FC2ブログ
只今、ツーリング中
日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
プロフィール

ドギーです。

  • Author:ドギーです。
  • ツーリングの醍醐味を堪能していただければ幸いです!
    ツーリング中に出会った風景なんかも紹介して行きたいと思います。

    ツーリングのお供
    【バイク】
    BMW:R1100S(売却)
    SUZUKI:TL1000R
    SUZUKI:DJEBEL250XC(売却)
    YAMAHA:RD125
    HONDA:ジャイロキャノピー(譲渡)
    SUZUKI:RG200Γ(売却)
    【車】
    ダイハツ:ハイゼットカーゴ
    ホンダ:ビート(売却)
    【自転車】
    OPUS:アレグロ3.0
    BRIDGESTONE:レイダック
    Guerciotti:E740
    【カメラ】
    《静止画》
    CONTAX:TVS DIGITAL(引退)
    OLYMPUS:E-500
    SONY:DSC-TX7
    Panasonic:DMC-GX1
    《動画》
    OregonScientific:ATC-2K(引退)
    CASIO:EXILIM EX-V7(引退)
    SONY:DSC-TX7
    GoPro:HERO3 WE
    Panasonic:DMC-GX1
    【レンズ】
    ZUIKO DIGITAL:14-54mm f2.8-3.5
    ZUIKO DIGITAL:ED 8mm f3.5 Fisheye
    ZUIKO DIGITAL:ED 70-300mm f4.0-5.6
    LUMIX G:X VARIO PZ 14-42mm f3.5-5.6
    【モブログ用携帯電話】
    AU:W21CA(引退)
    AU:T008



にほんブログ村ランキング用バナー

ランキングに参加して居ます。
2015より自転車のカテゴリーも追加してみました

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

バナーをクリックして他のブログも見よう!



にほんブログ村アクセスランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


■ ブログ名:めざめざ!



ブログ内検索



RSSフィード



タイヤ交換とロードスマートの印象
今年の夏の北海道ツーリングからずっと懸念であったリアタイヤ。
そいつを先日の早朝ツーリングでトコトン使い込んで、新しいタイヤにしてきました。

2010101101.jpg
今まで履いていたダンロップのロードスマート。

2010101102.jpg
ETC割引の休日1000円をかなり利用した為、センターの磨耗が激しい。
って言うか、台形になっているね?

実は以前に使っていたSP-11はリアタイヤから減ると言う、今までのR1100Sならフロントから減るのとは逆の現象が起き、しかもその磨耗がかなり早かったので、リアのみ交換すると言う事にしました。
だから、ロードスマートの印象として前後でのバランスと言う事は書けませんので、リアタイヤのみの印象となります。
同時に装着していたのは、SP-11とパイロットロード2という事になります。
先ずSP-11から交換して、今回交換するまでに13467kmと言う、今まで装着していた中で、BT-020に次ぐ寿命の長さでした。
いや、走りの質と言う点を考慮すると、その大半を高速道路で過ごしたロードスマートの方が寿命が長かったかもしれません。
ハードなブレーキング時等、リアの荷重が抜け気味になる場面でグリップを失う事がありましたが、ツーリングペースなら破綻のない走りを提供してくれました。
そう言った意味で考えると、コンセプト通りのタイヤではないでしょうか?

そして今回、タイヤ交換するに当たって、このロードスマートでも問題ないと考えていました。
マイナーチェンジ?しているようで、センターにライフ、サイドにグリップを考慮したコンパウンドが採用されているようです。
もしくはフロントの銘柄と合わせてパイロットロード2にするか。
そんな訳でタイヤ交換に向かった訳ですが…

2010101103.jpg
ご覧のピレリのエンジェルSTにしました。

今まで、その当時のニューモデルを履き続けてきましたし、前後異銘柄も経験したしと言う事で、初めてピレリのタイヤを履く事にしました。
ピレリと言うと、同じカテゴリー内でも割高の印象があり、手を出しづらかったのですが、パイロットロード2よりほんの僅かに安く、ロードスマートと比べても割高の印象はないので決めました。
ピレリ史上、最も優れたライフを実現だとか、エンジェルソウルにディアブロDNA(ディアブロはピレリの一銘柄)だとかキャッチーなコピーで興味を惹かれました。
何でもタイヤ無効間24時間世界速度記録(平均230km程で約5400kmを走破?ちょっと曖昧)を達成したんだとか。
これが一番興味を惹かれましたが(といっても詳しい数字は忘れていたり)。

2010101104.jpg
遊び心も忘れなかったり?

トレッド面が多くのグルービングによって接地面積が減らされて、ドライグリップがかなり不安な感じがしますが、ウエットグリップは期待以上のものなんでしょうね?
これがコピー通りの実力なら、2年間はリアタイヤの交換はしなくて済みそうですが、どうなる事やら…
ユーザー車検受験
2010051001.jpg
今日は雨模様の中、R1100Sのユーザー車検を受験してきました。
前回、光軸に泣かされたので光軸調整ノブでどれくらい調整できるか触ってみたんですが、受験当日の空模様が雨っぽかったんで、雨の中調整するのが不安だったので、予めディーラーで調整してもらう事にしました。
ディーラーに行くと絶対触ってはいけないノブだったようで、回してしまった事を伝えて調整してもらいました。
前回も右寄りにずれていたのですが、今回もかなり右側にずれていたとの事。
それを調整してもらうだけで、受験に際して余裕が出てきました。
調整もサービスしてもらって、本日の受験となったわけです。

今回で3回目の受験なので、流石に受付も慣れたものです。
そして受付を終え、2輪の検査ラインに向かいますが、なんと今回はラインが故障している模様。
なので、前々回と同様の検査体制となりました。
折角光軸も調整してあったし、ラインで検査を受けたかった所ですが、このお陰で何事もなく検査は合格。
おそらくラインで受験しても光軸はすんなり合格だった感じです。

2010051002.jpg
赤丸の右側にあるのが光軸を下げるレバーと上下の調整ノブ。
左側にあるのが左右の調整ノブ。

2010051003.jpg
右側の調整ノブ。
白いのがタンデムや重い荷物で光軸が上向きになった際に下げるレバー。

あくまでユーザーで触るのは光軸を下げるレバーだけ。
もし調整するなら自己責任という事で。
でも、車検の際にしか触らないよな…
正確な走行距離を
先のツーリングの動画をまとめられるのはもう少し先になると思いますんで、今回はそのツーリングで得たデータに基づいて、正確な走行距離を出してみたいと思います。

だいたい、バイクのオドやトリップメーターには誤差があります。
R1100Sにも誤差があるのですが、それは普通のバイクや車とは違って、辛目に出てしまいます。
マスツーリングでの事ですが、同じ所で給油して同じルートを走ったのに、次の給油では何故か私のバイクが1割ほど走行距離が少ない事に気が付きました。
私が経済ラインを走っていると言うわけではありません。
それは単にメーターの個体差があったからで、その誤差がこう言う結果を生み出していました。
では、どうすればより正確な走行距離が出せるのか?
それは正確な距離の分かっている区間を走って、補正すれば良いのです。
ただ、この正確な距離の分かる区間ってのが容易く見つかりません。
先のツーリングで、高速道路をかなりの距離を走る機会があったのですが、その給油のタイミングで唯一、正確な距離を走る区間がありました。
それは北陸自動車道小矢部川SAと黒埼PAとの間です。
この区間はNEXCOの情報により267.1kmと分かります。
R1100Sのトリップメーターでは、途中、他のSAに寄ったりしていますが、258.7kmとなっていました。
267.1/258.7=1.03247…
で、1.03を掛けてやり、小数点以下を切り上げると、かなり正確な走行距離が出て来るという事です。
そう言った意味で、先のツーリングの総走行距離を2700km弱と表現していましたが、2700km強になりました。
(2642*1.03=2722km)
まあ、こんな小ネタなんですけれどね。
皆さんも機会があれば補正値を探ってみれば?
ドライブシャフトトラブル
R1100Sを修理に出してほぼ1ヶ月、修理が完了したということなので、引き取りに行って来ました。
トラブルの内容は、ドライブシャフトのユニバーサルジョイント部にガタがあると言う事でした。
引き取りと同時に、そのドライブシャフトを見せてもらいました。

2009091901.jpg
これが取り替えた大きな部品ですが、トラブルのあったドライブシャフトと共に、ファイナル側のユニバーサルジョイントも交換しました。
まあ、部品で頼んだら、一緒についてきたそうなので…
あ、敷いている新聞の事にはコメントしないで(笑い

2009091902.jpg
ユニバーサルジョイントの心臓部とでも言うべきジョイント部が欠けてしまって、そのお陰で大きなガタが出来ていました。
手で動かすと数mmのガタつきが!
この状態のまま走行していたら、この部分から千切れていたことでしょう。
最悪、リアタイヤがロックする可能性もあった事でしょう。
高速走行中に千切れてしまったなら…と思うと、かなり怖いトラブルです。
原因は何でしょうね?

2009091903.jpg
ちなみにこれがファイナル側のユニバーサルジョイントで、健全な状態。
当然の事ながら、ガタつきは皆無。

2009091904.jpg
ドライブシャフトのユニット?の値段に驚いたのですが、ファイナル側をASSYにせずに単品で売って欲しいものです。ちなみにお値段、91600円也。
修理代合計が132594円と言う事で、工賃が相当安かった事に驚きましたね。
確か、テーパーローラーベアリングに傷が入って、それを交換するのに3万円くらい掛かった気がするのですが、25000円で十分にお釣りが来る計算なんですけれど?



BMWは修理代が凄い?→にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ←と思う方は迷わずクリック。
リアウインカー交換
GW後半のツーリングで破損したリアウインカーASSYが届いたので交換をしました。

2009060601.jpg
片方6000円弱もする高級部品(泣き
両方頼んで、定額給付金で少しだけお釣りが来ます。
イメージしていた部品とはちょっと違う。
ASSYで注文したのに、レンズを固定するスクリューがありません。
万が一破損した場合は、スクリューはきちんと取っておく様にしましょう。
その代わり、バルブなんかはしっかりと付いていたりするんです。
細かいけれど、単品で注文した方が安く上がるかも?
写真の状態は下側から見たもの。
切り欠きがあって、左右で違う部品になります。

2009060602.jpg
これが応急処置を施したリアウインカー。
そうと言わなければ気が付かない?
一応、役目を果たす程度には応急処置が出来ているでしょ?

2009060603.jpg
レンズを外して、反射板を取った所。
私がイメージしていた部品と言うのは、根元のベースまで一緒になっているのかと思ったら、それはR1100Sの専用備品で、F650シリーズと共通部品で済ませるためにこのような形になっている。
なのでF650ユーザーの方にも参考になるかな?
奥の金属部品のビスを緩めると、ウインカーを車体から取り外すことが出来ます。

2009060604.jpg
バルブを留めている反射板と奥の金具を取り外した所。
これですんなりとウインカーを取り外す事が出来ます。

2009060605.jpg
新しいウインカーの本体側を金具で固定した所。
この金具、ASSYに含まれています。
何故、レンズを固定するスクリューが無いのか、それが不満。
と言うのも、片方なくしてしまったから。
代用品はタッピングの鍋蓋3.5φ×16mmでしました。
ちょっときつめ?です。
が、しっかりと固定できました。

2009060606.jpg
そしてバルブと反射板を取り付けて、後はレンズを取り付ければ作業は完了。
+ドライバー一本で作業は可能です。
何度も言うようですが、バルブはASSYに含まれているのに、何故スクリューのような些細な部品が含まれていないのか!

にしても、高くついた立ちゴケ&取り回しゴケでした。
この数年間で1度も無かったのに、1日で両方してしまったのは、何かの警告を発していたのでしょう。



なんてBMWのパーツは高いんだ!→にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ←と思う方は迷わずクリック。
スパークプラグ交換
先日のツーリングに行くときの事、始動時や低回転でのエンジンの粘りが無くなって来たと感じたので、スパークプラグの交換をする事にしました。
前回の交換から19200km程経っているので…

今回交換するのは、ずっと以前(6年半ほど前)に購入しておいたデンソーのイリジウムタフ。
2009042301.jpg
丁度2本入りでお手ごろ価格だったので、2set購入しておいた残りの分。
この年式のR1100Sはシングルスパークなので、2本で良いのです。
以前装着して、なかなか感じが良かったので。

BMWのRシリーズは水平対向エンジンなので、スパークプラグの交換が非常に楽です。
と言っても、注意するべき点はあります。
それはプラグホールにゴミが溜まりやすいと言う事で、交換前には入念な清掃が必要です。
出来ればエアツールで吹き飛ばすのが良いでしょう。

2009042302.jpg
交換には車載工具で十分です。
と言うか、車載工具じゃなければならないような?

2009042303.jpg
先ず、何は無くともカバーを外さなければならないでしょう。
黒い樹脂の部品です。
これはどちら側からこじっても開きますが、正確にはケーブルが入ってくる側ではなく、進行方向で言う前側から開けるのが良いのでしょうか?
でも、私はケーブル側から…

2009042304.jpg
カバーを外した所です。
カバーがしてあるのに、ゴミが溜まりやすいと言うのは、ほとんどのゴミがここから入るのではなく、プラグ周りに冷却風を回す様にエキゾーストパイプの横やインテークパイプの横等、シリンダーヘッドの上下左右に穴が開いているのです。
この穴から入ったゴミは、そのまま穴を通過してくれれば良いのですが、複雑な形状の穴の為、そのまま留まる事が多いのです。
普通のバイクと比べても、シリンダーヘッドが車体から飛び出している分、ゴミが溜まりやすいのかもしれません。
さて、ここから車載工具が活躍します。
それにしても、立ちゴケの跡がいっぱい…

2009042305.jpg
初めて車載工具を見たとき、これは何をするものか全く分かりませんでした。
工具にある刻印を見ると、どうやら指に引っ掛けて使うようなのですが…

2009042306.jpg
こいつはプラグキャップの頭に上手くはまり込みます。
もう、何をするものか想像が付きますね?

2009042307.jpg
後は、あの刻印の通り、指を引っ掛けてプラグキャップを引っこ抜きます。

2009042308.jpg
レンチを差し込む前に入念にエアでゴミを取り除いて、そしてレンチを差し込みます。
これがギリギリのサイズなので、市販の、少し肉厚のレンチだと入らない可能性があります。

2009042309.jpg
後はプラグを新品のに取り替えるのですが、プラグを手で回せる所まで差し込んで、ワッシャが当たった所から1/3回転ほど締め込んで終わり。
プラグキャップを差し込み、カバーをケーブル側の引っ掛かりに引っ掛けてから、前側をパチンと嵌め込みます。
新しい、イリジウムプラグは、電極が随分と細いですね。
こんなに細くても、自動車なら10万kmは持つそうなので、半分にしても5万kmは持ちそうです。
常用回転数から言えば0万kmと言いたい所ですがね。

古いプラグは左右で焼け方が違っているのが気がかりです。
前のイリジウムプラグはどうしたんだと言う質問がありそうですが…ないの?



なんだ、スパークプラグ交換は簡単じゃないの?→にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ←と思う方は迷わずクリック。
プラリペア
先日のツーリングでのトラブル。
デジカメのレンズエラーと、そしてリアウインカーの根元の部品の欠損。
完全に欠けたのではなく、まさに首の皮一枚で繋がっていた状態だったのだけれど、折れてしまった。
このトラブル、実は去年の潮岬ツーリングでの症状。
その時はアロンアルファで対処できたと思っていたのに、今回は何故かくっつかなかった。
なので、応急処置としてビニールテープで固定していたのだけれど、不細工なので補修する事にしました。
2009030801.jpg
最初は補修するにしても、どうすれば良いか全く思いつかなかったのですが、樹脂部品を補修できる物はないかと探しました所、プラリペアなるものを発見しました。
2009030802.jpg
アクリルの粉末に溶剤を垂らして?その垂れた分を補修する箇所に流し込んで、溶剤が揮発するとアクリル分が固まると言う代物です。
果たして、アロンアルファで満足に接着しなかった物が、このプラリペアで接着できる物か?

2009030803.jpg
補修するのはこのウインカーの根元にある鉤型の部分。
これは完全に折れた状態。
リアウインカーは車体より少しはみ出した状態にあるので、狭い所で駐輪したりすると身体に当たってしまうところです。
特に、車体と壁や隣の駐輪車両などの隙間を移動しようとする時に注意が必要だったり。
私の場合、家族に一度やられてしまって、その時は折れずに済んだのですが、繰り返されて折れてしまったようです。

先ず補修に当たっては、折れた部品を他の接着剤で仮止めしてから、その周りをプラリペアで固める事にしました。

2009030804.jpg
すこし多目にプラリペアを周囲に盛って、硬化したらヤスリで滑らかにして完了。
かなりがっちり固定できたのですが、元の樹脂部品よりしなやかさが無くなった感じ。
アクリルなので仕方ない所でしょうか?
次に折れた時は、この部品はなくなってしまうので、様子見としてビニールテープでこの部品がなくならない様にと対策?はしましたが、なくなる可能性もやっぱりあると思う。
まあ、折れないことが一番なんですが。

プラリペアもかなり余っているし、次に使える事もあるだろうし。
スクリーン交換(R1100S)
先日、R1100Sのスクリーンを交換しました。
本来ならば交換する必要もなかったのですが、純正のスクリーンがクリアの剥がれがあり、動画撮影時に白く浮き上がるのでこれを解消したい為でした。
純正の形が気に入らないわけじゃないので純正にしたい所ですが、純正のそれは価格が高く、サードパーティー製の方が安い為それらで間に合わせる事にしました。
で、今回選んだのはMRA製のスポイラースクリーン(スモーク)です。
R1100Sに合うスクリーンは非常に少なく、選択肢が余りありません。
最初はダブルバブルのスクリーンが欲しかったのですが、動画撮影には向いていないので諦めて、MRAから出ているスクリーンにしました。
本当ならクリアが欲しかったのですが、在庫切れで何ヶ月も待たなければ分からない状態で、それならすぐに手に入るものにしました。
けれど、同じMRAから出ているツーリングスクリーンは形状が好みから外れすぎているので、クリアがあったとしても購入しませんでしたが。

2008100601.jpg
純正のノーマルスクリーン。
部分的にクリアが剥がれたような傷があり、白っぽくなっています。

2008100602.jpg
MRAのスポイラースクリーン。
純正と比べて横幅が狭くなり、高さが少し高くなっています。
形状も上部が風を上方に流すよう少し反っています。

2008100603.jpg
形状比較。
ノーマルスクリーンの上からMRAのスポイラースクリーンを重ねた所。

2008100604.jpg
MRAのスポイラースクリーンの上からノーマルスクリーンを重ねた所。

内側から覗いた印象では、MRAのスクリーンに多少のゆがみが見られるのが気になった所かな?
後はスモークの影響がどう出るか。
目で見た感じでは、晴天では影響無さそうなんですが。
夜間や曇天では影響は出るでしょうね。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ←参考になった?
R1100Sのバッテリー交換
注文していたバッテリーが届いたので早速交換しました。
やはり放電しきったバッテリーに充電しても、その日限りしかもたなかったので。
バッテリーはこれで3個目となります。

2008092001.jpg
今回はシールドタイプのドライバッテリーを試してみます。
ドライバッテリーと言う表現が適切かどうか分かりませんが、このバッテリーには液が入っていません。
と言うか、染み込ませてあるらしいです。
横倒しにしても液漏れの心配は無し。
これで思い存分立ちゴケが出来ます?

2008092002.jpg
R1100Sは左右のフェアリングを取り外さないとバッテリー交換が出来ません。
エアクリーナも同様で、この辺のメンテナンスのしやすさは悪いですね。
スパークプラグやオイル、オイルエレメント交換は簡単なだけにどうにかならない物か。

2008092003.jpg
エアクリーナへとエアを導くホースを取り外し…

2008092004.jpg
タンクを持ち上げると、ようやくバッテリーにアクセス。

2008092005.jpg
バッテリーを左側から取り外す。
一番最初についていたバッテリーはバッテリー液を確認しなければならないタイプで、ブリーザーパイプが付いていたのですが、次のバッテリーはメンテナンスフリーのタイプになって高さが少々高くなっていました。
そして今回交換するタイプは、そのメンテナンスフリーのタイプとほとんど同じ大きさで、バッテリーを固定するゴムバンドが利用できません。
なので以前と同様にバッテリースペースに置くだけです。
バッテリーの奥にコンピュータが見えますが、それとの隙間はかなり大きいですね。
ここに何か入れるつもりだったのかな?

今回のバッテリーは+端子の保護が無いのが気になりますが、今の所無事で…
バッテリー注文
1ヶ月ちょいのジャイロツーリングから戻ってきて、先の連休にR1100Sで近場を走ろうと思ったのですが、見事にバッテリーが上がっていた。
ジャイロツーリングに出かける前に充電はしておいたのだけれど。
それに上がる気配は全く無く、油断していた。
充電しても元気無くセルは回り、何とか始動できるレベル。
この状態で遠出出来る訳も無く、渋々バッテリーを注文しました。
ディーラーにではなく、ヤフオクで。
結構良さそうなバッテリーなので、長期放置は避けたい所。
それに、別に注文したい物が出来てしまった。
バイクには乗れないけれど、お金が出て行きそうな予感。
折角良いツーリングの季節になったと言うのに。



まあ、俺は行くけどね。




FC2アクセス解析 FC2 Blog Ranking