FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



費用対効果の高いパーツ
自転車の…それもロードバイクで費用対効果の高いパーツとして上げられるのが、タイヤ、そしてインナーチューブ。
費用対効果はさておき、交換したのを実感出来るパーツならばタイヤとインナーチューブは外せない。
私自身、アレグロの完成車として付いてきたタイヤとインナーチューブを交換した時、その効果を実感出来た。

ただ『費用対効果が高い』と言われれば、疑問を挟まざるを得ない。
タイヤは消耗品だ。
それも、自転車の消耗品の中で、一番早く消耗する部品と言って差支えがない。
早ければ半年、いや、運が悪ければ1日。
そんな交換サイクルで交換して行くと費用は嵩むばかり。
どうしてもその費用を抑えたくなって来る。

高価な物は良い、安価な物は悪い。
自転車のパーツ全般としてその傾向があるのは否めないが、必ずしもそうは言えないと思う。
高価な物の中にもイマイチな物もあるし、安価な物の中にも優れた物はある。

交換サイクルが早めの物は、その費用が嵩むのを抑えたく、安価な物の中の優れた物…を探し当てたい気持ちになる。
それを見つけた時の喜びは、言い表せないと思う。
私が『ダイヤモンドは原石で』を標榜するのもその所為か?
しかしながら、『安物買いの銭失い』を地で行ってしまう行為でもある。

前置きが長くなってしまった。
そうだ、タイヤとインナーチューブを購入した。
それも、シューズを購入した時のポイントが消滅してしまわない様にと。

2018090901.jpg
クーポンと消滅してしまうポイントを利用して、合計で4,300円(100円単位で丸める為、十の位で四捨五入)。
高価なタイヤの1本分以下で済んだのは、非常に大きい成果と行って良い…だろう?

1000円強分のポイントを、ただ指を銜えて見送る事も出来ないので、いくつかの商品をピックアップしておいた。
初めはインナーチューブだけだった。
ただ、それだけでは送料の負担が大きい感じがしたので、その負担を分散する為に、そろそろ交換が迫って来ているアレグロの後輪…R-SYSに装着してあるイクシオンプロ・パワーリンク…の交換用タイヤを考えていた。

まだまだ前輪が余っているので、いつもなら前輪と後輪を交換し、ローテーションさせるのだが、このイクシオンプロ・パワーリンクは後輪専用で、前輪に履かせてあるイクシオンプロ・グリップリンクは前輪専用。
なので、ローテーションさせる訳には行かない。

R-SYSを手に入れた時に履かせようと思っていたタイヤもまだ手元にある。
わざわざ購入しなくても良いのでは?と言う考えもあったけれど、XBL4.2に履かせてあるタイヤも減って来ているし、もうワンセットくらいあった方が良いだろう?と安価なタイヤだし、追加購入する事に決めた。
これを購入した事で、送料が無料になった事も良かった。
決済するまで無料になるとは思ってなかったので、意外な幸運だった。

2018090902.jpg
DUROのStinger HRと言うタイヤ。
クーポンとポイントを考慮すると、1本約1,200円。

インナーチューブのおまけ、と言う言い方はほんの少し語弊があるけれど、送料の負担分を軽くしようとした結果で選んだタイヤ。
その結果の末、送料が無料になったんだから僥倖だっただろう。

DUROと言うメーカーは台湾のタイヤ製造メーカーらしく、オートバイのタイヤなども製造しているそうだ。
台湾と言えば、自転車製造のメッカでもあるし、色々な所のOEMも盛ん。
DUROはどうか分からないけれど、物はそんなに悪くは無いだろう?

DUROの製造する700Cタイヤもいくつか種類があり、その中でも少し高価で軽量なStinger HRを選んだ。
サイズも23Cと25Cの2種類あったけれど、最近のトレンドの転がり抵抗が低そうな25Cをチョイス。
カタログ上でその重さが200gと言うのも悪くない数値。
グリップとかフィーリングは未知数だけど、悪くなければ次回以降の購入候補になるだろう…と、期待する。

2018090903.jpg
本当はこれだけが本命だったインナーチューブ…は、CSTのUltra Light Tube、安かったので4本も購入。
タイヤと同様に1本あたりに換算すると、約480円。
換算前の価格でも十分に魅力を感じる価格だった。

CSTも台湾のタイヤ製造メーカーだけど、ここは色々なメーカーのOEM元でもある。
今回選んだこのUltra Light Tubeは間違いなくMAXXISのフライウェイトチューブと同じ製品だろう。
MAXXISの銘柄になるだけで3倍近い値段を付ける事になる。
XBL4.2に入れているインナーチューブは、正しくMAXXISのフライウェイトチューブ。
そのフィーリングがとても良かったので、追加で購入したいほどだったけれど、かなり高額だったので二の足を踏んでいた。
それがだ、偶然安く売っている所を発見したからには、機会があれば購入しようと思っていた。
その機会がポイント消滅前、と言うのも少々アレだが、アレな事でもなければ背中を押してくれなかった。

2018090904.jpg
R-SYSに装着しようと思っていたSOYOのトゥルーアンス(左)。
そこそこ軽量でシルクワーム構造のパンクガードが入っているので購入しておいた物。
丁度手元にあったので比較用として引っ張り出した。

2018090905.jpg
トゥルーアンスの数値。
カタログ値が確か220gだったので、ほぼその通り。
シルクワームと呼ばれるビードtoビードでパンクガードが入っていながら、なかなか優秀な数値ではないだろうか?

2018090906.jpg
Stinger HRの数値。
こちらもほぼカタログ通り。
ただし、こちらはパンクガードが入っていると言う情報は無し。
その部分に少し不安はある。
まあ、値段を考えたら贅沢は言えない。

折角なのでチューブも重さを量ってみる。

2018090907.jpg
参考にするのはSOYOのラテックスチューブ。
レイダックの後輪…アクシウムに入れてあったけれど、パンクしてしまってその修理後。
パンク修理した分、ほんの少しだけ重くなっている…な。
パッケージには48gとあった物だし。

2018090908.jpg
カタログ値は失念したけれど、53gはフレンチバルブ48mmのブチルチューブとしては最軽量だろう。
軽量ブチルチューブとしての代名詞でもあったR'AIRが70g弱と考えると、この軽さが理解出来ると思う。

パッケージにも記されている厚み0.45mmは装着に非常に気を使う。
XBL4.2の時は高価なチューブと言う事もあり、かなり気を使ったけれど、これは少し気楽にやれそうな、そんな感じもする。
このタイヤとチューブの組み合わせには少し期待している。
かつて、アレグロのタイヤ交換の時に試したRACE L EvoとR'AIRの組み合わせで驚いた印象を上回ってくれるのか。
その時よりもタイヤとチューブの合計重量が軽くなっているし。

まあ、軽さだけが全てではない、と言うのは分かっている。
分かっているけれど、期待はして良いでしょう?
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/3040-ab4f4b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking