FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



アレグロのコラムカット
アレグロのリフレッシュ作業からハンドルバーの位置を下げ、そのポジションにも慣れてきた。
となると、リフレッシュ作業を終えた時から考えていたコラムカット、それをどのタイミングで行うか考えていた。
そのタイミングと言うべき機会がやって来た。

機会と言うのは、バーテープを巻き直す、と言う、非常に曖昧なタイミングだった。
こんな曖昧なタイミングでもなければ、いつ行動を起こすかはっきりしないので、これが機会だと思った。

2018102301.jpg
バーテープの裏面には粘着テープが無いタイプだったので、使い込んでいる内にズレてしまう。
いや、粘着テープが無くとも基本的にはズレない物だが、エアロバータイプなので、翼断面形状の部分でズレてしまうのだろう。
その部分には基本的にバーテープは巻かないし。
そのズレも我慢してきたが、そろそろ巻き直そうかと言う程に症状が進んでしまった。

2018102302.jpg
先ずはトップキャップを外す。
10mmのスペーサー3枚は、少し不恰好に思えたので、これをすっきりさせる為にコラムカットを行う。

2018102303.jpg
スペーサーとプレッシャーアンカーを取り外す。
ここで初めてアレグロのプレッシャーアンカーとのご対面。
上部のボルトを緩めただけでは、一緒に抜けてこなかったので、どんな構造をしているのか悩んでしまった。

2018102304.jpg
取り敢えずマイナスドライバーをアンカーの側面に開いている穴に引っ掛けて取り外す事が出来た。

2018102305.jpg
取り外したプレッシャーアンカー。
至って普通の構造の物だった。
下部の金具がよくコラム内に落ちなかった物だ。
普通に?コラムを圧迫する金具と一緒に抜けて来た。

2018102306.jpg
ハンドルバーを取り外さないと、アウターケーブルの長さが十分ではないのでステムがコラムから抜けない。
なのでハンドルバーを取り外す。

2018102307.jpg
ステム取り外し後。

2018102308.jpg
コラムは10mmのスペーサー2枚分をカットするので、カット部分は20mm。

2018102309.jpg
ソーガイド取り付け状況。
フロントフォークを抜かないでカット出来る余裕があった。
このソーガイドなら、ステムの取り付け幅さえ確保出来ていれば、フォークを抜かないで作業出来そう。

2018102310.jpg
コラムカット完了。
ソーガイドとノコギリはE740組立作業に使った物が、凄く使い勝手が良く、滞りなく作業を終えらせる事が出来たので同じ物を使用したけれど、今回も問題なく終えられた。

2018102311.jpg
この後、切断面をヤスリで均しておく。

2018102312.jpg
ステムの取り付け後。
まだ仮止め状態。

2018102313.jpg
プレッシャーアンカー取り付け後。

2018102314.jpg
ハンドルバーを取り付け、前輪との位置決めをする。

2018102315.jpg
10mmのスペーサーを1枚入れる。
スペーサーの上部とプレッシャーアンカーの上部に少し隙間がある方が、トップキャップを締め込んだ時の引き上げ代になる。

2018102316.jpg
トップキャップを締め込んで、フォークがしっかりと引き上げられたら、ステムを本締めする。

2018102317.jpg
コラムカット作業完了。
あれ?バーテープは?と、思われるかも知れないけれど、パーテープの巻き直しは自転車を室内に持ち込んでから。
コラムカットはカーボンの切り粉が出るので、どうしても屋外で作業しなくてはならないからね。

カーボンの切り粉が残らないように、プレッシャーアンカーを取り付ける前は、自転車をひっくり返して、フォークを叩いて切り粉を落とす様にしたし、フレームにも残らない様に作業を終えた段階で乾拭きしたし。
ずいぶんとハンドル周りがすっきりした印象になったな…トップキャップのボルトの錆はご愛嬌かな?
取り替える部品を何時か手配したい…いつか…ね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/3045-7f0fe25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking