FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



心得ひとつ
プロローグからの続き

秋分の日の振り替え休日。
彼岸という事もあり、昨日のライドは彼岸花が其処彼処に咲いてあった。
少なからず速い方々の刺激的な影響を受けたライドだったので、疲労が抜けずにいたけれど、天気予報が良い方向に変っている。
今日も走らない訳には行かないだろう?

とは言え、回復走気味で走りたかった。
一人になればそうするつもりだったけれど、ちょっとした予感があった。
その予感に流されるまま、E740で出かける準備を進めた。
E740となると、回復走にはならないだろうな。
この辺りも昨日の影響を色濃く残していたんだろう。

一応、朝錬の集合場所に向かってみた。
集合場所を見下ろせる橋の上から、集合場所の様子を眺めてみると、案の定と言うか、予想通りと言うか、誰もいない雰囲気が伝わってきた。
少し落胆して下って行くと、対向して来るロードバイクが。
「あ!田中君!」
ちょっとした予感が当たってしまった。

立ち止まって挨拶を済ませると、「結局昨日は走りに行ったんだね」と怪我の影響も省みず『高速ビワイチ』に参加した事を当て擦った。
かなりの強度で走った事は明らかで、途中から怪我の事も忘れたんだと、そして今日は回復走でゆっくり走ると言う。
やはり、あの面子で大人しくしている性格ではないと思っていたが、走らない理由を見つけるよりも走る理由を見つける心意気は、見習う所が多いと感じた。

「そうか、回復走ね、何処か走りに行く場所は決まっているの?」
の質問には決まっていないと言う。
ただ、それなりの距離を平坦基調で稼ぎたいと。
集合場所で時間まで待ってみたけれど、いつものメンバーは来ない様子だったので「ちょっとこれから行ってみようと思う所があるんだけれど、時間があるなら一緒にどう?」と田中君を誘ってみた。

田中君が回復走に充てている時にしか一緒に走る事が叶わない、と申し出た。
当然私にはトレーニングライドになるだろう。
アレグロならばこんな言葉が出て来なかったけれど、E740なら何とかなる筈、と自分に言い聞かせた。
それに平坦基調で距離を稼ぎたいならば、大きな問題になるとも思えなかった。
私こそ回復走で走りたかったけれど、トレーニングライドに切り替えだ、と、気持ちのスイッチを切り替えた。

琵琶湖岸を少し北上して行く。
一応、回復走にお付き合いすると言う名目なので、私の息が必要以上に上がると、回復走のお付き合い、と言う感じが薄れてしまうのでそれなりに気を使って走って行く。
琵琶湖岸を離れ、野洲川沿いに延びるサイクリング道然とした道へと向かう。

時折、先頭も交代してもらって、おおよそのペースを掴んで行く。
なるほど、これくらいでも回復走となるのか、と幾分か納得するが、少しでもペースが上がってしまえば息が切れてしまいそうだ。
サイクリング道然とした道に入ると、田中君から「この少し先はダートになっていますよ」と忠告を受ける。
「つい最近の事?」の問い掛けには一ヶ月ほど前との答え。
私自身も一ヶ月以内に走っていると思ったし、その時に路面状況は問題が無かった筈だと、そんな風な事を伝え、突き進んで行く。

路面状況に問題は無く、無事にR8まで出てくると、三上山の麓をまわろうと思っていた考えが少し変わる。
と言うのも、この先のルートを考えると、R1に抜けるよりも旧R1の県道4号を進んだ方が良いと思えたからだ。
田中君にある程度伝えていたルートを少し変更する事を伝え、そのままR8を横切り、R1へと抜けてからそのまま道なりに進んで県道4号へと入る。

県道4号から逸れる前に、田中君のボトルの水がなくなったので、補給する為にコンビニに立ち寄る。
そこでの小休止の合間、これから向かうパン屋さんを伝えると、田中君はスマホを操作し情報を収集し始めた。
すると、そこの開店時間が10時だと分かる。
「パン屋さんが10時オープンって、えらい遅いね」と何度と無く足を運んでいるのに、定休日しか知らなかった自分が少し恥ずかしくなってくる。

このペースだとちょっと時間が余ってしまうかも知れない。
折角伊賀まで行くのなら、ちょっとしたヒルクライムスポットに行ってみようと言う事になり、パン屋さんも伊賀市内の所にすれば有効に時間が使えるんじゃないかと言う事で落ち着いた。
やっぱりヒルクライムスポットに向かってみたかった訳だ、と私自身が思い描いていた平坦基調に少し登り基調が含まれる、回復走には良さそうなルート案が、音を立てて崩れていった。
気持ちのスイッチを更に厳しくなると言う方向に切り替えた。
いや、これ以上切り替える方向があったのか?

コンビニを出て三雲駅に向かう所で県道4号を外れ、草津線沿いに走る道に入る。
そこから再び県道4号に入り、甲賀方面へと走る。
もう一ヶ所立ち寄りたい所があった。
『甲賀もちふるさと館』
ここでたい焼きを補給食代わりに仕入れたかった。

県道4号を甲南駅付近で外れ、三桁の県道へと入る。
県道127号に出れば良いと考えていたが、意外にこの県道に抜けるのに手間取った。
その手間取りを見て、田中君は幾分か私に不信感を募らせたのではないか。

「どこに向かうんですか?」と言う質問に「甲賀もちもち館とかそんな感じだったかな?」とうろ覚えの答え。
スマホを手早く操作すると、「今日は振り替え休日になっていますよ」と、ルートを変更せざるを得なくなくなった。
しばらく県道127号を進み、そこから行き先表示に従って県道126号に入る。
それを甲賀駅まで進むと、県道4号に出たと思って左折する…と、県道4号に違和感を覚えた。
右か左か迷っていると、田中君はまたしてもスマホを操作して、「このまま進んで県道775号に入れば、道の駅阿山に向かう道に入れます」と進言してくれた。

その進言に従って県道775号へと向かうが、信用ががた落ちに落ちている事が気に掛かった。
県道775号を進んで、少し県道とは思えない箇所を過ぎると、県道134号へと抜けてくる。
妙な違和感に襲われた。
その違和感の正体を探ろうと周囲に目を配ってみるが、もうひとつハッキリしない。
違和感を拭いきれないまま、先へと進むと、にわかに記憶が蘇って来た。

「ようやく知っている道に出た」とは心の声が思わず口をついて出てしまっていた。
突き当たりを左に折れると合図すると、「道の駅阿山は右ですよ!」と田中君。
「知っている、でもこっちの方が交通量少なくて良い道だから」と不信感を拭えない田中君の進言を無視する形をとった。
あれだけ右往左往したのだから、信用されていないのは痛い程分かったが、ここは信用回復の意味も大きい。

県境を越え、県道50号から県道673号に入っても、田中君の信用は勝ち取れていなかった。
「遠回りしている様にしか思えませんよ」と田中君は言うが、「今はまだ遠回りしている感じかもね、でもここからハッキリと伊賀市内へと向かうから、そんなに遠回りにはなってないよ」と県道49号に抜けるまでは、本当に信用されていなかっただろうな。
そこに至って田中君も納得してくれたのだろう、スマホを確認すると、案外距離が縮まっているのを感じ取ってくれたのかも知れない。

近道の為、そのまま県道49号を横切り、なるべくR25には出ない様に進んで行く。
関西本線沿いを進む道を見つけると、それをR422に突き当たるまで進む。
R422に突き当たると、もう伊賀市内と行って良い。
代替のパン屋さんまでは目と鼻の先となったが、その前にコンビニで補給しようと言う事になった。

私としては、『甲賀もちふるさと館』に、当初の予定のパン屋さん『トルタ・ロッソ』で補給するつもりだったから、朝食がいつもより少なめだったので、お腹が空いていた。
水分も心許ないので、補給しておきたかった。
なにより今日の仕事はここまでと思っていたので、疲労も色濃く出てしまっている。

紙パックの水分と菓子パンを購入。
「これからパン屋さんに行くのに、コンビニでパンを買うなんて、そんな人初めて見ました」と田中君になじられた物の、背に腹はかえられないので、一刻も早く補給してエネルギーに変えておきたかった。
そしてすぐ近くのパン屋さんに移動して、菓子パンを齧りつつ開店を待っていると、丁度開店時刻になった辺りで店員さんが勝手口から出てくる所で鉢合わせしてしまう。
驚いた表情の店員さんは「今日は臨時休業です」とやけにあっさりと伝えてくる。
そうか、私がどんな苦労をしてここに辿り着いたのか、それを慮れと言う方が無理があるな、と田中君の方を振り返って「臨時休業だって」と同じ様な素っ気無さで伝えた。

最近、こんな事が続くな…と不運を嘆くが、続くだけあって立ち直りも早くなっている。
田中君は諦め切れない様で、例の様にスマホを操り、近くのパン屋さんを検索していた。

近くのパン屋さんの検索が終わると、とりあえずそこに向かってみる。
近鉄伊賀線の上野市駅前にあるテナントビルに入っているパン屋さんだった。
サンドイッチふたつにハンバーガーを購入し、駅前のロータリーにある公園然とした所のベンチで腰掛けて堪能する。
食べ終わると、いよいよヒルクライムスポットへと向かう事になる。

田中君はTTをするつもりだし、そんな田中君に付いて行ける訳も無いので、長い時間待たせない様に出来るだけ頑張るつもりだったけれど、ここまでで既に疲労困憊で、どれだけ頑張れるのか不安なくらいだった。
ただ、そこから逃げ出そうと言う気持ちは無かった。
後ろ向きな気持ちになっては、結果が付いて来る筈もないのが分かっていたので、気持ちだけは前向きに保った。

R163を西へと向かい、やぶっちゃランドへと向かう道に入る。
やや上り基調の道が続いたが、田中君からは遅れない様に集中していた。
やぶっちゃランドを横目に、三国越林道と出ている路傍の表示板に従って登って行く。
この道を真っ直ぐ行ってしまうと、三国越林道の途中に出た記憶があったので、どこかで右折しなければと思っていたが、何故か道なりに進んで三国越林道の入口に辿り着けた。
それも何故か入口が右手にある格好で。

…おかしい、この入り方はゴルフ場から下って来た入り方と同じではないかと訝ったが、田中君はGPS通りと言って間違っていないと言う。
いくら久しぶりにここに訪れるとは言え、ここまで記憶違いがあるのだろうか?
結局は間違っていなかったのだから、記憶に間違いがあったのだろう。

いつもなら先に走らせてもらう事が多かったが、十分に交わせるほど幅のある道とは言えないし、TTの邪魔にならない様に追いかける形で三国越林道に取り組んだ。
すぐに見えなくなってしまった。
いや、元から追いかけられるほど脚力はないし、加えて疲労困憊の一歩か二歩手前。
自分の出来る限りの走りで追いかけようと思っていた。

すぐに心拍数が一杯一杯になった。
これはとても最後まで持たないだろうと、ペースを落とす。
心拍数の上限を180bpmに決め、それを上回らない様にペースを刻む。
斜面が緩んだりすると心拍数に余裕が出来たりするが、きつくなると途端に余裕がなくなる。
なのでペースの上げ下げにも注意を払った。

路面状況が悪く、落石や枯れ枝、落ち葉が目立った。
少し注意力が散漫になったのかも知れない。
リアホイールからカツカツカツと言う何かが接触している音がしてきた。
目視で確認すると、枯れ枝がリアコグに絡まっている。
まだ新しいE740だし、妙な傷が付くのを避けたかったので、立ち止まる。

どうやらリアタイヤが跳ね上げた枯れ枝を、チェーンが拾ってしまってリアコグに絡まってしまった様だ。
チェーンとリアコグに挟まれる格好だったので、簡単に除去出来なかった。
自転車を後退させてチェーンとの挟まりを解消しようと思ったけれど、チェーンが連動して動いてくれない状況で、しっかりと枯れ枝が挟まってしまっていた。
リアホイールを外して、チェーンをフリーにさせてようやく枯れ枝が除去出来た。

かなり手間取ってしまったし、待たせる時間が増えてしまったと焦りがあるが、元々しばらく待たせるつもりだったので、焦らずに登る事に決めた。
立ち止まるまで一杯一杯の走りだったし、枯れ枝の除去の、休みになったか分からない程度の立ち止まりは、心拍数を落ち着けるのに一役買ってくれたと思えた。
なんとかピークに辿り着けたのは前向きな気持ちのお陰かも知れない。
ただ、ここでほとんど終わってしまったのは、残りの道のりを考えると、芳しくはない。

ここから信楽の市街地までの道案内は、私の役目だった。
市街地とまでは言わないが、田中君が理解出来る場所までは案内しなければならない。
下り基調だったので、それほど脚を使わずに信楽の市街地へと近付けた。
そして、「ここからなら一人でも帰られるよね?」と問い掛けると帰られると言う返事だったので、「もし、私が遅れて千切れる様な事があっても、そのまま気にせず帰って良いからね」と伝えておく。
妙な気遣いはさせたくもない、けれど、限界まで千切れないでおこうとは決意出来た。

まあ、幾許かは気を使って貰ったかも知れないが、前向きな気持ちと言うのはやり遂げる力になると思う。
言霊と言う言葉があるけれど、言葉にしなくとも決意だけでも力になる。
心得ひとつで、力が湧いてくる。

なんとか田中君との…おそらくは田中君も解散場所はここだろうなと言う…場所までは千切れずに頑張れた。
田中君の回復走の日でもなければ走れない貴重な日、そんな貴重な日に心得ひとつで一緒に走れたのは大きな財産になった。
もう少し走れれば、回復走的な日でも無い時に走れるのだが、それはもう少し強い心が要るな。

今回のルート

関連記事
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/3042-3f65d5b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking