FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KING KIKAPUを軽く走らせて
取り敢えず、KING KIKAPUの組立も終わったし、走れる状態には持って来れた。
となると、少しは走らせてみたいと思うのは、人心と言う物だろう。
だから近所への買い物に走らせた。

そこで、どうにも自転車の動きが以前と違うんじゃないかと、10年以上ご無沙汰しているにもかかわらず感じてしまった。
その違和感と言うのは、リアサスが全く動いていないんじゃないかと言う違和感だった。
一応、フルサスのMTBであるし、もう少し乗り心地が良くても良いんじゃないかと。
フロントのサスがかなり動くし、その比較としてリアが全く動いていない気がした。

いや、気がしただけでは無いな。
リアサスユニットが死んでいる?
一応、エアサスなので、エアを補充してみる。
現役の頃でさえ、エア補充なんてした事が無かったし、きちんと補充出来るのかも、相当に怪しい。

2019030401.jpg
この状態まで持ってくると、乗ってみたくなると言うのは避けられないだろう?
乗る為にここまでしたのだから。

2019030402.jpg
KING KIKAPUには意外に?良いパーツが驕られている。
フレームはEASTON製のアルミパイプで組まれているし、メインコンポはXTとXTRのミックス。
フロントフォークはマルゾッキ製のbomberだし、リアサスユニットはFOX製のALPS5Rだ。
こんな事を書いてもちんぷんかんぷんだろうが、当時としてはこんな良いパーツが驕られているのに、何故こんな安いんだ?と自転車屋さんに言われたほどだった。
今回はこのFOX製のALPS5Rが機能しなくなっている。
流石に長期間放置した所為だな。

2019030403.jpg
取り敢えず、フレームからサスユニットだけ取り外す事が出来た。

2019030404.jpg
FOX製のALPS5Rの単体。
分解するなと注意書きされているが、分解した人はネットを検索すると、かなり散見出来た。
サスユニットとしての機能を果たさないのならば、オーバーホールするつもりで分解しても良いと思える。
使えなくなっても、そう言う状態になってしまっているのだから、何か動きを起した方がマシだろう?

2019030405.jpg
ユニットのインナー側取り付け部の脇に、米式のエアバルブが仕込まれている。
ここに米式のバルブに適合する空気入れで空気を入れられる…筈なのだが、取り付け部がエアバルブの近くまで突起を突き出しているので、ポンプヘッドによっては、しっかりとバルブにはまらない。
私の持っているフロアポンプのヘッドでは適合しないようだ。
ガソリンスタンドにある様な、圧縮空気を収めた空気入れだと、適合するのだが。

ポンプヘッドが上手く収まらなかったけれど、仏式の延長ホースで繋いでやると、どうにか空気は入ってくれるようになった。
だがしかし、入った空気がサスユニットを動かしたりすると、どこから抜ける用だ。
分解してオーバーホール(するには新しいOリングが必要になる)の真似事でもしてみるか、簡単な分解清掃で復帰しない物だろうか考えたけれど、比較的安価でサスユニットが売っている事を知る。
そのユニットはエアサスでは無くスプリングユニットになってしまうが、そんな細かい事には構ってられない。
兎に角、フルサスMTBとして動けば何の問題も無い。

2019030406.jpg
分解清掃や新しいユニットを購入する前に、出来そうな事はやってみる事にする。
取り敢えず、空気漏れの原因ははっきりしないけれど、バルブコアが劣化している可能性は十分に考えられる。
なので、分解前に出来る事は、バルブコアの交換だと思い、バルブコアの交換をしてみる。

バルブコアの工具はバイクに乗っている時に購入したと思い、探してみるがなかなか見つからなかったけれど、古い工具箱の錆にまみれて仕舞ってあった。
その工具で古いバイクのホイールからバルブコア(黒いゴム製の方)を取り外し、そのコアと交換してみる。
古いバイクのホイールとは言え、FOXのリアサスユニットよりはかなり新しい。

コアも交換し終え、再び空気を入れてみるが、やはりサスユニットを動かすと空気が抜けてしまう。
これは分解に踏み切るか、安いサスユニットを購入するかになってしまったな。
取り敢えず、安いユニットの購入に踏み切るか?
それさえあれば、分解するのも気分が楽だろうし。

まあ、取り敢えず満足に走れる様になるのは、まだまだ先だと言う事だ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://realtimetouring.blog12.fc2.com/tb.php/3072-5713e675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


FC2アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking