし、価格の面とその構造でトーケン製のBBを購入する事にした。

2018062002.jpg
TOKENの『TF24-TBT』、13,800円。
BB自体はBB86とBB89.5、BB92(シェル径41φ)に対応しているが、アダプターを利用してBB30(シェル径42φ)とPF30(シェル径46φ)にも対応している。
MTBにも取り付けられるらしく、その為のスペーサーも付属。
そして、取付用の工具も付属しているのは、余計な工具を買わなくて済んだ。

ベアリングにはトーケンのTBTと呼ばれるティラミックベアリングを採用した物にした。
耐久性と回転性が通常版のプレミアムベアリングより優れているらしい。
その分お値段もかなり跳ね上がる事になったが。

フレームとBBの間にアダプターが挟まるので、剛性面ではやや不利な様に見られるが、フレーム側の処理にやや不安(カーボン素地に穴を開けているだけで、スリーブ無し)があったので、このアダプターがスリーブ代わりになってくれないかと。
後は色々と使い回す事が可能なこと位か?
使いまわす予定は無いけれど、いくつかのフレームに対応している事は好ましい。

パーツ購入その6へ続く
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
>takumaさん
わざわざTOKENの物を選ばれたと言う事は、TBTのBBなんでしょうね。
折角のデュラBBを現在のロードに取り付けるくらいなんですから。
スレッドBBならもっと選択肢があると思ったのに、TOKENとは…
好評なBBなんでしょうか?
ならば私の選択も間違っていなかったようで(笑)
【2018/06/22 22:17】 URL | ドギー #ckrpDTkg [ 編集]

偶然ながら
私もこの日にTOKEN のBBを物色して購入しました!
デュラのBBは現ロードに使用し、TOKEN のBBは
新車に取り付ける予定です。
【2018/06/21 23:26】 URL | takuma #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/3029-c167bb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking